キツネとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > キツネの意味・解説 

キツネ

作者輝虎

収載図書思議幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


ツムブリ

学名Elagatis bipinnulata 英名:Rainbow runner
地方名:キツネ、イダ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目アジ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
沿岸から沖合いの表層群れでに生息しているのがよく見られるが、多く漁獲されない。魚類浮遊性甲殻類を食べる。ブリ似ているが、体に2条ほどはっきりとした青い色帯が縦に入り尾びれの上下がそれぞれ長いという点で区別することができる。釣り上げたときは虹色かがやき、体の色の鮮やかさから食用に向かないとわれがちだが、刺身にするとかなりおいしい。離島の磯の上釣りにかかることが多い。

分布:南日本全世界温帯亜熱帯 大きさ:1m
漁法:釣り 食べ方:刺身照り焼きバター焼き照り焼き

読み方:キツネ(kitsune

イヌ科哺乳動物

学名 Vulpes vulpes


キツネ

読み方:きつね

  1. 油揚ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・島根県

分類 島根県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キツネ(kitsune

原野山林にすむ夜行性食肉

季節

分類 動物


キツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 22:37 UTC 版)

キツネ)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。


  1. ^ 三省堂編修所, ed. (2012), “キツネ”, 三省堂 生物小事典, 三省堂, ISBN 978-4-385-24006-0 
  2. ^ 増井光子 (1974), “キツネ”, in 相賀徹夫, 万有百科大事典 20 動物, 小学館 
  3. ^ ミステリアス“ウルフ” - 中村一恵生命の星・地球博物館名誉館員)
  4. ^ Sillero-Zubiri, Claudio; et al., eds., Status Survey and Conservation Action Plan, Canids: Foxes, Wolves, Jackals and Dogs, IUCN/SSC Canid Specialist Group, http://www.carnivoreconservation.org/files/actionplans/canids.pdf 
  5. ^ 今泉吉典キツネ[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  6. ^ 今泉吉晴 (2009), “キツネ”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  7. ^ a b Lindblad-Toh, Kerstin; et al. (2005), “Genome sequence, comparative analysis and haplotype structure of the domestic dog”, Nature 438: 803–819, doi:10.1038/nature04338, http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7069/full/nature04338.html 
  8. ^ Austin, Jeremy J.; et al. (2013), “The origins of the enigmatic Falkland Islands wolf”, Nature Communications 4, doi:10.1038/ncomms2570, http://www.nature.com/ncomms/journal/v4/n3/full/ncomms2570.html 
  9. ^ 洲本川水系河川整備基本方針(案) 概要 - 兵庫県[リンク切れ]
  10. ^ 佐渡島のテンの生息に関する研究 - 箕口秀夫(新潟大学農学部助教授)他 (2004)
  11. ^ a b 宮城蔵王キツネ村公式ウェブサイト
  12. ^ a b Journal of Mammalogy
  13. ^ Early Canid Domestication: The Fox Farm Experiment
  14. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  15. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ”. ロシアNOW. 2015年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。
  16. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”〜今 動物に何が!?〜」
  17. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  18. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  19. ^ 2010年8月29日放送シルシルミシルさんデー『キツネは本当に「コンコン」鳴くの?』
  20. ^ a b c d 笹間良彦 『怪異・きつね百物語』 雄山閣出版、1998年6月、1,7,12。ISBN 4639015445
  21. ^ 清野孝之「発掘された日本列島2009」、『月刊文化財』第549号、第一法規、2009年6月、 27頁。
  22. ^ 金子浩昌 『貝塚の獣骨の知識』 東京美術、1984年8月、127–128。ISBN 4808702290
  23. ^ 『鳥浜貝塚』森川昌和[要文献特定詳細情報]
  24. ^ 食農教育 No.53 2007年3月号『ごんぎつねがいたころ』(東京農業大学客員教授)守山弘
  25. ^ a b 『稲荷信仰』 直江広治、雄山閣出版〈民衆宗教史叢書〉、15, 143。[要文献特定詳細情報]
  26. ^ a b 日本書紀』4、坂本太郎ほか校注、岩波書店〈岩波文庫〉、1995年2月。ISBN 4-00-300044-7[要ページ番号]
  27. ^ 上智大学紀尾井文学会 公式ブログ
  28. ^ 『「共生」のシンボル・狐』 岩井国臣公式HP【私の旅】
  29. ^ 『稲荷信仰』 直江広治、雄山閣出版〈民衆宗教史叢書〉、8頁。[要文献特定詳細情報]
  30. ^ 岡田茂吉 『明日の医術 第三編』 志保沢武、1943年。[要ページ番号]
  31. ^ Ylvis - The Fox (What Does the Fox Say?) [Official music video HD]
  32. ^ Ylvis Q&A: What 'The Fox' (Viral Stars) Say About Their Surprise Hit




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キツネ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

キツネのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キツネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキツネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS