ナットとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > ナットの意味・解説 

ナット【NAT】


ナット【NAT】


ナット【nut】

ボルト組み合わせて、物を締め付けるのに用いる機械部品。ふつう外形六角形で、中央の穴の内面に雌(め)ねじが切ってある。

ロッククライミング用具の一。金属製で、岩の割れ目などにはめこんで、確保前進用の支点として用いる。初め1利用したところからこの名がある。チョック。ナッツ

木の実。→ナッツ

ナットの画像

ナット nut

ボルトにはめて2つの部品締め付けるのに用いる。形によって六角ナット、 四角ナットなどがある。また仕上げたものを磨きナット、荒皮のままのももを 黒皮ナットなどという。

ナット

ボルトと対の部品。(雌ネジ

ナット 【Nat】


ナット

【英】:nut

弦のヘッドストック側の支点となるパーツ(もう一方支点サドル)。上駒、または弦受けとも呼ばれる

アコースティックギターのナットは牛骨カーボンプラスティックなどの素材出来ており、形は四角棒状表側には弦の横滑りを防ぐための溝が掘られ、裏面側面ヘッドストック指板の端に接着されている。


ナット

名前 NhatNatNathNutt

ナット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/20 15:35 UTC 版)

ナット (: nut) とは機械などの組立に使用される締結部品の一つ。中央にめねじ(雌ネジ)と呼ばれる開口部が切ってあり、ボルトなどのおねじ(雄ネジ)部品と組合わせて使用される。一般には形状が六角をした六角ナットを指す。




「ナット」の続きの解説一覧

ナット

出典:『Wiktionary』 (2020/01/21 12:35 UTC 版)

語源

英語 nutカナ転写

名詞

ナット

  1. おねじと組み合わせて主に締結に用いる、めねじが切られた穴が開いた部品

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナット」の関連用語

ナットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2020.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
楽器探そう!デジマート楽器探そう!デジマート
Copyright(c)2020 Rittor Music Inc., a company of Impress Group. All right reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのナット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS