1500とは? わかりやすく解説

1500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:18 UTC 版)

1500千五百、せんごひゃく)は自然数、また整数において、1499の次で1501の前の数である。




「1500」の続きの解説一覧

1500(1974-1981年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 23:09 UTC 版)

トライアンフ・スピットファイア」の記事における「1500(1974-1981年)」の解説

1500はスピットファイア最終発展型として1973年秋に米国向け1974年モデルとして登場英国でも1975年以降は1500が販売された。1500ccへの拡大排気ガス対策による性能低下を防ぐためであったが、確かにトルク増強されたが、このエンジンクランクシャフトメインベアリングが3ベアリングのままだったため、1300ccよりラフで故障多かった米国向け輸出仕様車(日本にもこの仕様が輸入された)では、排気ガス対策と低オクタン価無鉛ガソリン使用のため圧縮比が7.5:1(本国仕様8.0:1)に落とされ最高出力53馬力極端に低下し英国仕様72馬力/5500rpm)、0-60マイル加速には14.3秒を要したまた、安全基準要求するヘッドライト高を出すため、米国仕様車ではスプリング伸ばされ車高高くしていたため操縦性悪化していた。バンパー当初はオーバーライダーを大きくしていただけであったが、1979年以降は黒いプラスチック製バンパー装着された。 一方細部小刻みに改善されヘッドレスト付きリクライニングシート、ウッドパネル張りダッシュボード電動ウインドウオッシャーやハザードランプ時代要求に合わせて装備された。その反面、ワイヤホイールはオプションリストから外された。 トライアンフ社のコヴェントリー市内にあるカンリー工場閉鎖される直前1980年8月、インカイエローに塗られハードトップ付き英国仕様スピットファイア1500がラインオフした。それが95,829台目の1500であり、最後のスピットファイアであった。この当時アメリカで価格は5,995USドルイギリスでは3631UKポンドであった

※この「1500(1974-1981年)」の解説は、「トライアンフ・スピットファイア」の解説の一部です。
「1500(1974-1981年)」を含む「トライアンフ・スピットファイア」の記事については、「トライアンフ・スピットファイア」の概要を参照ください。


1 - 500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 18:40 UTC 版)

国鉄UR4形コンテナ」の記事における「1 - 500」の解説

1987年より製造されたL字二方開き冷蔵コンテナ日本石油輸送所有総重量6.8t。

※この「1 - 500」の解説は、「国鉄UR4形コンテナ」の解説の一部です。
「1 - 500」を含む「国鉄UR4形コンテナ」の記事については、「国鉄UR4形コンテナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1500」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1500」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1500」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の投資基準とされる売上高純利益率とは

    株式の投資基準とされる売上高純利益率とは、企業の売上高の純利益の割合をパーセンテージで表したものです。売上高純利益率は、次の計算式で求めることができます。売上高純利益率=純利益÷売上高×100売上高純...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1500のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1500のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1500 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトライアンフ・スピットファイア (改訂履歴)、国鉄UR4形コンテナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS