小竹とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 古称 > 小竹の意味・解説 

しょう‐ちく〔セウ‐〕【小竹】

読み方:しょうちく

小さい竹。また、笹(ささ)。

尺八古称


小竹

読み方:コチク(kochiku)

イネ科園芸植物

学名 Sasaella hortensis


小竹

読み方:ササsasa

イネ科タケササ類の小形の竹の総称


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 千葉県佐倉市


小竹

読み方:コダケ(kodake)

所在 新潟県三島郡出雲崎町


小竹

読み方:コダケ(kodake)

所在 鳥取県西伯郡大山町


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 神奈川県小田原市


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 富山県高岡市


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 富山県氷見市


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 石川県鹿島郡中能登町


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 福岡県北九州市若松区


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 福岡県古賀市


小竹

読み方:オダケ(odake)

所在 福岡県福津市


小竹

読み方:コタケ(kotake)

所在 徳島県阿波市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小竹

読み方:コタケ(kotake)

所在 福岡県(JR筑豊本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小竹

読み方
小竹おたけ
小竹おだけ
小竹こけた
小竹こたけ
小竹こだけ
小竹さたけ
小竹しの

小竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 16:13 UTC 版)

小竹(こたけ、こだけ、おたけ、おだけ、さたけ、しの、しのう)は日本の地名、姓。




「小竹」の続きの解説一覧

小竹(こたけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:35 UTC 版)

月光条例」の記事における「小竹(こたけ)」の解説

現高新聞部員で、月光やエンゲキブの同級生密かに好意を寄せるエンゲキブに接近するために行った新聞部インタビュー経て当初嫌っていた月光尊敬するようになり、桃太郎との決戦時にはイデヤ天道シンデレラ助力要請するなどの役割を果たす

※この「小竹(こたけ)」の解説は、「月光条例」の解説の一部です。
「小竹(こたけ)」を含む「月光条例」の記事については、「月光条例」の概要を参照ください。


小竹(ささ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 10:12 UTC 版)

陰陽師 (漫画)」の記事における「小竹(ささ)」の解説

貞観時代人物大宅鷹取娘。源信の家に乳母として仕えていた。伴善男らの呪詛目撃し殺されるが、呪物蟇蛙に念がとり憑いていた。

※この「小竹(ささ)」の解説は、「陰陽師 (漫画)」の解説の一部です。
「小竹(ささ)」を含む「陰陽師 (漫画)」の記事については、「陰陽師 (漫画)」の概要を参照ください。


小竹(こたけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 22:41 UTC 版)

マドモワゼル バタフライ」の記事における「小竹(こたけ)」の解説

花乃屋の先輩芸者で、蝶々には小竹姐さん呼ばれて慕われている。一度は郷里結婚決まったものの破談し、再度上京する

※この「小竹(こたけ)」の解説は、「マドモワゼル バタフライ」の解説の一部です。
「小竹(こたけ)」を含む「マドモワゼル バタフライ」の記事については、「マドモワゼル バタフライ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小竹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



小竹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月光条例 (改訂履歴)、陰陽師 (漫画) (改訂履歴)、マドモワゼル バタフライ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS