自転車用タイヤとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自転車用タイヤの意味・解説 

自転車用タイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 04:29 UTC 版)

自転車用タイヤ(じてんしゃようタイヤ)は、タイヤのうち自転車車輪に装着されることを目的として作られたもの。基本的構造は自動車用、モーターサイクル用、各種産業用のタイヤと大きな差はない。ただ、自転車の動力源が人間であることに起因し、体型や主たる走行路面に合わせ効率のよい大きさという要因、各国まちまちの規格の乱立などから、サイズに関するバリエーションが非常に多い。




注釈

  1. ^ 差し詰めインチを単純に25mmで換算したようなもの(鈴木邦友 1989, p. 40)。
  2. ^ 例えば700A、700B、700Cそれぞれビード径にタイヤの太さを足して外形を計算してみると、700Aの外形=25.4×2×(1 3/8)+642=711.85、700Bの外形=25.4×2×(1 1/2)+635=711.2、700Cの外形=25.4×2×(1 3/4)+622=710.9、のように凡そ28インチ=711.2ミリメートルの近傍になる(鈴木邦友 1989, p. 41-42)。

出典

  1. ^ a b c d e f 堀江順策「自転車タイヤのわだち」、『日本ゴム協会誌』第55巻第1号、日本ゴム協会、1982年、 3-11頁、 doi:10.2324/gomu.55.3
  2. ^ a b 平田靖「タイヤの変遷について」、『日本ゴム協会誌』第68巻第1号、日本ゴム協会、1995年、 25-29頁、 doi:10.2324/gomu.68.25
  3. ^ a b c 大武義人「競争用自転車タイヤ」、『日本ゴム協会誌』第80巻第3号、日本ゴム協会、2007年、 93-99頁、 doi:10.2324/gomu.80.93
  4. ^ a b 鈴木邦友 1989.
  5. ^ 鈴木邦友 1989, p. 40.


「自転車用タイヤ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自転車用タイヤ」の関連用語

自転車用タイヤのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自転車用タイヤのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自転車用タイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS