化石とは? わかりやすく解説

か‐せき〔クワ‐〕【化石】

読み方:かせき

[名](スル)

地質時代生物遺骸地層中に保存されたもの巣穴足跡などの生痕(せいこん)も含まれる埋没している間に石化して固くなったものも多い。

消滅するはずの古いものが、そのまま残っていること。また、そのもの。「封建時代の—」

石になること。石のようになって動かないこと。

「—するまで此処離れまい」〈露伴露団々

「化石」に似た言葉

化石

読み方: かせき
【英】: fossil
同義語: 古生物  

過去生物古生物)の遺体や、足跡、這{は}い跡、巣穴などの生活のこん跡などが地層中に埋没され、後から掘り出されものをいう古生物遺体や生活のこん跡から由来するものであっても変質して形態的構造的特徴残していないもの(例え石油石炭、りん鉱など)は普通、化石から除外する日本語の化石という用語は、通常“石に変わったもの”の意味予想させるが、英語では fossil といい、ラテン語の fodere (掘るという意味)に由来した掘り出されたもの”という意味で、必ずしも石化したものを意味しない石油鉱業においては坑井資料からも同定可能な小型有孔虫放散虫花粉胞子珪藻けいそう}、ナノプランクトンなどの微化石が、地層対比堆積たいせき環境判定などに広く利用されている。

古生物

読み方こせいぶつ
【英】: fossil
同義語: 化石  

»化石

化石

作者井上靖

収載図書井上靖全集 第17巻 長篇 10
出版社新潮社
刊行年月1996.9


化石

作者安部公房

収載図書安部公房全集 1 1942.12-1948.5
出版社新潮社
刊行年月1997.7


化石

作者揚羽

収載図書悪魔の謝肉祭
出版社新風舎
刊行年月2004.10
シリーズ名新風舎文庫


化石

作者滝川武司

収載図書EME RED 7 COLOSSEUM
出版社富士見書房
刊行年月2006.6
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 00:08 UTC 版)

化石(かせき、英語: Fossil、ギリシャ語:απολίθωμα)とは、地質時代に生息していた生物が死骸となって永く残っていたもの、もしくはその活動の痕跡を指す。


注釈

  1. ^ これにより、少なくとも27億年前までには3ドメインが成立していたと推定されている。
  2. ^ ハンソンは、「進化の研究にたいして特殊の寄与をする資料」としてと化石を掲げている。

出典

  1. ^ 6800万年前の恐竜化石から細胞・血管 米で発見(朝日新聞2005年3月25日)
  2. ^ Cretaceous Small Scavengers: Feeding Traces in Tetrapod Bones from Patagonia, Argentina (Silvina de Valais:2012)
  3. ^ Oxford Dictionary of Word Histories, 2002.


「化石」の続きの解説一覧

化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 18:01 UTC 版)

頭索動物」の記事における「化石」の解説

カンブリア紀バージェス動物群(5億1500万年前)のひとつとして発見されピカイアナメクジウオよく似ていると言われるそのため、これが脊椎動物のもっとも古い先祖と言われたこともある。しかし、それよりやや前の澄江動物群から発見されハイコウイクチス当初は頭索類ではないかと言われたが、頭に当たる構造確認されたことで脊椎動物と考えられる至ったしたがって、それらの系統分岐はさらに遡ると考えられるまた、同じくユンナノゾーン当初は頭索類とされながら、現在では半索動物と考えられる至った

※この「化石」の解説は、「頭索動物」の解説の一部です。
「化石」を含む「頭索動物」の記事については、「頭索動物」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 06:10 UTC 版)

フンスリュック粘板岩」の記事における「化石」の解説

フンスリュック粘板岩から化石が見つかることは古くから知られていた。最初の学術的な報告1862年行われ、ブンデンバッハで産出したヒトデウミユリの化石が紹介された。

※この「化石」の解説は、「フンスリュック粘板岩」の解説の一部です。
「化石」を含む「フンスリュック粘板岩」の記事については、「フンスリュック粘板岩」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 11:58 UTC 版)

西中山層」の記事における「化石」の解説

動物化石では、アンモナイト目、リトセラス目、フィロセラス目に属す頭足類アンモナイト化石を産しアンモナイト目属するヒルドセラス科は本層において多種多様で、Canavaria japonica・C. cf. sicula・Fontanelliceras fontanellense(アリエティセラス亜科)、Protogrammoceras nipponicum・P. yabei・Paltarpites aff. platypleurus・P. toyoranus・Fuciniceras primordium・F. nakayamense・F. cf. normanianum・Lioceratoides aradasi・L. matsumotoi (ハーポセラス亜科またはプロトグランモセラス亜科)・Cleviceras cf. exaratum・C. chrysanthemum・Harpoceras inouyei・H. nagatoensis・Petranoceras・Titoniceras(ハーポセラス亜科)、Polyplectus okadai(ハーポセラス亜科またはポリプレクタス亜科)、Hildoceras aff. bifrons(ヒルドセラス亜科)が産する。エオデラセラス超科では、Dactylioceras (Orthodactylites) helianthoides・Prodactylioceras aff. italicum・Peronoceras subfiblatum(ダクチリオセラス科)、Amalthius(アマルチウス科)などが報告されている。リトセラス目ではLytoceras(リトセラス科)、Audaxlytoceras? (ナノリトセラス科)、フィロセラス目ではCalliphylloceras(フィロセラス科)が知られる西中山層アンモナイトは、基本的にパンデミック型とテチス型から構成されるが、後期プリンスバッキアン期のCanavaria japonica帯のみにボレアル型が含まれる。 さらに頭足類ではベレムナイト二枚貝類では、Pseudomytiloides lunaris・P. matsumotoi(イノセラムス科)、Posidonotis dainellii・Bositra(ポシドニア科)、Modiolus(イガイ科)、Parvamussium(ワタゾコツキヒガイ科)、Meleagrinella(アビキュロペクテン科)、Gervillia(バケベリア科)、“Ostrea”(イタボガキ科)、Goniomya(ウミタケモドキ科)など、魚類ではLeptolepis?、、ゴカクウミユリ類ではPentacrinites2種・Seirocrinus(ペンタクリヌス科)、昆虫類ではNipponoblatta suzugaminae(メソブラッティナ科のゴキブリ)、腕足類、Uncina(?ショウグンエビ類のウンキナ科)、ワニ類(?アトポサウルス科(英語版))日本最古級のカメ類などが産出している。 生痕化石ではフィコサイフォン(英語版形成者による生物擾乱泥岩中に認められている。 植物化石は、北部地域では1940年大石1986年木村・大花、1988年木村ほかによってSphenopteris・Phlebopteris takahashii(シダ類)、Otozamites micropinnatus・Zamites toyoraensis・Z. yabei(ベネチテス類)、Pseudoctenis(ソテツ類)、Brachyphyllum ex gr. expansum・Cupressinocladus・Elatides・Geinitzia(球果類)などが記載されている学名のみの報告では1982年部ほかによるEquisetites(トクサ類)、Cycadites(ソテツ類)などがある。西中山層植物化石基本的に西南日本外帯フローラ領石植物群の特徴をもつ。南部地域西中山層植物化石として1987年木村・大花によりLoc. 068から5属5種が記載され2005年山田大野によりLoc. 127から1属2種リストされているが、これらの産地は本層より上位の豊浦層群阿内層分布域にある。

※この「化石」の解説は、「西中山層」の解説の一部です。
「化石」を含む「西中山層」の記事については、「西中山層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 14:39 UTC 版)

カコボラ」の記事における「化石」の解説

下総層群更新世約数十~百万年前)の地層から化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「カコボラ」の解説の一部です。
「化石」を含む「カコボラ」の記事については、「カコボラ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 15:28 UTC 版)

ワプティア」の記事における「化石」の解説

ワプティアはカナダブリティッシュコロンビア州の堆積累層バージェス頁岩バージェス動物群)における普遍な古生物1つで、1,800を超えるほど数多くの化石標本発見される個体数で見ると、2006年までワプティアバージェス頁岩見つかった生物の2.55%、Phyllopod bed の0.86%を構成している。これは同じ生息地マーレラカナダスピス次いで3番目に多い。また、同じ古生代カンブリア紀ウリューアン期に当たる、アメリカユタ州の Langston Formation からも本属の化石標本発見される知られる化石標本のうち、約860点(総模式標本 USNM 57681 と USNM 57682 含む)はアメリカ国立自然史博物館、約1,000点はカナダロイヤルオンタリオ博物館所蔵される。 化石化の過程体のパーツ分解してしまうことがよくあり、その場合はパーツの塊として発見される。特に背甲本体から解離したものが多く、これは埋蔵堆積物移動)や腐敗もたらす産状と考えられる腹背から側面正面まで、様々な角度保存された化石標本知られ中には珍しく産状良好で付属肢細部構造神経系一部保護中の卵などまで保存されたものもある。

※この「化石」の解説は、「ワプティア」の解説の一部です。
「化石」を含む「ワプティア」の記事については、「ワプティア」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 20:39 UTC 版)

歌野層」の記事における「化石」の解説

生痕化石フィコシフォン(英語版形成者による生物擾乱が諸層準認められている。江良川砂質泥岩部層(Up部層)を特徴づけるポシドニア科二枚貝のBositra cf. ornatiのほか、Grammoceras aff. obesum、Phymatoceras toyoranum、Pseudolioceras sp.といった後期トアルシアン期を示すアンモナイト産しヨーロッパ標準化石帯のVariabilis帯(中期トアルシアン期末)およびThouarsense帯(後期トアルシアン期初期)とほぼ対比されるが、Up部層より上位の示準化石乏しくヨーロッパ標準化石帯との対比は困難とされている安田砂岩泥岩部層Ub部層)はPhymatoceras sp.産出より後トアルシアン期とされている戸谷砂質泥岩部層Uh部層)からイノセラムス二枚貝Mytiloides aff. fuscusAalenian期の示準化石Planmmatoceras kitakamienseと比較されるアンモナイト産出し後期トアルシアン期末 - 前期バッジョシアン期みなされている。上岡砂岩泥岩部層Ut部層)は、東シベリア後期バッジョシアン期 - 前期カロビアン期前半の期間に産するイノセラムス二枚貝のRetroceramus retrosusやR. kystatymensisに近似するRetroceramus utanoensisを散発的に産し後期バッジョシアン期 - バトニアン期考えられている。 かつて南部地域の本層からの産出として多くの植物化石報告されているが、1987年木村・大花によって報告され歌野層および西中山層植物群(3370種)は、阿内層分布域それらの植物化石産地位置し植物群の年代カロビアン期中頃 - 前期キンメリッジアン期とされている

※この「化石」の解説は、「歌野層」の解説の一部です。
「化石」を含む「歌野層」の記事については、「歌野層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 20:37 UTC 版)

清末層」の記事における「化石」の解説

清末層からは、ブラキフィルム(英語版)などの領石植物群やOnychiopsis elongata、Dictyozamites、Ginkgoitesなどの石徹白植物群に類似した植物化石を産し清末植物群と呼ばれる清末植物群は、豊浦層群阿内層から産出する阿内植物群(従来歌野植物群)とは年代異な植物群である。

※この「化石」の解説は、「清末層」の解説の一部です。
「化石」を含む「清末層」の記事については、「清末層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 22:49 UTC 版)

ヤツシロガイ」の記事における「化石」の解説

40万年前の渥美半島更新世地層から化石が見つかっている。本種の近縁大西洋にすむオオミヤシロガイの7百万年前中新世の化石が中央アメリカから見つかっており、パナマ地峡閉じ以前からヤツシロガイ属は東太平洋にかけて分布していた。

※この「化石」の解説は、「ヤツシロガイ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ヤツシロガイ」の記事については、「ヤツシロガイ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/14 01:57 UTC 版)

ヌミドテリウム科」の記事における「化石」の解説

化石は、模式属であるヌミドテリウム始新世中期層から、ダオウイテリウムは同じ世の初期層から、そして、これらに先行するフォスファテリウム暁新世中期層から発見されている。 特にヌミドテリウムは、ほぼ完全な骨格化石がアルジェリアよりもたらされている。

※この「化石」の解説は、「ヌミドテリウム科」の解説の一部です。
「化石」を含む「ヌミドテリウム科」の記事については、「ヌミドテリウム科」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/14 01:45 UTC 版)

レミングトノケトゥス」の記事における「化石」の解説

化石は、古生物学者スニール・バジパイ(Sunil Bajpai)とハンス・テーヴィスン(J.G.M.Hans Thewissen)率い調査隊によって、インド西部グジャラート州のカッチーKachchh(英語名:Kutch)地区にて発見された。1995年にはフィリップ・ギンガーリッチ(Gingerich)らによって、パキスタンスライマーン地区のバビア丘陵(Babia Hills)からも発見されている。

※この「化石」の解説は、「レミングトノケトゥス」の解説の一部です。
「化石」を含む「レミングトノケトゥス」の記事については、「レミングトノケトゥス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 16:51 UTC 版)

鰓曳動物」の記事における「化石」の解説

現代よりも古生代繁栄したグループで、カンブリア紀海で主要な捕食者だった。バージェス生物群一員として有名なオットイア鰓曳動物である。古生物学者グールドは、鰓曳動物衰退は、オルドビス紀出現した、顎を持つ多毛類との競争敗れたために起こった可能性指摘している。

※この「化石」の解説は、「鰓曳動物」の解説の一部です。
「化石」を含む「鰓曳動物」の記事については、「鰓曳動物」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/06 13:36 UTC 版)

ポケットモンスターのアイテム一覧」の記事における「化石」の解説

ポケモンの化石。これらの化石を復元できる施設持っていけば、化石に対応したポケモン復元され仲間になるが、手持ちが1匹以上空きがないもらえない第3世代までは大切なものであったが、第4世代からは道具と同じ扱いになって、売ることやポケモン持たせることが出来複数入手できるようになったかいのカセキ 復元するオムナイトになる。 こうらのカセキ 復元するカブトになる。 ひみつのコハク 復元するプテラになる。 ねっこのカセキ 復元するとリリーラになる。 つめのカセキ 復元するとアノプスになる。 すがいのカセキ 復元するズガイドスになる。 たてのカセキ 復元するタテトプスになる。 ふたのカセキ 復元するプロトーガになる。 はねのカセキ 復元するアーケンになる。 アゴのカセキ 復元するチゴラスになる。 ヒレのカセキ 復元するアマルスになる。

※この「化石」の解説は、「ポケットモンスターのアイテム一覧」の解説の一部です。
「化石」を含む「ポケットモンスターのアイテム一覧」の記事については、「ポケットモンスターのアイテム一覧」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/27 05:12 UTC 版)

フデイシ」の記事における「化石」の解説

フデイシの化石は、頁岩泥岩などの堆積岩の内、他の海洋生物少な地層見つかることが多い。つまり、深海酸素少なところに沈殿し、そこに他の沈殿物積み重なってできた場合、よい保存状態見つかる。 フデイシ石灰岩チャートの中で見つかることもあるが、これらの岩石ができる条件の場所に他の生物多く住んでおり、沈殿したフデイシ死骸食べられしまうため、見つかった例は少ない。 フデイシの化石は岩の間挟まってつぶれた態で見つかることもある。特に黄鉄鉱はさまれていることが多い。この場合元の立体態での姿を推定することが可能になるその分の様子は、鋸刃状、あるいは音叉であることが多い。これらの化石は、植物間違えられることも多い。極まれに、岩の表面炭素の膜として見つかることがあり、これに斜めから光を当てると光る模様として観察できるイギリスでは、アベレイディ海岸 (Abereiddy Bay) 、ディフェド (Dyfed) などのウェールズ地方オルドビス紀地層でよく見つかる。 オーストラリアオルドビス紀地層見つかった Tetragraptus fruticosus

※この「化石」の解説は、「フデイシ」の解説の一部です。
「化石」を含む「フデイシ」の記事については、「フデイシ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/10 14:50 UTC 版)

ケバエ」の記事における「化石」の解説

ケバエ科は、双翅目の中でとりわけ多数の化石種が見つかっている科としても知られており、主に第三紀地層から約350種の化石種が発見されている。

※この「化石」の解説は、「ケバエ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ケバエ」の記事については、「ケバエ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 04:22 UTC 版)

ストラーン」の記事における「化石」の解説

オーストラリア産野生の花の中で有名で人気があるバンクシアBanksia)の絶滅種の化石が、1980年代、リガッタポイント(Regatta Point)の近く発見された。1991年Gregory J. JordanRobert S. Hillは、町名と彼らの姓にちなみ、"Banksia strahanensis Jordan & Hill"と命名したBanksia strahanensis) 。

※この「化石」の解説は、「ストラーン」の解説の一部です。
「化石」を含む「ストラーン」の記事については、「ストラーン」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 03:28 UTC 版)

ジェホロプテルス」の記事における「化石」の解説

ジェホロプテルス内モンゴル自治区寧城の道虎溝層(英語版)から見つかっている。道虎溝層は明らかに熱河層群よりも時代古く、前熱河生物相と言われている。 保存状態良い、翼の繊維や首から胴体、尾にかけて体毛残っている化石が発見されている。

※この「化石」の解説は、「ジェホロプテルス」の解説の一部です。
「化石」を含む「ジェホロプテルス」の記事については、「ジェホロプテルス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:20 UTC 版)

アレトペルタ」の記事における「化石」の解説

アレトペルタ頭骨を欠く単一の部分骨格で成るホロタイプ SDNHM 33909のみで知られている。その標本一部サンディエゴサンディエゴ自然史博物館展示されている。その骨格橈骨尺骨上腕骨肩甲骨大腿骨脛骨腓骨腸骨脊椎肋骨骨盤帯を覆う部分的な装甲頸部のハーフリング少なくとも16個の遊離した装甲板、8本の歯で構成され海成層であるポイントロマ層(カンパニアン期後期、約7550万年前)で発見された。 どうやら膨張した動物死体海面漂い、骨にくっついている軟体動物によって証明されているように、背中下にして沈んだ後、小さな魚環境形成したと思われる死骸サメによって漁られた可能性がある。ほとんどの骨は関節面失い空洞になっている結果骨格要素保存状態は悪い。

※この「化石」の解説は、「アレトペルタ」の解説の一部です。
「化石」を含む「アレトペルタ」の記事については、「アレトペルタ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 08:37 UTC 版)

来馬層群」の記事における「化石」の解説

長野県小谷村北小谷にある土沢流域では6つ恐竜足跡化石が発見されており、小谷村郷土館で化石の実物見られる富山県朝日町境川水系寺谷ではアンモナイト化石を大量に含む露頭見られ、「寺谷アンモナイト包蔵地」として県指定天然記念物指定されている。化石掘り目的であれば、天然記念物指定外である境川河口落ちている黒い砂岩を片っ端から割っていけば、アンモナイトこそ見つけにくいが二枚貝植物化石なら簡単に見つけることができる。

※この「化石」の解説は、「来馬層群」の解説の一部です。
「化石」を含む「来馬層群」の記事については、「来馬層群」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 01:40 UTC 版)

パキケトゥス科」の記事における「化石」の解説

明確なかたちで発見されパキケトゥス科最初の化石は、パキスタン北部にて1983年出土のパキケトゥス・イナクス(Pakicetus inachus)である。古生物学者フィリップ・ギンガーリッチらによってそれは見出された。それ以降パキケトゥス科の化石は当地インド西部から発見されている。

※この「化石」の解説は、「パキケトゥス科」の解説の一部です。
「化石」を含む「パキケトゥス科」の記事については、「パキケトゥス科」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 05:16 UTC 版)

デナリ国立公園」の記事における「化石」の解説

デナリは、先史時代渡り鳥初めての証拠信じられている足跡足跡化石)を含む、興味深い化石が出る場所としての地位高めつつある。渡り鳥白亜紀後期干潟食料あさっていたとして、2006年5月初め公式に報告された。肉食性獣脚類足跡公園内以前報告されていた。

※この「化石」の解説は、「デナリ国立公園」の解説の一部です。
「化石」を含む「デナリ国立公園」の記事については、「デナリ国立公園」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 00:34 UTC 版)

カナダヅル」の記事における「化石」の解説

カナダヅルは、現生鳥類の中で最も古い化石を有しており、900万年前の化石に現在のカナダヅルと全く同じ鳥が記録されている。

※この「化石」の解説は、「カナダヅル」の解説の一部です。
「化石」を含む「カナダヅル」の記事については、「カナダヅル」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 06:30 UTC 版)

レイシガイ属」の記事における「化石」の解説

“ナカムラレイシ”の化石が前期更新世(2 Ma)の静岡県掛川層群見つかっている。R. luteostoma と似ているが、細い溝が明らか。またイボニシの化石が愛知県渥美層群から見つかっている。

※この「化石」の解説は、「レイシガイ属」の解説の一部です。
「化石」を含む「レイシガイ属」の記事については、「レイシガイ属」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:58 UTC 版)

モリソン累層」の記事における「化石」の解説

モリソン累層の化石多く断片的であるが、それらは、キンメリッジ期モリソン盆地動植物青写真理解するのには十分である全体的に気候サバンナと同様乾燥していたが、植物相はかなり異なっていた。当時主要な植物である針葉樹が、イチョウソテツ木生シダトクサなどとともにいた。 化石化した植生多く川岸であり、植物氾濫原沿いに生息していた。 昆虫現代の種と非常によく似ており、シロアリは30mの巣を作っていた。川沿いには、カエルサンショウウオトカゲワニカメ翼竜ザリガニ二枚貝、および哺乳類生息していた。 恐竜同様に川岸生息していた可能性が高いアロサウルスカンプトサウルスオルニトレステス など、数百体の恐竜化石発見された。剣竜類ステゴサウルス と少し古い ヘスペロサウルス など数種類初期の曲竜類少なくとも ミモオラペルタ およびガルゴイレオサウルス2種類。最も顕著なのは多種多様な竜脚類である。これらの種の少なくとも一部はその地域に巣を作っていることが知られているため(カンプトサウルスの胚が発見された)、移住性季節的な個体群だけでなく、恐竜にとって良好な環境であったという兆しがある。 発見され竜脚類には ディプロドクスカマラサウルス (最もよく見られる竜脚類)、ブラキオサウルスアパトサウルスブロントサウルスバロサウルス珍しハプロカントサウルスマラアプニサウルスおよびスーパーサウルスなどが含まれる竜脚類多様性は、それらがすべて共存できた方法についていくつかの疑問提起した体の形は非常に似ているが(長い首、長い尾、巨大なゾウのような体)、すべてが同じ時間と同様環境存在するために、彼らは非常に異な摂食戦略を持っていると想定されている。 ただし恐竜たちは川辺生活していたとはいえ決し一日の殆どを水中過ごしていたのではなかった。これは現生のゾウ・サイとカバ・ワニの分布照らし合せる分かるモリソン層豊かな環境多数獣脚類共存させており、彼らは多少なりとも餌を巡る生存競争起きていた。

※この「化石」の解説は、「モリソン累層」の解説の一部です。
「化石」を含む「モリソン累層」の記事については、「モリソン累層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 09:39 UTC 版)

エクイジュブス」の記事における「化石」の解説

ホロタイプ標本IVPP V12534は完全な頭骨関節状態の下顎部分的な体の骨により構成されている。体の化石には9個の頸椎16個の胴椎6つ仙椎含まれている。化石は中国甘粛省の馬鬃山新民堡層群en)の河湖両成堆積物から発見された。

※この「化石」の解説は、「エクイジュブス」の解説の一部です。
「化石」を含む「エクイジュブス」の記事については、「エクイジュブス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 13:33 UTC 版)

メッセル採掘場」の記事における「化石」の解説

メッセル採掘場は、これまでに発見され始新世植物相・動物相痕跡の中で、最も良好な保存状態示しており、多数完全な骨格、種によっては羽毛皮膚の痕跡さえみつかる。メッセル見つかった化石の一部簡略にまとめると以下の通りである。 様々な魚類の化石10000点以上 水棲や陸棲昆虫の化石数千点。中にはくっきりと色が残っているものもある。 小型のウマ大型のネズミ霊長類オポッサムアルマジロ仲間ツチブタ仲間コウモリなどを含む小型哺乳類 特に捕食性などの多くの鳥類 ワニカエルカメサンショウウオなどの爬虫類両生類 椰子果実花粉樹木クルミブドウなどのはっきりとした植物の残骸31点以上

※この「化石」の解説は、「メッセル採掘場」の解説の一部です。
「化石」を含む「メッセル採掘場」の記事については、「メッセル採掘場」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 01:13 UTC 版)

マチカネワニ」の記事における「化石」の解説

計測された値は、頭蓋骨長さ上顎骨縫合先端後頭顆後端間の長さ)1050 mm頭蓋骨の幅(左右方頬骨外側部の最大幅491 mm、第1脊椎骨先端から第29脊椎骨後端までの長さは2850 mm前後であり、尾椎推定4000 mmだったため、発掘当時は全長8 m推定されていたが、その後7 m弱であろう修正された。左肋骨多数右前足、左後足、恥骨尾骨大部分欠損しているが、ほぼ完全な骨格化石だといえる化石骨発掘後の風化により著しく脆くなり、発掘直後に茶褐色呈していたが、次第変色し淡褐色となったとされるまた、地層中には北西-南東方向数本断層があってその影響でかなり破損していた。 タイプ標本である全身化石は大阪大学総合学術博物館保存・展示されているが、レプリカ標本は以下の施設でも展示されている。 大阪市立自然史博物館大阪府豊中市立文芸術センター大阪府北海道大学総合博物館北海道東京大学総合研究博物館 JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」(東京都豊橋市自然史博物館愛知県北九州市立いのちのたび博物館福岡県御船町恐竜博物館熊本県

※この「化石」の解説は、「マチカネワニ」の解説の一部です。
「化石」を含む「マチカネワニ」の記事については、「マチカネワニ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 08:05 UTC 版)

エンコテウティス」の記事における「化石」の解説

タイプ種E. melanaeのタイプ標本(甲)はカンザス州ニオブララ累層から知られており、保存された化石の長さは21.5cmほどである。タイプ標本の甲はスペード状の幅広い部分patella)のみが保存されており、細長く針状になっている部分free median field)は欠けているその他にオーストラリアクイーンズランド州アメリカ合衆国サウスダコタ州ノースダコタ州コロラド州ワイオミング州カナダマニトバ州ブリティッシュコロンビア州から、アルビアンからカンパニアン範囲知られる大型の軟体動物あるため軟体部保存されておらず不明

※この「化石」の解説は、「エンコテウティス」の解説の一部です。
「化石」を含む「エンコテウティス」の記事については、「エンコテウティス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 23:03 UTC 版)

クルマガイ属」の記事における「化石」の解説

岐阜県中新世中期瑞浪層群からArchitectonica osawanoensis、千葉県更新世中期下総層群からはArchitectonica yokoyamaiの化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「クルマガイ属」の解説の一部です。
「化石」を含む「クルマガイ属」の記事については、「クルマガイ属」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 13:41 UTC 版)

佐久層」の記事における「化石」の解説

佐久層では泥岩中に石灰質ノジュール多く見られアンモナイトイノセラムス類が多産する。佐久層から産出するイノセラムス類ではInoceramus hobetsensis、I. ginterensis、I. pennatulusがある。アンモナイトではNeophylloceras subramosumや、Muramotoceras ezoense、Tetragonites glabrus、Gaudryceras denseplicatum、Eubostrycoceras japonicum、Scalarites scaralis、Mesopuzosia pacificaなどが産出する植物の花粉胞子内訳は裸子植物被子植物シダ植物顕著に上回っており、シダ類フサシダ科裸子植物中生代針葉樹類が優勢であるまた、被子植物花粉はTricolpate型が大部分占め一方、より新しい形態であるPorate型も産出するこうした植物相同時代シベリア地層共通している。

※この「化石」の解説は、「佐久層」の解説の一部です。
「化石」を含む「佐久層」の記事については、「佐久層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 10:20 UTC 版)

円石藻」の記事における「化石」の解説

円石藻研究1800年代エーレンベルクハクスリーにまで遡るが、これらはいずれも化石や堆積物としての円石対象したものであった円石は低マグネシウム含有性の炭酸カルシウムであり、化石化しやすい円石藻が死ぬと円石沈降してゆくが、大部分円石海底到達する前に溶解してしまう。円石堆積物として大量に集積する為には、動物プランクトンなどに捕食されて糞として固められるいわゆる fecal pellet となる)必要がある沈降した円石年月を経て石灰岩となり、ドーバー海峡見られるような白亜、つまり天然チョーク露頭を示す円石藻の化石は三畳紀から現代に至る各層から発見されている。円石藻が最も栄えたのはジュラ紀から白亜紀にかけてであるが、恐竜類絶滅したK-T境界において、円石藻もその8割の種が失われたと言われている。新生代にはディスコアスター(Discoaster)と呼ばれる放射総称円石を持つ円石藻栄えたが、個々の円石発見されるもののコッコスフィアを維持している例は無く円石藻とは全く別の生物由来する可能性残っている

※この「化石」の解説は、「円石藻」の解説の一部です。
「化石」を含む「円石藻」の記事については、「円石藻」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:46 UTC 版)

ベニエガイ」の記事における「化石」の解説

三浦半島諸磯の完新世地層から化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「ベニエガイ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ベニエガイ」の記事については、「ベニエガイ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 14:54 UTC 版)

ロウリンハノサウルス」の記事における「化石」の解説

L. antunesiの現在までに発見されている最良の標本部分骨格である。ホロタイプML 370は6個の頸肋骨を伴う頸椎、5個の仙椎付随する肋骨14個の尾椎、8個の血道弓両側の大腿骨、右の脛骨腓骨、1個の中足骨、2個の腸骨両側の恥骨坐骨、および32個の付随した胃石構成されるPorto das Barcas(ロウリニャン層(英語版)に属すジュラ紀後期地層)で発見された1個の大腿骨(ML 555)がL. antunesiのものであるとされているこれらの標本に加えて1993年にはPraia de Paimogo近郊一部胚の骨が含まれる100個ほどの卵の化石(ML 565標本)が発見され直ちL. antunesiのものとされている骨格標本卵化石標本ともロウリニャン博物館英語版)で展示されている。

※この「化石」の解説は、「ロウリンハノサウルス」の解説の一部です。
「化石」を含む「ロウリンハノサウルス」の記事については、「ロウリンハノサウルス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 17:20 UTC 版)

ウミユリ」の記事における「化石」の解説

ウミユリの化石が多く見つかるのは、約2億5000万年前の地層である。最古の化石が見つかるのはバージェス頁岩の中なので、カンブリア爆発時に出現した考えられている。ウミユリの体は脆弱であり、全体に骨格小さな節に分かれているので、それらがばらばらになり、全形とどめないことが多い。ばらばらの節だけが堆積した石灰岩見られる生息数も多いようで日本からもたくさんの化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「ウミユリ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ウミユリ」の記事については、「ウミユリ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 08:40 UTC 版)

プラテカルプス」の記事における「化石」の解説

プラテカルプスの様々な骨格カンザス州にある白亜紀堆積層から発見されているが、完全な頭骨はたった1つしか発見されていないプラテカルプスの化石はスモーキーヒルチョーク後期コニアシアンから前期カンパニアン岩石から産出している。

※この「化石」の解説は、「プラテカルプス」の解説の一部です。
「化石」を含む「プラテカルプス」の記事については、「プラテカルプス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 08:39 UTC 版)

ステラーカイギュウ」の記事における「化石」の解説

日本でも北海道東北地方から、寒冷適応型のカイギュウ類の化石が、のべ30体ほど発見されており、その中にはステラーカイギュウ祖先に当たると思われる同属のピリカカイギュウや、ステラーカイギュウそのものの化石であるキタヒロシマカイギュウ(ステラーカイギュウ北広島標本)が含まれている。 北海道北広島市発見されステラーカイギュウ北広島標本は、北広島市中央公民館北海道開拓記念館展示されている。この化石は、唯一のステラーカイギュウ化石と言われていたが、後に房総半島千葉県)でもステラーカイギュウの化石が発見されている。 また、2007年5月東京都狛江市流れ多摩川河床の約120万年前の地層から発見され大型カイギュウ類の全身骨格化石は、祖先種からステラーカイギュウ進化する途中新種見られている。この化石は、あごから尾まで全身100以上の骨がほぼそろっており、幼獣ながら全長5 - 6メートル推定される肋骨左右に20個ずつあり、ステラーカイギュウより1個多く、その祖先種より1個少なことから進化の過程で肋骨減らしつつあった中間種とみられる

※この「化石」の解説は、「ステラーカイギュウ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ステラーカイギュウ」の記事については、「ステラーカイギュウ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 01:35 UTC 版)

阿内層」の記事における「化石」の解説

動物化石は未報告であるが、浅内棲型泥食者生痕化石Phycosiphon cf. incertumが報告されている。 植物化石は、ザミテス(英語版)、プチロフィルム(英語版)、ニルソニア(英語版)など後期ジュラ紀南方領石植物群と共通ないし類似したタクサ優占し、ギンゴイテス、ディクチオザミテス(英語版)などの北方の石徹白型植物群と類似したタクサを伴う。 1987年木村・大花によって記載ないし受け入れられた旧歌野層および旧西中山層分布域から産する歌野植物群(3370種)は、阿内層属するもので阿内植物群と称される植物群の年代カロビアン期中頃 - 前期キンメリッジアン期とされている福井県東部に分布する九頭竜層群貝皿層から後期バトニアン期後半 - 前期カロビアン期を示すアンモナイト共産するとされる植物化石産出し貝皿植物群と呼ばれているが、本植物群は阿内植物群とは特徴を異にする。その要因は,Kimura and Ohana (1987)の歌野植物群(現在の阿内植物群)を産出する層準貝皿植物群よりも新しく年代的ギャップ前期カロビアン期以降の急激な気候変動にあるとみなされている。

※この「化石」の解説は、「阿内層」の解説の一部です。
「化石」を含む「阿内層」の記事については、「阿内層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 21:53 UTC 版)

箒虫動物」の記事における「化石」の解説

箒虫動物固い構造持たないため、明確な化石は発見されていないものの、デボン紀以降の地層巣穴と思われる生痕化石見つかっている。またカンブリア紀のIotuba chengjiangensisの化石は、U字型消化管触手を持つため、箒虫動物1種であると主張されている。ほかに、シルル紀からデボン紀地層見つかり、Hederelloideaと呼ばれている管状の化石は、コケムシ類と考えられいたものの、箒虫動物であることが示唆されている。

※この「化石」の解説は、「箒虫動物」の解説の一部です。
「化石」を含む「箒虫動物」の記事については、「箒虫動物」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 05:12 UTC 版)

キサゴ」の記事における「化石」の解説

日本各地キサゴ類の化石が見つかっているが、Umbonium costatumの化石は約150万年前の更新世地層見られ、化石が生息していた環境は、内湾浅海であることが分かる。本種の祖先は約400万年前の鮮新世のUmbonium obsoletumであると考えられ進化の過程でより低温海水耐えられるようになり、暖海から比較高緯度へ、外洋面した海岸から内湾へと生息域広げていった。

※この「化石」の解説は、「キサゴ」の解説の一部です。
「化石」を含む「キサゴ」の記事については、「キサゴ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 20:24 UTC 版)

多板綱」の記事における「化石」の解説

この類の化石はオルドビス紀から知られる。これは殻の特徴から現在のもの異なる古ヒザラガイ類と言われこの類白亜紀まで生存したらしい。現在の群と同じ新ヒザラガイ類の化石は石炭紀以降から知られている。なお、殻がバラバラの状態で発見されるため、その正体について議論がある例もある。 また、古生代には7の殻をもつ類似の動物があり、Heptaplacotaと呼ばれる

※この「化石」の解説は、「多板綱」の解説の一部です。
「化石」を含む「多板綱」の記事については、「多板綱」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 06:32 UTC 版)

イレンダバス層」の記事における「化石」の解説

イレンダバス層恐竜化石富んでおり数多くの種が記載されている一方で哺乳類化石は極端に少ない。イレンダバス層バインシレ層化石分類群が非常に類似しており、特にテリジノサウルス類・ティラノサウルス上科オヴィラプトロサウルス類カメ共通するFunston et al. 2019 では異な成長段階にある数多く個体を含むアヴィミムス科の新しボーンベッド記載されたが、新属新種であることを確かめ標徴形質不足している。デイノニコサウルス類(英語版)はあまり見られないが、サウロルニトイデス同程度大きさをしたトロオドン科恐竜が、3つの単離した同定の化石から知られている

※この「化石」の解説は、「イレンダバス層」の解説の一部です。
「化石」を含む「イレンダバス層」の記事については、「イレンダバス層」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:09 UTC 版)

アンブロケトゥス」の記事における「化石」の解説

最初の化石は、パキスタン北部パンジャーブ州のカーラ・チッタ丘陵 (Kala Chitta Hills) にて1992年1月、ノースイースタン・オハイオ大学医学部所属人類学者ハンス・テーヴィスン (J.G.M.Hans Thewissen) 率い調査隊によって発見された(外部資料:)。1996年記載。約5000万年前に由来の岩の中で眠っていたアンブロケトゥス・ナタンス骨格化石は、80%というほぼ完全な態で採り出されている。そうして当該標本は、それ自体存在意義とともに発見され骨格の保存状態良さによっても有名なものとなったこれらの岩は正確な年代測定困難な種類のものであり、その点で生息年代不確定要素を含む。しかし、パキケトゥス科発見される層よりは上層120m差)に位置することは明らかである全ての化石はパキスタン北部インド西部見つかっている。この動物生きていた頃、それらはテティス海接している沿岸地域であった

※この「化石」の解説は、「アンブロケトゥス」の解説の一部です。
「化石」を含む「アンブロケトゥス」の記事については、「アンブロケトゥス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 15:46 UTC 版)

セキトリハナガイ」の記事における「化石」の解説

米国東岸メリーランド州カルバート層から中新世の化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「セキトリハナガイ」の解説の一部です。
「化石」を含む「セキトリハナガイ」の記事については、「セキトリハナガイ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 22:04 UTC 版)

梁川町」の記事における「化石」の解説

町中央部を流れ広瀬川河床で、約2000万年前のほ乳類パレオパラドキシアの化石が発掘された。前足以外はほぼ全身骨格そろっている貴重な化石である。実物福島県立博物館収蔵梁川町商店街にあるショッピングモールパレオ」は、パレオパラドキシアの名前にちなんでいる。 2006年平成18年9月地域中心的なスーパーマーケットであったヨークベニマル梁川店の大幅な改装に伴いショッピングモールパレオ」は解散した

※この「化石」の解説は、「梁川町」の解説の一部です。
「化石」を含む「梁川町」の記事については、「梁川町」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 23:46 UTC 版)

シダズーン」の記事における「化石」の解説

中国雲南省玉渓市澂江県発見され1999年3月記載同年8月、舒徳干(Shu Degan)らによってシダズーン属が記載された。 体は二つ構造分かれている。体の前方(頭部)にはのような5つ構造を持つ。体の後方(尾部)は魚類のようだが、7つ体節分かれている。頭部脊索動物近く尾部節足動物に近い姿をしている。

※この「化石」の解説は、「シダズーン」の解説の一部です。
「化石」を含む「シダズーン」の記事については、「シダズーン」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 00:35 UTC 版)

エヴァンジェリン姫シリーズ」の記事における「化石」の解説

故郷の人々」に登場。エッセンシュタイン山中発見され古代生物の化石。恐竜だと信じて名物にしようと企んだが、残念ながら正体トカゲだった。

※この「化石」の解説は、「エヴァンジェリン姫シリーズ」の解説の一部です。
「化石」を含む「エヴァンジェリン姫シリーズ」の記事については、「エヴァンジェリン姫シリーズ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 07:43 UTC 版)

オファコルス」の記事における「化石」の解説

オファコルスの化石標本は、古生代シルル紀(約4億2,500万年前に当たるイギリスヘレフォードシャー保存堆積地(Herefordshire Konservat-Lagerstätte)のみから発見される。この堆積累層見つかった古生物の化石は火山灰由来ベントナイト覆われる方解石の中で立体的に保存され通常の処理方法では解析不可能であるため、代わりにその断面をひとずつ撮影することによって得られる無数の写真3Dモデリング積み重ねて立体的な姿を解明させる。その中でオファコルスは最も普遍見られる属であり、2019年時点では833点の化石標本知られている

※この「化石」の解説は、「オファコルス」の解説の一部です。
「化石」を含む「オファコルス」の記事については、「オファコルス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:37 UTC 版)

ハナガイ」の記事における「化石」の解説

富山県石川県鮮新世(Pliocene)の地層渥美半島更新世(Pleistocene)の地層から化石が見つかっている。本種は温暖な海に棲むであることから、地層堆積した時代の海は比較温暖であった推定される

※この「化石」の解説は、「ハナガイ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ハナガイ」の記事については、「ハナガイ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 08:30 UTC 版)

ジャイアントペンギン」の記事における「化石」の解説

模式標本の上腕骨、それと同個体と思われる烏口骨中手骨ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ保管されている。また、この種推定されている上腕骨化石がニュージーランドオタゴ博物館保管されている。

※この「化石」の解説は、「ジャイアントペンギン」の解説の一部です。
「化石」を含む「ジャイアントペンギン」の記事については、「ジャイアントペンギン」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 00:00 UTC 版)

貝虫」の記事における「化石」の解説

貝虫類の化石は微化石として多産し、確定的な最古のものは古生代オルドビス紀(約4億5,000万年前)まで遡る。かつて、カンブリア紀(約5億年前)に生息したブラドリア類(ブラドリア、クンミンゲラなど)は二枚貝状の殻の類似から、古典的に最古級の貝虫類解釈されたが、後に明らかに別系統な(貝虫類どころか甲殻類すらない本体構造判明し貝虫類として認められなくなっている。 ポドコパは殻が発達しているために化石も多く微化石としてよく研究され、現在知られている化石種の数は、現生種を大きく上回る個体密度高かったため、しばしば化石が石灰岩地層形成する。ただし、ウミホタルに代表されるミオドコパの殻は柔らかいため、化石は少ない。

※この「化石」の解説は、「貝虫」の解説の一部です。
「化石」を含む「貝虫」の記事については、「貝虫」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 21:35 UTC 版)

ヒラフネガイ」の記事における「化石」の解説

渥美半島更新世地層や、名古屋市完新世地層などから化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「ヒラフネガイ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ヒラフネガイ」の記事については、「ヒラフネガイ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 08:54 UTC 版)

サン・ジョルジョ山」の記事における「化石」の解説

化石を含む岩石は、スイスサン・ジョルジョ山だけでなく、地層上は繋がっているイタリア領内ベザーノ一帯でも産出している。三畳紀には、この地域は亜熱帯気候で、水深数mのラグーンがあり、部分的に暗礁によって外洋分けられていた。 山の地層眠っていた化石群は、19世紀には既に発見されていた。後に行われたチューリヒ大学ミラノ大学による調査が、全くもって例外的な産地であるこを示すことになった。 現在までに、10,000以上の化石標本見つかっている。内訳は30種の爬虫類大半は海棲で、生存時の全長6mと推測されるものもある)、80種の魚類、約100種の無脊椎動物希少種昆虫を含む)、無数のミクロ化石などである。これらには海洋起源を持つ生物生態証言というだけでなく、ラグーン陸地接していたことから陸棲生物標本含まれている。 いくつかの化石はこの地域で最初に発見され他に例のないものであり、セルピアーノ (Serpiano)、メリデ、チェレージオ(Ceresio、ルガーノ湖異称)などの地元地名が、学名にも盛り込まれている。例えば、Daonella Serpianensis、Serpianosaurus mirigiolensis、Tanystropheus meridensis、Ceresiosaurus といった具合である。こうした点について特に興味がある人にとっては、メリデ博物館有益である

※この「化石」の解説は、「サン・ジョルジョ山」の解説の一部です。
「化石」を含む「サン・ジョルジョ山」の記事については、「サン・ジョルジョ山」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 03:47 UTC 版)

甲殻類」の記事における「化石」の解説

甲殻類の節動物は、約5億年前の古生代カンブリア紀から既に出現したと考えられる現存高次分類群(綱と亜綱)の化石記録の中で鰓脚類軟甲類シタムシ類はカンブリア紀貝虫類オルドビス紀鞘甲類ムカデエビ類シルル紀まで遡れる。貝虫類は殻が微化石としてよく産出し予想される最多の種数現生種(約2)より化石種(約3 - 5万5,000種)の方が多いほどである。一方カイアシ類最古カンブリア紀化石記録断片的のため確実でなく(確定的な全身化石は白亜紀最古)、ヒゲエビ類・鰓尾類カシラエビ類確定的な化石は未だに発見されていない

※この「化石」の解説は、「甲殻類」の解説の一部です。
「化石」を含む「甲殻類」の記事については、「甲殻類」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 10:10 UTC 版)

メラノソーム」の記事における「化石」の解説

2008年中国古生物学者である徐星によって、ジュラ紀から後期第三紀地層化石化した羽毛発見された。この羽に含まれる炭素残渣は、羽毛分解したバクテリア活動の跡だと考えられていたが、実は化石化したメラノソーム微細な有機的痕跡であると判明した中には羽毛毛皮組織見られる構造色維持しているものもあった。これらの微細構造をさらに調べることで、化石化した柔組織元の色、質感明らかになる推測されるイェール大学のデレク・ブリッグズ(英語版)によると、「羽毛化石の微細構造発見されということは他の柔組織毛皮内臓などの特徴さえも調査できる可能性出てきたということだとのこと北京自然博物館により、メラノソームアンキオルニス化石の真の色の発見用いられた。

※この「化石」の解説は、「メラノソーム」の解説の一部です。
「化石」を含む「メラノソーム」の記事については、「メラノソーム」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 17:47 UTC 版)

ウタウロラ」の記事における「化石」の解説

ウタウロラの化石標本はアメリカユタ州の堆積累層 Wheeler ShaleWheeler Formation とも、古生代カンブリア紀ドラミアン期)から産出し2022年時点ではカンザス大学所蔵しているウタウロラ・コモサの模式標本ホロタイプ)KUMIP 314087 のみ知られている。この化石標本はほぼ全身側面保存されているが、頭部側の産状悪く、眼・吻・口など特徴不明瞭である

※この「化石」の解説は、「ウタウロラ」の解説の一部です。
「化石」を含む「ウタウロラ」の記事については、「ウタウロラ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:48 UTC 版)

パウキポディア」の記事における「化石」の解説

パウキポディアの化石標本は、中国雲南省古生代カンブリア紀第三期(約5億1,800年前に当たる堆積累層、すなわち澄江動物群知られる Maotianshan shale海口市馬坊近くAnshan section のみから発見される消化管の内容物立体的に保存され場合はあるが、その成分立体内容物の化石において一般的なリン酸塩由来のものではなく、むしろ白雲母と石英がほとんどで、リン酸塩1%満たさない。同じ生息地ミクロディクティオンに似てパウキポディアの化石標本エルドニアと共に保存され場合が多い。 パウキポディアの化石標本のうち、Chen et al. 1995記載されたものは中国科学院南京地質古生物研究所Nanjing Institute of Geology & Palaeontology)、 Hou et al. 2004記載されたものは雲南大学澄江動物群研究機関所蔵される。

※この「化石」の解説は、「パウキポディア」の解説の一部です。
「化石」を含む「パウキポディア」の記事については、「パウキポディア」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 12:43 UTC 版)

珪藻」の記事における「化石」の解説

被殻はその材質から堆積物中で残存しやすく、微化石として大量に出土する珪藻被殻がその大半を占める堆積物珪藻土呼ばれる珪藻の化石として最古のものは、ドイツ北部1億8500年前地層り発見されたものとされている化石化しやすい珪藻であるが、白亜紀以前のもの黄鉄鉱オパールなどで置換されている場合多く珪藻であった事が分からなくなっているものもある。

※この「化石」の解説は、「珪藻」の解説の一部です。
「化石」を含む「珪藻」の記事については、「珪藻」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:46 UTC 版)

ルオリシャニア」の記事における「化石」の解説

ルオリシャニアの化石標本は、中国雲南省古生代カンブリア紀第三期(約5億1,800年前に当たる堆積累層、すなわち澄江動物群知られる Maotianshan shale海口市の Jianshan section(「ミラルオリシャニア」として区別され標本後述参照)のみから発見される全ての化石標本は、雲南大学Yunnan University)の雲南省古生物研究重点研究室Yunnan Key Laboratory for Palaeobiology)に所蔵される。

※この「化石」の解説は、「ルオリシャニア」の解説の一部です。
「化石」を含む「ルオリシャニア」の記事については、「ルオリシャニア」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:22 UTC 版)

ハリエステス」の記事における「化石」の解説

ハリエステスの化石標本は、シルル紀堆積累層に当たるイギリス化石産地ヘレフォードシャー保存堆積地」(Herefordshire Konservat-Lagerstätte、ヘレフォードシャー・コンサーヴァト・ラーガーシュテット)のみから発見される。この化石産地からは、火山灰由来ベントナイト覆われる方解石の中で良好に保存され小動物の化石が少なからぬ発見されるこれらの化石は通常の処理方法では解析不可能であり20µm(=0.02mm)ずつ切除してはその断面撮影しそれによって得られ100枚以上の写真積み重ねて中身古生物の姿を3Dモデリング復元されるハリエステスその一例であり、ほぼ完全で唯一の化石標本 OUM C.29571 のみによって知られている

※この「化石」の解説は、「ハリエステス」の解説の一部です。
「化石」を含む「ハリエステス」の記事については、「ハリエステス」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 06:11 UTC 版)

ウミグモ綱」の記事における「化石」の解説

現生種の普遍性に反して、化石ウミグモ類発見は非常に稀である。特に中生代以降の化石記録は、長い間欠けていた。ただし現生に比べると、古生代ウミグモ類体制的多様で、これは主に腹部構造明瞭に表れる

※この「化石」の解説は、「ウミグモ綱」の解説の一部です。
「化石」を含む「ウミグモ綱」の記事については、「ウミグモ綱」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 07:09 UTC 版)

ウィワクシア」の記事における「化石」の解説

化石は、カナダブリティッシュコロンビア州バージェス頁岩累層(約5億50万年前カンブリア紀中期〈ミドルカンブリアン〉中盤])と、中国貴州省剣河県黔東南ミャオ族トン族自治州凱里市凱里累層en。約5億1,300- 約5億100万年前カンブリア紀中期〈ミドルカンブリアン〉初頭- 中盤])から発見されている。

※この「化石」の解説は、「ウィワクシア」の解説の一部です。
「化石」を含む「ウィワクシア」の記事については、「ウィワクシア」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 21:44 UTC 版)

チュブ州」の記事における「化石」の解説

2011年チュブ州発見され2017年命名されパタゴティタン白亜紀生息していた草食恐竜)の化石は、体長37mに及び世界最大級恐竜でもある

※この「化石」の解説は、「チュブ州」の解説の一部です。
「化石」を含む「チュブ州」の記事については、「チュブ州」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 03:01 UTC 版)

コシダカガンガラ」の記事における「化石」の解説

愛知県中部更新渥美層群(約40万年前)や、千葉県木更津市下総層群上泉層(約20万年前;いずれも更新世)などから化石が見つかっている。

※この「化石」の解説は、「コシダカガンガラ」の解説の一部です。
「化石」を含む「コシダカガンガラ」の記事については、「コシダカガンガラ」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:51 UTC 版)

キルヒフンデム」の記事における「化石」の解説

キルヒフンデム市域で、数多く組織デボン紀の化石を発掘している: 三葉虫腕足動物二枚貝ウミユリ仲間出土している。 発掘され三葉虫は、ファコピダ目(ドイツ語版英語版)に属す

※この「化石」の解説は、「キルヒフンデム」の解説の一部です。
「化石」を含む「キルヒフンデム」の記事については、「キルヒフンデム」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 14:22 UTC 版)

外肛動物」の記事における「化石」の解説

外肛動物の化石はオルドビス紀初期以降の地層から発見されている。オルドビス紀海底生態系の中で主要なものの1つで、現代外肛動物と同じように堆積物固定化深海底での食物源として重要な役割果たしていた。3億5400万年から3億2300万年前のミシシッピ紀には、外肛動物外骨格はほとんどの石灰岩の元になっている。これまでに1000以上の外肛動物の化石が見つかっている。カンブリア紀外肛動物存在していたと思われるが、骨格軟らかかったかその他の理由で化石が残っていない。 外肛動物の化石の多く鉱物質骨格である。個虫骨格管状のものから箱状のものまで様々な形であるが、繊毛で餌を取り込むための開口ついている。オルオビス紀の外肛動物の化石のほとんどには穴が開いているのは見られないが、個虫同士上皮細胞つながれていた証拠見つかっている。 外肛動物進化上の最も大きな出来事1つは、石灰質骨格の獲得触手構造変化である。固い外骨格獲得することによって個虫同士はより接近することが可能となり、群体としての進化始まった。 なお、化石が得られるのは裸喉綱のみであり、掩喉綱の化石は発見されことがない

※この「化石」の解説は、「外肛動物」の解説の一部です。
「化石」を含む「外肛動物」の記事については、「外肛動物」の概要を参照ください。


化石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 07:58 UTC 版)

サロトロセルクス」の記事における「化石」の解説

サロトロセルクス希少な化石節足動物であり、カナダブリティッシュコロンビア州のバージェス頁岩バージェス動物群カンブリア紀ウリューアン期、約5億1,000 - 5億500万年前)で見つかった7つの化石標本のみによって知られている原記載では9つとされるが、そのうちの2対(UNSM 144890 と 272171、272143 と 275539)は同一標本片割れである)。ほとんどは背面の外骨格背甲背板)のみ顕著に見られ腹面構造眼・付属肢など)はごく一部の化石標本局部のみ発見される。化石標本アメリカ国立自然史博物館National Museum of Natural History)に所蔵される。

※この「化石」の解説は、「サロトロセルクス」の解説の一部です。
「化石」を含む「サロトロセルクス」の記事については、「サロトロセルクス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「化石」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

化石

出典:『Wiktionary』 (2021/09/18 02:28 UTC 版)

発音(?)

か↗せき

名詞

(かせき)

  1. (地質学) 地質時代生息していた生物もしくはその活動痕跡多くは古い地層の中の堆積岩において発見される
  2. 考え方などが)古めかしく凝り固まって前時代的ありさま

派生語

翻訳

動詞

-する(かせき-する

  1. (自動詞) 石のように固まって動かなくなる石化する。主に比喩的に用いる。

活用


「化石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「化石」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの頭索動物 (改訂履歴)、フンスリュック粘板岩 (改訂履歴)、西中山層 (改訂履歴)、カコボラ (改訂履歴)、ワプティア (改訂履歴)、歌野層 (改訂履歴)、清末層 (改訂履歴)、ヤツシロガイ (改訂履歴)、ヌミドテリウム科 (改訂履歴)、レミングトノケトゥス (改訂履歴)、鰓曳動物 (改訂履歴)、ポケットモンスターのアイテム一覧 (改訂履歴)、フデイシ (改訂履歴)、ケバエ (改訂履歴)、ストラーン (改訂履歴)、ジェホロプテルス (改訂履歴)、アレトペルタ (改訂履歴)、来馬層群 (改訂履歴)、パキケトゥス科 (改訂履歴)、デナリ国立公園 (改訂履歴)、カナダヅル (改訂履歴)、レイシガイ属 (改訂履歴)、モリソン累層 (改訂履歴)、エクイジュブス (改訂履歴)、メッセル採掘場 (改訂履歴)、マチカネワニ (改訂履歴)、エンコテウティス (改訂履歴)、クルマガイ属 (改訂履歴)、佐久層 (改訂履歴)、円石藻 (改訂履歴)、ベニエガイ (改訂履歴)、ロウリンハノサウルス (改訂履歴)、ウミユリ (改訂履歴)、プラテカルプス (改訂履歴)、ステラーカイギュウ (改訂履歴)、阿内層 (改訂履歴)、箒虫動物 (改訂履歴)、キサゴ (改訂履歴)、多板綱 (改訂履歴)、イレンダバス層 (改訂履歴)、アンブロケトゥス (改訂履歴)、セキトリハナガイ (改訂履歴)、梁川町 (改訂履歴)、シダズーン (改訂履歴)、エヴァンジェリン姫シリーズ (改訂履歴)、オファコルス (改訂履歴)、ハナガイ (改訂履歴)、ジャイアントペンギン (改訂履歴)、貝虫 (改訂履歴)、ヒラフネガイ (改訂履歴)、サン・ジョルジョ山 (改訂履歴)、甲殻類 (改訂履歴)、メラノソーム (改訂履歴)、ウタウロラ (改訂履歴)、パウキポディア (改訂履歴)、珪藻 (改訂履歴)、ルオリシャニア (改訂履歴)、ハリエステス (改訂履歴)、ウミグモ綱 (改訂履歴)、ウィワクシア (改訂履歴)、チュブ州 (改訂履歴)、コシダカガンガラ (改訂履歴)、キルヒフンデム (改訂履歴)、外肛動物 (改訂履歴)、サロトロセルクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS