野生動物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 動物 > 野生動物の意味・解説 

野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 05:58 UTC 版)

野生動物(やせいどうぶつ)とは、原野など人の手の入らない領域に生息している・人間に養われていない・人間社会の存在に依存していない動物全般を指す。


  1. ^ タンチョウが間近で見られる鶴居村と阿寒国際ツルセンター|北海道観光公式サイト GoodDay北海道” (日本語). www.visit-hokkaido.jp. 2021年6月9日閲覧。
  2. ^ 環境省 平成25年度 第1回出水ツル分散化検討会 別紙6 PDF
  3. ^ 国会会議録検索システム”. kokkai.ndl.go.jp. 2021年6月9日閲覧。
  4. ^ 国会会議録検索システム”. kokkai.ndl.go.jp. 2021年6月9日閲覧。
  5. ^ 乳用牛(ホルスタイン種)” (日本語). 帯広畜産大学. 2021年6月9日閲覧。
  6. ^ 高槻成紀 『野生動物と共存できるか - 保全生態学入門』 岩波書店岩波ジュニア新書〉、2006年、182-183頁。
  7. ^ いま問われる、野生動物と人間の共生(2022年7月22日閲覧)
  8. ^ 写真特集:「野生動物写真家大賞」、高評価の作品を見る” (日本語). CNN.co.jp. 2022年9月4日閲覧。
  9. ^ 写真特集:今年の「コメディー野生動物写真賞」、最終候補を見る” (日本語). CNN.co.jp. 2022年9月4日閲覧。


「野生動物」の続きの解説一覧

野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 18:59 UTC 版)

ノース・カスケード国立公園」の記事における「野生動物」の解説

公園は野生動物で有名であるその手付かず自然のため、オオカミヒグマカナダオオヤマネコヘラジカクズリ、その他多くの珍しい動物生息している。

※この「野生動物」の解説は、「ノース・カスケード国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ノース・カスケード国立公園」の記事については、「ノース・カスケード国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/16 21:13 UTC 版)

コリブ湖」の記事における「野生動物」の解説

コリブ湖の野生動物には、カワウソミンクオコジョカエルコウモリなどが含まれるコリブ湖南側の浅い浅い盆地北側大きな深い盆地2つ部分分けることができる。これらは、狭い水路接続されている。湖の南部東部の湖底は、沈澱し泥炭堆積物覆われた石灰岩岩盤埋め尽くされている。周辺は、主に南と東では牧歌的な農地、西と北では沼地がある。湖の基盤に加え隣接する科学的関心のある森林不整成虫草原隆起湿原などは、特別保護区に指定されている。

※この「野生動物」の解説は、「コリブ湖」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「コリブ湖」の記事については、「コリブ湖」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/23 13:11 UTC 版)

カタヴィ国立公園」の記事における「野生動物」の解説

大型としてアフリカスイギュウアフリカゾウ、カトゥマ川のカバ注目される乾期には、公園内河川急速に干上がるため、動物求めて大移動起こす。このことで一時的に動物生息密度高くなり、一度多くの種が観察できる機会生まれること知られる

※この「野生動物」の解説は、「カタヴィ国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「カタヴィ国立公園」の記事については、「カタヴィ国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 06:12 UTC 版)

ゼムリャフランツァヨシファ」の記事における「野生動物」の解説

野生動物は、大部分セイウチホッキョクギツネホッキョクグマである。共通に見られるは、ミツユビカモメフルマカモメカモメ等である。シロイルカがしばしば散在している。カリブーの角がグケラ島で見つかったことがあり、気候温暖だった1300年ほど前に群れここまでたどり着いたのだと推察されている

※この「野生動物」の解説は、「ゼムリャフランツァヨシファ」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ゼムリャフランツァヨシファ」の記事については、「ゼムリャフランツァヨシファ」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/15 14:11 UTC 版)

リオ・アビセオ国立公園」の記事における「野生動物」の解説

かつて絶滅した思われていたヘンディウーリーモンキーがこの公園内生息していることが確認されており、この地方の固有種ようであるこの地方が1983年国立公園になり、1990年世界遺産登録され大きな理由一つは、このサル絶滅危惧されていることによる。 この公園見られる他の動物には以下のものがいる。 アンデスシャクケイ, Penelope montagnii Venezuelan Red Howler, Alouatta seniculus ケナガクモザル, Ateles belzebuth' ジャガー, Panthera onca トキイロコンドル, Sarcoramphus papa Three-striped Night Monkey, Aotus trivirgatus Peruvian Guemal, Hippocamelus antisensis Mountain paca, Agouti tazcanowskii Southern Pochard, Netta erythrophthalma メガネグマ, Tremarctos ornatus ヒメコンドル, Cathartes aura White-fronted Capuchin, Cebus albifrons cuscinus キビタイボウシインコ, Amazona ochrocephala Phacellodomus berlepschi Yellow-browed Toucanet

※この「野生動物」の解説は、「リオ・アビセオ国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「リオ・アビセオ国立公園」の記事については、「リオ・アビセオ国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 16:51 UTC 版)

ニトミルク国立公園」の記事における「野生動物」の解説

オーストラリアワニは、年中川に広く生息している。雨期の間、水位上昇しイリエワニ渓谷に入るのを可能にする乾期始まるときに再び低い場所へと戻る)。見ることのできるには、ミサゴアカオクロオウム、オオニワシドリ、クチシロミツスイ、ハゴロモインコ含まれる絶滅危惧種コキンチョウのためにバードライフ・インターナショナルのように認識されたYinberrie Hills重要地域一部は、公園内にある。

※この「野生動物」の解説は、「ニトミルク国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ニトミルク国立公園」の記事については、「ニトミルク国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 15:58 UTC 版)

ウズベキスタンの観光」の記事における「野生動物」の解説

キジルクム砂漠では多様かつ貴重な動物相見られる。キジルクム自然保護区アムダリヤ川から排出され洪水によってできた土地である。もう一つ自然保護区である「Djeyran」はブハラ南部40kmの地点位置するアイダール湖周辺地域では釣りユルト体験ラクダ乗りなどのアトラクション楽しむことができる。また、キジルクム砂漠多様な動物相・植物相に加えてアラル海から飛来する様々な水鳥観察するともできるアイダール湖には様々な魚類導入されており、現在では釣り観光目玉一つとして扱われている。 サルミシュ渓谷(サルミシュサイ(英語版) - Sarmishsay として知られている)はカラタウ山地 (Karatau) の南麓位置しナヴァーイー北東30~40kmに位置するこの地域は約20km2に渡る様々な古代遺跡がある。この地域の遺跡としては、中世初期鉄器時代青銅器時代石器時代建造され火打石採石場鉱山古代集落古墳地下墳墓ペトログリフがある。サルミシュ渓谷には未だ発掘されていない4,000以上のペトログリフがあるとされる古代より周辺地域において、この場所神聖な儀式を行う神聖な場所とされてきた。

※この「野生動物」の解説は、「ウズベキスタンの観光」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ウズベキスタンの観光」の記事については、「ウズベキスタンの観光」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 00:52 UTC 版)

リッチモンド公園」の記事における「野生動物」の解説

リッチモンド公園自然保護区域指定されており、クワガタムシ保護地域にも指定されている。 アカシカダマジカ群れ公園内自由に歩き回っている。生息可能な状態を保つため、毎年11月間引き行っている公園内鹿の多くは Borrelia burgdorferi という真正細菌感染しており、マダニを介して人間感染するライム病発症する。このスピロヘータ一種で、スピロヘータ梅毒レプトスピラ症回帰熱ライム病病原菌である。 公園内には鹿以外にも様々な野生生物生息している。キツツキリスウサギクワガタムシなどの各種昆虫多くの古い樹木様々な菌類確認されている。 リッチモンド公園にはワカケホンセイインコと見られる数多く生息している。ペットとして飼われいたもの逃げたか、放たれて繁殖したものと見られている

※この「野生動物」の解説は、「リッチモンド公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「リッチモンド公園」の記事については、「リッチモンド公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 01:27 UTC 版)

ウルングル川」の記事における「野生動物」の解説

中国・モンゴル・ビーバー(Castor fibre birulai)はウルングル川流域でのみ見られ絶滅危惧種見なされている。1980年、ブルガン・ビーバー自然保護区中国語: 布尔根河自然保护区、北緯461200東経90度45分00秒 / 北緯46.20000度 東経90.75000度 / 46.20000; 90.75000)がアルタイ地区チンギル県設立された。

※この「野生動物」の解説は、「ウルングル川」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ウルングル川」の記事については、「ウルングル川」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 05:16 UTC 版)

デナリ国立公園」の記事における「野生動物」の解説

公園は、様々な種類アラスカ鳥類相当数ハイイログマクロクマを含む哺乳類生息地となっている。トナカイ群が公園中を歩き回っている。ドール・シープはしばし山腹見られるヘラジカ小さな湖や沼の水生植物を餌にしている。この地域への人間の影響にもかかわらずデナリには、以前使われていたオオカミの巣も、現在使われているオオカミの巣もある。ロッキーマーモット (hoary marmot)、ホッキョクジリス (arctic ground squirrel)、ビーバーナキウサギ (pika)、カンジキウサギ (snowshoe hare) のようなより小さな動物豊富に見られるキツネテンオオヤマネコクズリ生息しているが、うまく隠れるため、めったに見つけられない。全部で39種の哺乳類生息する公園鳥類生息地としても有名である春の終わりから夏にかけて多くの渡り鳥公園に住む。野鳥観察をする人は、アラスカ州州鳥であるライチョウ堂々としたコハクチョウだけでなく、レンジャクメボソムシクイギンザンマシコヒタキ (wheatear)を見られるかもしれない捕食には、よくいるが目立イヌワシだけでなく様々なタカフクロウシロハヤブサがいる。全部で148種の鳥類記録されている。 マスサケ、ホッキョクカワヒメマス (Arctic grayling) など10種の魚類公園の水域を分け合っている。公園多くの川や湖は氷河から流れ出したものであるため、氷河沈泥低温代謝抑えられ標準大きさまで成長しない全部で14種の魚類生息する唯一の両生類、アメリカアカガエル (Wood frog) も公園の湖に住んでいる公園の管理官は、人間公園動物交流制限することによって、「野生動物を野生のままに保つ」("keep the wildlife wild") ため不断の努力払っている。動物に餌をやることは厳しく禁じられている。なぜなら動物食性悪影響を与えるかもしれないからである来園者安全な距離をとって動物観察するよう奨励されるクマ多く住んでいるにもかかわらずバックパッカー来園者に対し予防方法クマ対策食料保管容器 (BRFC)について教育する公園管理官努力のおかげで危険な遭遇の数は大幅に減少している。公園のある地域は、例外的な野生動物の行動によりしばしば閉鎖される例えば、オオカミクマの巣があったり最近人が野生動物によって殺された場所などである。こうした禁止地域その時々変わり得る。公園職員観光客共同の配慮によって、デナリ国立公園は野生動物観察の第1の目的地となっている。

※この「野生動物」の解説は、「デナリ国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「デナリ国立公園」の記事については、「デナリ国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 03:34 UTC 版)

氷雪気候」の記事における「野生動物」の解説

一部わずかな地域岩場などでホッキョクグマペンギンアザラシなどの野生動物が生息している。それらは主に周辺海域魚類摂取して生活している。もうひとつ寒帯であるツンドラ気候区域に比べ生態系限られている

※この「野生動物」の解説は、「氷雪気候」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「氷雪気候」の記事については、「氷雪気候」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 08:58 UTC 版)

春国岱」の記事における「野生動物」の解説

周囲を海と湖に囲まれ春国岱であるが、野生動物も数多く生息しており、エゾシカキタキツネなど北海道代表する動物多数生息している。また、エゾリスエゾモモンガなどの小動物も自然散策路から観察することも出来る。

※この「野生動物」の解説は、「春国岱」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「春国岱」の記事については、「春国岱」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 04:38 UTC 版)

セント・キルダ」の記事における「野生動物」の解説

セント・キルダは、多くの重要な海鳥の種の繁殖地となっている。シロカツオドリ世界最大繁殖地となっており、3万羽のつがいがいる。これはシロカツオドリ世界全体の数の24%を占めている。49000羽のコシジロウミツバメ繁殖ペアがおり、これはヨーロッパにおけるコシジロウミツバメ90%にあたるニシツノメドリの136000羽のつがいは、イギリス国内繁殖するがいのうちおよそ30%であり、67000羽のフルマカモメのつがいは、イギリス全体フルマカモメ13%を占めている。ダン島はブリテン諸島カモメ大規模な繁殖地となっている。1828年より以前セント・キルダは、イギリス唯一の海鳥繁殖地であった。しかしそれ以降海鳥生息範囲広がり、キンカーディン・シャイアのファウルズヒュッハ(enのような他の場所生息地拡大したセント・キルダブリテン諸島内で最後にオオウミガラス見られた場所で1840年7月スタック・アン・アーミンにて最後のオオウミガラス撃ち殺された。2007年セント・キルダ生息するトウゾクカモメが、コシジロウミツバメ最新の研究中に異常行動行った暗視ゴーグル使用して夜間エコロジストは、トウゾクカモメコシジロウミツバメ狩りを行う様子観察した。すると、海鳥狩るために驚くべき戦略行っていた。 セント・キルダ固有の野生動物の分類群2つある。1つは、ミソサザイ亜種セントキルダミソサザイ(Troglodytes troglodytes hirtensis)である。もう1つは、セントキルダノネズミ(Apodemus sylvaticus hirtensis)の名で知られるアカネズミ亜種である。3番目の固有動物分類されるのは、セントキルダイエネズミ(Mus musculus muralis)の名で知られるハツカネズミ亜種であったが、このネズミは人の住む集落建物密接につながっていたため、住民避難後に絶滅した。セントキルダイエネズミは、フェロー諸島ミキネス島見つかった亜種Mus musculus mykinessiensis)と共通の特徴を持っていた。ハイイロアザラシは現在ヒルタ繁殖しているが、1930年全島避難以前は繁殖行っていなかった。 セントキルダタンポポ(Taraxacum pankhurstianum)は、タンポポセント・キルダ固有種として2012年認められた群島が他から隔絶していることが、生物多様性欠如もたらしたチョウとガの58種しか群島生息していない。対照的に西部島嶼部では367種の存在報告されている。植物の生態は、塩水飛んでくること、強風酸性泥炭土壌大きな影響を受けている樹木群島では育たず、一方で130の様々な草花162種の菌類160種のコケ植物がある。稀少な種が194種ある地衣類中にあるケルプ昆布)が、多様性富んだ海洋性脊柱動物生息する周辺海域繁茂している。 ヴィレッジ湾の砂浜が、夏には短く砂が伸張するに対し冬に後退し、島の本体をなす巨石露出してしまうのは異常である1953年行われた浜の調査では、たった1つの種が存在することを確認した甲殻類ワラジムシ目Eurydice pulchraである。

※この「野生動物」の解説は、「セント・キルダ」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「セント・キルダ」の記事については、「セント・キルダ」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 14:33 UTC 版)

ウォルフ島」の記事における「野生動物」の解説

ガラパゴス国立公園一部のため、島の上できない隣りダーウィン島のようにスキューバダイバーが訪問する時に開放されるシュモクザメジンベイザメアオウミガメマンタ遠洋見られる。この島は野鳥多くアカアシカツオドリハシボソガラパゴスフィンチなど見られる

※この「野生動物」の解説は、「ウォルフ島」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ウォルフ島」の記事については、「ウォルフ島」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 22:35 UTC 版)

アルーシャ国立公園」の記事における「野生動物」の解説

アルーシャ多くの種類の野生動物が生息しているが、観光客他のタンザニア国立公園行われているような周遊期待べきではない。この公園サイズ小さいにもかかわらずキリンアフリカスイギュウシマウマイボイノシシゲレザ、ブルーモンキー、フラミンゴ、象、ライオンなどのアフリカ動物生息している。ヒョウはこの公園ではめったに見られないジャングル鳥類多数生息しており、多くのの種は観光用道より森の中のほうが見つけやすい。

※この「野生動物」の解説は、「アルーシャ国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「アルーシャ国立公園」の記事については、「アルーシャ国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 00:44 UTC 版)

アーカディア国立公園」の記事における「野生動物」の解説

公園は、約40異な野生哺乳動物種の故郷である。これにはアカリス、ハイイロリス、シマリスオジロジカムースビーバーヤマアラシマスクラットコヨーテボブキャットクロクマ含まれる。島にはかつてマウンテン・ライオンピューマ)やオオカミ住んでいた。これらの捕食者は、小さな獲物劇的な減少人間活動への近さ故にこの地離れることを強いられた考えられている。多くの他の海の動物周辺の地域海域観察されている。

※この「野生動物」の解説は、「アーカディア国立公園」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「アーカディア国立公園」の記事については、「アーカディア国立公園」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 15:48 UTC 版)

シオラパルク」の記事における「野生動物」の解説

シオラパルク一帯狩猟適しており、集落周辺の断崖ヒメウミスズメハシブトウミガラス繁殖地として機能している。ホッキョクギツネホッキョクウサギ、それに多くのアザラシセイウチ棲息する

※この「野生動物」の解説は、「シオラパルク」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「シオラパルク」の記事については、「シオラパルク」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 14:37 UTC 版)

ブラオ」の記事における「野生動物」の解説

野生動物は食料繁殖地探してブラオ周辺にも現れる。よく見かける動物クーズーイボイノシシグレビーシマウマアフリカノロバ野鳥などである。ブラオ南方サバナであり、ライオンヒョウなども見られるまた、カラカル世界最大生息地あることでも知られる

※この「野生動物」の解説は、「ブラオ」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ブラオ」の記事については、「ブラオ」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 16:24 UTC 版)

誤飲」の記事における「野生動物」の解説

野生動物(特に海洋生物においては合成樹脂レジ袋などで部分生分解性プラスチックも)を餌と勘違いする誤飲挙げられる

※この「野生動物」の解説は、「誤飲」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「誤飲」の記事については、「誤飲」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:12 UTC 版)

動物福祉」の記事における「野生動物」の解説

外来生物法では外来種駆除する場合には可能な限り苦痛与えない方法安楽死させることと定められている。 捕鯨おいてもその見地から絶命させるまでの時間が短い電気銛が復活した

※この「野生動物」の解説は、「動物福祉」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「動物福祉」の記事については、「動物福祉」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:02 UTC 版)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の記事における「野生動物」の解説

ハイラルフィールドには魔物のほかに、現実世界見かけるような野生動物や野鳥生息しており、倒すことで肉などの素材入手できる。野生動物・野鳥分布地域によって異なる一部の野生動物は馬のように乗ることができる。また、など魔物と同じようにリンクを積極的に襲ってくる動物もいる。

※この「野生動物」の解説は、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の記事については、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:12 UTC 版)

Far Cry 4」の記事における「野生動物」の解説

前作と同様多くの野生動物が登場するジャングル舞台前作違い今作ではゾウサイ初登場し、他にもウンピョウサンバーなど、ヒマラヤ特有の動物たち多く登場する前作同様、動物たちAIによって動いており、非常にリアルな自然が表現されている。肉食動物一部草食動物プレイヤー見つけると襲い掛かってくる。

※この「野生動物」の解説は、「Far Cry 4」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「Far Cry 4」の記事については、「Far Cry 4」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 02:11 UTC 版)

Far Cry 3」の記事における「野生動物」の解説

今作では主人公味方勢力敵勢力の人間に加えて多くの野生動物が登場するルークアイランドジャングルには、バクシカなど比較大人しい草食動物の他、トラコモドオオトカゲワニなど獰猛な肉食動物生息しており、独自の生態系形作っている。動物たちAIによって動いており、目の前で肉食動物草食動物人間(敵味方問わず)を襲う光景見られるなど、非常にリアルな生きたジャングル」が表現されている。肉食動物一部草食動物プレイヤー見つけると襲い掛かってくるので、油断できない

※この「野生動物」の解説は、「Far Cry 3」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「Far Cry 3」の記事については、「Far Cry 3」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 05:03 UTC 版)

ハムステッド・ヒース」の記事における「野生動物」の解説

ハムステッド・ヒースは野生動物の重要な生息地ともなっている。ヨーロッパヤマカガシキツネウサギヒメアシナシトカゲリスカエルなどの陸上生物のほか、カワセミニシコクマルガラスホオヒゲコウモリ英語版)などが池の上を飛ぶ姿も見られるホエジカテラピン英語版)、ワカケホンセイインコなどの外来種定着見られる

※この「野生動物」の解説は、「ハムステッド・ヒース」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ハムステッド・ヒース」の記事については、「ハムステッド・ヒース」の概要を参照ください。


野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/29 13:53 UTC 版)

ヴワザ湿地動物保護区」の記事における「野生動物」の解説

生息する野生動物の一部は、季節によってザンビアの北ルアングワ国立公園英語版)との間で移住を行う。園内生息する主な野生動物としては、アフリカスイギュウアフリカゾウ群れのほか、ローンアンテロープ英語版)、クーズーハーテビーストエランドインパラといったさまざまなレイヨウ知られている一方特筆すべき野鳥としては、オニアオサギ英語版)やクロスキハシコウ、ハジロムクドリ(英語版)などがあげられるまた、園内にあるカズニ湖には、多くのカバ生息している。

※この「野生動物」の解説は、「ヴワザ湿地動物保護区」の解説の一部です。
「野生動物」を含む「ヴワザ湿地動物保護区」の記事については、「ヴワザ湿地動物保護区」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「野生動物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「野生動物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



野生動物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

野生動物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野生動物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野生動物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノース・カスケード国立公園 (改訂履歴)、コリブ湖 (改訂履歴)、カタヴィ国立公園 (改訂履歴)、ゼムリャフランツァヨシファ (改訂履歴)、リオ・アビセオ国立公園 (改訂履歴)、ニトミルク国立公園 (改訂履歴)、ウズベキスタンの観光 (改訂履歴)、リッチモンド公園 (改訂履歴)、ウルングル川 (改訂履歴)、デナリ国立公園 (改訂履歴)、氷雪気候 (改訂履歴)、春国岱 (改訂履歴)、セント・キルダ (改訂履歴)、ウォルフ島 (改訂履歴)、アルーシャ国立公園 (改訂履歴)、アーカディア国立公園 (改訂履歴)、シオラパルク (改訂履歴)、ブラオ (改訂履歴)、誤飲 (改訂履歴)、動物福祉 (改訂履歴)、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (改訂履歴)、Far Cry 4 (改訂履歴)、Far Cry 3 (改訂履歴)、ハムステッド・ヒース (改訂履歴)、ヴワザ湿地動物保護区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS