プラスティックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > プラスティックの意味・解説 

プラスチック【plastics】

読み方:ぷらすちっく

《「プラスティック」とも》熱や圧力などによって可塑性示し任意の形に加工成型できる高分子物質総称天然樹脂合成樹脂とがあるが、ふつう後者をさし、塩化ビニル樹脂アクリル樹脂などの熱可塑性樹脂と、フェノール樹脂尿素樹脂などの熱硬化性樹脂とに大別される可塑性物質

「プラスチック」に似た言葉

合成樹脂

(プラスティック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 16:34 UTC 版)

合成樹脂(ごうせいじゅし、: synthetic resin)とは、人為的に製造された高分子化合物からなる物質の一種。合成樹脂から紡糸された繊維合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。


注釈

  1. ^ 物質名称以外の表現で用いる場合、(柔軟で)感受性の強い性格、作り笑いなどの人工的な・不自然な、あるいは形成・造形を指す場合に用いる。

出典

  1. ^ Cassone et al. (2020) は、合成樹脂を摂食する動物を指すことばとして "plastivore" という単語を使用している[21]。これは "plastic"と、「-を食べる動物」を意味する接尾辞"-vore"とを組み合わせた造語である[22]
  1. ^ 合成樹脂製の器具容器包装の規格に関する留意点”. 一般財団法人日本食品分析センター. 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, pp. 2–3.
  3. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 152.
  4. ^ a b GIBBENS, SARAH (2018年11月20日). “バイオプラスチックは環境に優しいって本当? プラスチック代替品としての潜在能力を専門家に聞いた”. ナショナルジオグラフィック日本版. 2019年12月6日閲覧。
  5. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 164–165.
  6. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 158–159.
  7. ^ 桑嶋, 木原 & 工藤 2005.
  8. ^ 齋藤 2011.
  9. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 18.
  10. ^ 桑嶋 & 久保 2011, p. 20.
  11. ^ a b c d e f g h i 島崎 1966.
  12. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 88–89.
  13. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 84–87.
  14. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 10–11.
  15. ^ a b c プラスチック循環利用協会 2019, p. 11.
  16. ^ a b c d e 日立ハイテク 2018.
  17. ^ a b c d e f g 日立ハイテク 2017.
  18. ^ a b テクノUMG 2019.
  19. ^ a b c d 冨田 1991.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Ru, Huo & Yang 2020.
  21. ^ a b c Cassone et al. 2020.
  22. ^ プラスチックを生分解する幼虫と腸内細菌との謎多き関係――環境汚染対策の鍵となるか”. fabcross for エンジニア. MEITEC (2020年3月24日). 2021年12月19日閲覧。
  23. ^ a b 大武 2001.
  24. ^ Taipale et al. 2019.
  25. ^ a b Peng et al. 2020.
  26. ^ NatureWaxwormSaliva 2022.
  27. ^ ニューズウィーク2022年10月25日, p. 54.
  28. ^ 及川 et al. 2003.
  29. ^ Wang et al. 2020.
  30. ^ a b c Jiang et al. 2021.
  31. ^ 中島(神戸) 2007.
  32. ^ a b c Kawai, Kawabata & Oda 2019.
  33. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 124–125.
  34. ^ 神代 & 古田 2014.
  35. ^ 入江 1989.
  36. ^ 入江 1990.
  37. ^ a b トピックス”. 日本プラスチック工業連盟. 日本プラスチック工業連盟. 2019年12月5日閲覧。
  38. ^ https://dot.asahi.com/aera/2018090600044.html?page=2 「スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制」中原一歩 アエラドット 2018.9.9 2019年12月5日閲覧
  39. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 46–47.
  40. ^ 桑嶋 & 久保 2011, pp. 200–201.
  41. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, pp. 15–16.
  42. ^ a b c d 日本放送協会. “すべて“量り売り” イギリス最新買い物スタイル”. NHKニュース. 2021年9月17日閲覧。
  43. ^ 汚れた廃プラスチック、バーゼル条約で規制対象に(世界)” (日本語). ジェトロ. 2022年3月23日閲覧。
  44. ^ 松藤 & 廃棄物資源循環学会リサイクルシステム・技術研究部会 2009, p. 14.
  45. ^ a b 環境省_令和元年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 状況第1部第3章第1節 プラスチックを取り巻く国内外の状況と国際動向” (日本語). 環境省. 2022年3月23日閲覧。
  46. ^ 行き場を失う日本の廃プラスチック | どうする?世界のプラスチック - 特集 - 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報” (日本語). ジェトロ. 2021年9月17日閲覧。
  47. ^ 1カ月「脱プラスチック生活」やってみた。日本は1人のプラゴミの排出量、世界ワースト2位 Business Insider 2019年9月2日
  48. ^ The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics - download the infographics”. www.ellenmacarthurfoundation.org. 2019年12月25日閲覧。
  49. ^ 【ポスト平成の未来学】第6部 共創エコ・エコノミー/ゴミはなくせる/海のゴミ1.5億トン 増加止まらず『日本経済新聞』朝刊2018年4月12日
  50. ^ a b 海洋プラスチック問題について WWFジャパン 2018年10月26日
  51. ^ a b G20大阪サミット前に海洋プラスチック汚染問題解決への政策提言を実施 WWFジャパン 2019年6月14日
  52. ^ DOWAエコシステム 環境ソリューション室 森田 (2018年7月2日). “そうだったのか!マイクロプラスチック問題とは?(1)”. 2019年2月24日閲覧。
  53. ^ 辺境の山地にもマイクロプラスチック、大気中を浮遊 AFP BB NEWS 2019年4月16日
  54. ^ 大気中からもマイクロプラスチック 福岡市内で確認 朝日新聞 2019年11月19日
  55. ^ ナショナル ジオグラフィック (2018年10月24日). “人体にマイクロプラスチック、初の報告”. 2019年2月24日閲覧。
  56. ^ 人体に取り込まれるマイクロプラスチック、年間12万個超 研究 AFP BB NEWS 2019年6月6日
  57. ^ a b Handwerk, Brian. ““太平洋ゴミベルト”の実態調査”. ナショナルジオグラフィック日本語版. 2021年12月18日閲覧。
  58. ^ Dautel 2009.
  59. ^ 太平洋ゴミベルト:プラスチックの濃縮スープとなった海(動画)”. 2014年11月10日閲覧。
  60. ^ 進まないプラスチックリサイクル、温暖化に影響も Forbes Japan 2019年6月1日
  61. ^ a b “房総半島沖の水深6,000m付近の海底から大量のプラスチックごみを発見 ―行方不明プラスチックを探しに深海へ―” (プレスリリース), JAMSTEC 国立研究開発法人海洋研究開発機構, (2021年3月30日), https://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20210330/ 2021年4月3日閲覧。 
  62. ^ 欧州議会、2021年までに使い捨てプラスチック製品を禁止することを支持”. 駐日欧州連合代表部. 2019年7月23日閲覧。
  63. ^ 環境省 プラスチックを取り巻く国内外の状況 <第3回資料集> 2019年02月20
  64. ^ 世界基準からズレた日本の「プラごみリサイクル率84%」の実態 Forbes Japan 2019年1月10日
  65. ^ “「海で分解するプラスチック」国が開発企業を支援へ”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2019年5月6日). オリジナルの2019年5月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190506023151/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190506/k10011906671000.html 2019年5月14日閲覧。 
  66. ^ “海で分解するプラスチック、官民で規格策定へ 国際標準への提案めざす”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年5月12日). オリジナルの2019年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190513111213/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44697880S9A510C1NN1000/ 2019年5月14日閲覧。 
  67. ^ 安倍首相の「STSフォーラム」あいさつ全文 産経新聞 2019年10月6日閲覧
  68. ^ 安倍首相"海洋プラ問題解決に技術革新" 日テレNEWS24 2019年10月6日閲覧
  69. ^ 日本が直面する、脱プラスチック問題”. ニッセイ基礎研究所. 2019年7月23日閲覧。
  70. ^ Gray, Richard. “What's the real price of getting rid of plastic packaging?” (英語). www.bbc.com. 2019年7月23日閲覧。
  71. ^ Inc, mediagene (2021年4月23日). “無印良品が、ペットボトル容器を廃止。あえて「売れづらいアルミ缶」に素材を変えた理由とは?” (日本語). www.gizmodo.jp. 2021年9月17日閲覧。
  72. ^ 環境負荷が少ないプラスチック食品容器 | プラトレネット”. www.japfca.jp. 2019年9月14日閲覧。
  73. ^ プラスチック循環利用協会 2019.
  74. ^ プラスチックとは|日精樹脂工業株式会社”. www.nisseijushi.co.jp. 2019年9月14日閲覧。
  75. ^ プラ製ストロー逆風こそ商機”. 朝日新聞 (2018年10月25日). 2021年11月1日閲覧。
  76. ^ 「脱プラ製ストロー」で波紋「生分解」引き合い急増の備中化工 国産トップシバセ工業は「分別回収する日本でなぜ」”. VISION OKAYAMA 2018-11-19 (2018年11月19日). 2021年11月1日閲覧。
  77. ^ 棟居洋介, 増井利彦, 「バイオマスプラスチックの普及が世界の食料不安に及ぼす影響の長期評価」『環境科学会誌』 2012年 25巻 3号 p.167-183, , doi:10.11353/sesj.25.167



プラスティック (Plastic)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 02:49 UTC 版)

ミラーズエッジ カタリスト」の記事における「プラスティック (Plastic)」の解説

クリスタル・バレー隠れ家篭る天才的プログラマ非論理的なものに価値見出すことができない

※この「プラスティック (Plastic)」の解説は、「ミラーズエッジ カタリスト」の解説の一部です。
「プラスティック (Plastic)」を含む「ミラーズエッジ カタリスト」の記事については、「ミラーズエッジ カタリスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プラスティック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プラスティック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラスティック」の関連用語

プラスティックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラスティックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成樹脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミラーズエッジ カタリスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS