登場とは?

とう‐じょう〔‐ヂヤウ〕【登場】

[名](スル)

演技者として舞台などに現れること。「上手(かみて)から登場する」「真打ち登場」⇔退場

小説戯曲などに、ある役をもって現れること。「登場人物

ある事柄関係者として表面に出ること。「汚職事件第三人物として登場する」

新し人物製品などが世間現れ出ること。「新型車の登場」


と‐じょう〔‐ヂヤウ〕【登場】

[名](スル)とうじょう(登場)


とう‐じょう ‥ヂャウ 【登場】

〔名〕

① 劇の舞台や、戯曲小説などに人物現われること。とじょう

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「戯台に出る演習として、二時の間、その父より厳課を受たる後は、〈略〉その登場の時、軽快翻転妙を得るは」〔紅楼夢第一回〕

② ある場面事件などに人物現われること。とじょう

自由学校(1950)〈獅子文六触手また、これから続々と登場するかも知れない男性の」

新し製品制度などが世間現われること。とじょう

現代経済考える(1973)〈伊東光晴〉 I.「また同じ戦後傾向として、利潤分配制度も登場した」


と‐じょう ‥ヂャウ 【登場】

〔名〕 =とうじょう(登場)


登場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 06:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「登場」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「登場」を含むページの一覧/「登場」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「登場」が役に立つかも知れません。

関連項目



登場

出典:『Wiktionary』 (2019/11/19 22:51 UTC 版)

名詞

とうじょう

  1. 舞台や、映画小説などの場面現れること。
  2. 新しい人物、新製品などが現れること。

動詞

活用

サ行変格活用
登場-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「登場」に関係したコラム

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「登場」の関連用語

登場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの登場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの登場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS