大物とは? わかりやすく解説

おお‐もの〔おほ‐〕【大物】

読み方:おおもの

大きな形のもの。また、価値のあるもの。「—を釣り上げる」⇔小物(こもの)。

その方面大きな勢力影響力をもっている人物また、器量大きい、すぐれた人物。「財界の—」「—の相」⇔小物

「大物」に似た言葉

大物

作者中原涼

収載図書笑う宇宙
出版社地人書館
刊行年月1989.2


大物

作者小竹安勘

収載図書大物
出版社文芸社
刊行年月2001.5


大物

作者ジャック・ヨーヴィル

収載図書インスマス年代記
出版社学習研究社
刊行年月2001.11
シリーズ名学研M文庫


大物

作者ミルチャ・エリアーデ

収載図書エリアーデ幻想小説全集 第1巻 1936-1955
出版社作品社
刊行年月2003.7


大物

作者舟崎克彦

収載図書宇曽保物語動物寓話集
出版社風濤
刊行年月2004.7


大物

読み方おおもの

数字にすればおそらく50cm以上のサイズを持つ大型魚や海洋哺乳類これに当たるのだろうが、たとえばナポレオンを大物ととらえるかどうかなど、定義は人それぞれ間違いのないところとしては、そうどこででも、簡単に会えるというわけではない大きな生物-イソマグロハンマーヘッドなどの大型のサメタマカイ(巨大ハタ)、マンタマンボウなどといったことになるだろう。バラクーダのような大型魚の大群”を大物と考えている人も少なくないようだ。ちなみにジンベイザメクジラといった滅多やたらには見られないものには“超”を付けることが多い。

大物

読み方:ダイモツ(daimotsu)

所在 滋賀県大津市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大物

読み方:ダイモツ(daimotsu)

所在 兵庫県(阪神電気鉄道阪神本線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大物

読み方
大物おおもの

大物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:44 UTC 版)

大物(おおもの、だいもつ、だいもち、テムル)




「大物」の続きの解説一覧

大物

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 11:22 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. おおもの参照

「大物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2022 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS