家畜化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 家畜化の意味・解説 

かちく‐か〔‐クワ〕【家畜化】

読み方:かちくか

人間管理の下で野生の動物交配・品種改良行い家畜とすること。また、その過程をいう。ドメスティケーション


家畜化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家畜化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 02:41 UTC 版)

家畜化(かちくか)[1]および栽培化(さいばいか)[2]とは、前者が動物で後者が植物と、対象とする生物が異なるものの、いずれも、ヒト(人間)が対象の生殖を管理し、管理を強化していく過程をいう[1]。その過程においてヒトは自らに有益な特徴を多く具える個体を対象の群れの中から人為選択し続けるため、代を重ねることで遺伝子レベルでの好ましい変化が発現し、固定化し、家畜化・栽培化が成功する。栽培化は作物化(さくもつか)ともいう[2]


注釈

  1. ^ したがって、の "domestication" という語 "dog's domestication(犬の飼い慣らし)" も成立する。
  2. ^ 次のような語と連結する。animal(動物)、wild animals(野生動物)、plant(植物)、wild plants(野生植物)、human(人間)、ほか。心理学用語 self-(自己…)→ self-domestication(自己家畜化 cf. en[5][6]
  3. ^ domestication of wild plants などといった表現。
  4. ^ 元資料では、種を特定できない通称「バッファロー」が用いられているが、論旨に適う種を特定するならアフリカスイギュウが最適である。
  5. ^ イヌの起源」も参照のこと。
  6. ^ ドバト(土鳩、鴿)」ともいうが、この語は「家禽化(家畜化)された後で再野生化したカラワバトの総称」と定義される一方で、別の定義では「カワラバトの飼養品種」であるとされ、ベクトルが逆方向の相反する定義が並立している。いずれにしても、この表では野生のカワラバトが家禽化された時点を主題としており、その家畜の名称を問われれば、「カワラバト」である。「ドバト」の定義はどちらも後世の事象を説明している。
  7. ^ ミトコンドリアDNAの解析による知見[37][38]。2003年発表[38]
  8. ^ シロガチョウ(白鵞鳥)はシナガチョウの一種。

出典

  1. ^ a b c 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “家畜化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c 『世界大百科事典』第2版. “栽培化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  3. ^ a b domestication”. Online Etymology Dictionary. 2019年12月27日閲覧。
  4. ^ domestication”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2019年12月27日閲覧。
  5. ^ a b 『世界大百科事典』第2版. “自己家畜化”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  6. ^ a b 『世界大百科事典』第2版. “self-domestication”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  7. ^ 生物の多様性に関する条約第二条を参照。
  8. ^ 岡本 2019, p. 20.
  9. ^ ワルドバウアー & 屋代 2012, p. 54.
  10. ^ ダイアモンド & 倉骨 2013 [要ページ番号]
  11. ^ Diamond 1998.
  12. ^ a b c d ブレンフルト 2004, pp. 54–55.
  13. ^ 赤澤威 (1997年). “ネアンデルタールとの出会い─洪積世人類遺跡調査”. 国際日本文化研究センター. 2019年12月31日閲覧。 “ドゥアラ洞窟の古生物分析が提供した興味深い論点は、イヌの起源問題である。洞窟からは、少なくとも三個体分のイヌ科の骨が見つかった。イヌの仲間としては、周囲に現在、オオカミとジャッカルが生息しているが、ドゥアラの骨はオオカミとしては小さすぎるし、ジャッカルよりは骨太である。しかも歯の形が違っている。むしろ家畜化されたイヌと似ていたのである。西アジアではっきりと家犬とわかるものが現れるのは、考古学的にはナトゥーフ期、つまり一万数千年前でしかない。どう新しく見積もっても四万五〇〇〇年よりは古いドゥアラの住人は、この珍奇な動物とどうつきあっていたのだろうか。ペイン[1980]が提示した「砂漠でイヌを飼っていた旧人」という興味深い仮説は、物議をかもしたままである。”
  14. ^ ブレンフルト 2004, p. 54.
  15. ^ 青山 2015, p. 252.
  16. ^ Arnold, Carrie (2015年12月22日). “イヌ家畜化の起源は中国、初の全ゲノム比較より 世界のイヌとオオカミ58頭の全ゲノムを解読、「2つの段階」が判明”. ナショナルジオグラフィック(公式ウェブサイト). 日経ナショナル ジオグラフィック社. 2019年12月30日閲覧。
  17. ^ Krebs 2003 [要ページ番号]
  18. ^ Simmons 2000 [要ページ番号]
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 鹿児島大学, p. 4.
  20. ^ Melinda A. Zeder, Goat busters track domestication (Physiologic changes and evolution of goats into a domesticated animal), April 2000, (英語).[リンク切れ]
  21. ^ a b Giuffra E, Kijas JM, Amarger V, Carlborg O, Jeon JT, Andersson L. The origin of the domestic pig: independent domestication and subsequent introgression., April 2000, (英語).
  22. ^ 石黒直隆ほか (2004年). “東アジアのイノシシ・ブタの遺伝的源流に位置するベトナムのイノシシ属の遺伝子調査”. 科学研究費助成事業データベース. 文部科学省日本学術振興会. 2019年12月30日閲覧。
  23. ^ a b c d 鹿児島大学, p. 3.
  24. ^ 本郷一美[1] (2008年). “ドメスティケーションの考古学 - 『総研大ジャーナル』13号 (PDF)”. 国立大学法人 総合研究大学院大学(総研大). 2019年12月30日閲覧。
  25. ^ Late Neolithic megalithic structures at Nabta Playa (Sahara), southwestern Egypt. Archived 2008年2月13日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Source : Laboratoire de Préhistoire et Protohistoire de l'Ouest de la France アーカイブされたコピー”. 2009年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月17日閲覧。, (フランス語).
  27. ^ West B. and Zhou, B-X., Did chickens go north? New evidence for domestication, World’s Poultry Science Journal, 45, 205-218, 1989, quotation (PDF, 26.3 KiB) , 8 p. (英語).
  28. ^ History of the Guinea Pig (Cavia porcellus) in South America, a summary of the current state of knowledge
  29. ^ Beja-Pereira, Albano et al., African Origins of the Domestic Donkey, Science 304:1781, 18 June 2004, cited in New Scientist, (英語).
  30. ^ Roger Blench, The history and spread of donkeys in Africa (PDF, 235 KiB) (英語).
  31. ^ Breeds of Livestock - Tarpan Horse”. Breeds of Livestock, Department of Animal Science. Oklahoma State University (1998年5月29日). 2019年12月30日閲覧。
  32. ^ The Domestication of the Horse Archived 2007年2月2日, at the Wayback Machine.[リンク切れ]
  33. ^ Domestication of Reindeer Archived 2009年3月16日, at the Wayback Machine.
  34. ^ a b c d 日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版. “ガチョウ(鵞鳥)”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  35. ^ Amun-Ra (2015年4月11日). “Controversy over the Meidum Geese”. Amun-Ra Egyptology Blog. 2019年12月31日閲覧。
  36. ^ Geese: the underestimated species”. 2019年12月31日閲覧。
  37. ^ Church, Bob (1998年2月27日). “Ferret Natural History FAQ”. Ferret Central. 2020年1月1日閲覧。 “Nevertheless, it is clear from other archaeological and historical sources that ferrets have been domesticated for quite a while, at least 2500 years. According to information from Bob Church, ferrets were mentioned in 450-425 BC in plays by Aristophanes, by Aristotle around 350 BC, and by Pliny in AD 79, for example.”
  38. ^ a b Sato JJ, Hosoda T, Wolsan M, Tsuchiya K, Yamamoto M, Suzuki H (Feb 2003). “Phylogenetic relationships and divergence times among mustelids (Mammalia: Carnivora) based on nucleotide sequences of the nuclear interphotoreceptor retinoid binding protein and mitochondrial cytochrome b genes.”. Zoological Science 20(4) (243-64). doi:10.2108/zsj.20.243. PMID 12655187. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12655187 2020年1月1日閲覧。. 
  39. ^ a b c d 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “シナガチョウ”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  40. ^ サカツラガン”. コトバンク. 2019年12月31日閲覧。
  41. ^ 日本の養蜂の歴史”. 日本養蜂協会. 2019年12月31日閲覧。 “文献上で「蜜蜂」の語が初めて用いられたのは「日本書紀」の皇極2年(643)のくだりに出てくる「百済の太子余豊、蜜蜂の房四枚をもって三輪山に放ち、養う。しかれどもついに蕃息(うまわ)らず」 という記載です。百済人の余豊が奈良の三輪山で養蜂を試みたけれど、失敗に終わったという記録で、これが日本における養蜂のはじめだというのが通説になっています。”
  42. ^ ウズラ(ニホンウズラ)の家畜化は食用から始まった。啼き鳥としての飼育は16世紀半ば(戦国時代後期)の『言継卿記』が初出。ヨーロッパウズラ (Coturnix coturnix) とは別種。ヨーロッパウズラは古代オリエントおよび古代地中海世界でも食用にされていた野鳥であるが、肉に毒性が認められる種であり、ニホンウズラと違って家畜化はされていない。
  43. ^ 伊藤文紀”. 日本の研究.com. 株式会社バイオインパクト. 2019年12月27日閲覧。
  44. ^ a b 伊藤 1995, p. 793.
  45. ^ a b Laboratory of Entomology, Faculty of Agriculture, Kagawa University (2103年2月20日). “Evaluation of the benefits of a myrmecophilous oribatid mite, Aribates javensis, to a myrmicine ant, Myrmecina sp.” (英語). PubMed. NCBI. 2019年12月27日閲覧。
  46. ^ a b c d 伊藤 1995, p. 795.
  47. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “社畜”. コトバンク. 2019年12月27日閲覧。
  48. ^ a b wage slave”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2019年12月27日閲覧。



家畜化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:19 UTC 版)

ロバ」の記事における「家畜化」の解説

最初に家畜として飼われ始めたのは、約5000年前野生種であるアフリカノロバ飼育したものとされる古代から乗用荷物の運搬などの使役重用されたが、ウマに比べると従順でない性質があり、小型でもあるのが家畜として劣る点であった逆にウマよりも優れていたのが、非常に強健で粗食耐え管理楽なであった野生種の中で現存するのは、ソマリノロバ (Equus africanus somaliensis) のみであり、ソマリアエジプト国境地帯見られたが、ソマリア内戦影響で激減したため、現在はその大部分イスラエルの野生保護区飼育されている。一方ハワイ島には家畜から野生化したロバ多数生息している。 飼い主捨てられ無数のロバ野生化した結果最近ではブラジル北東部各地トラブル引き起こしている。

※この「家畜化」の解説は、「ロバ」の解説の一部です。
「家畜化」を含む「ロバ」の記事については、「ロバ」の概要を参照ください。


家畜化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 23:38 UTC 版)

ウサギ」の記事における「家畜化」の解説

詳細は「カイウサギを参照 「養兎」および「en:Cuniculture」も参照 ウサギ一種であるアナウサギを家畜化したものカイウサギ呼ばれ広く利用されている。ペットとして人気の高いネザーランド・ドワーフロップイヤー毛皮用にも使われるレッキス日本実験用によく使われるジャパニーズホワイトなど多くの品種があるが、分類学的にアナウサギ同種みなされ学名も同じOryctolagus cuniculusである。 利用目的は毛用・肉用愛玩用など多岐にわたるペット用品種改良されたものはしばしばイエウサギと呼ばれ一般家庭での飼育も可能である実験動物としては、薬品化粧品安全性試験や、医学研究モデル生物として使われる動物実験結果そのまま人間には適用できない事例あるだけでなく、倫理上の観点から問題視されており、徐々に動物実験廃止する動き広まりつつある。 日本の大久野島前島ニュージーランドオーストラリアでは逸出したカイウサギ野生化起こっている。オーストラリアでは、野生化したカイウサギ生態系農業与え悪影響問題視されている。 明治時代、その愛くるしさからウサギを飼う事が大流行しウサギ価格高騰闇取引することが多く政府取り締まるほどの一大ムーブメント起きていた。 ARBA (American Rabbit Breeders Association) は世界最大規模ウサギ協会純血種保護するため毎年ブリーダーや一般の飼い主持ち寄ったウサギ品種ごとに基準定め品評会行っている

※この「家畜化」の解説は、「ウサギ」の解説の一部です。
「家畜化」を含む「ウサギ」の記事については、「ウサギ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家畜化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「家畜化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家畜化」の関連用語

家畜化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家畜化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家畜化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロバ (改訂履歴)、ウサギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS