高岡市とは?

高岡市

読み方:タカオカシ(takaokashi)

所在 富山県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 00:34 UTC 版)

高岡市(たかおかし)は、富山県北西部のである[2][3]。県庁所在地である富山市に次ぐ富山県第2の都市で、県西部(呉西)の中心都市である。




注釈

  1. ^ 1月28日とする資料もある。
  2. ^ 福岡町との合併時の福岡町長。合併後の市長選挙で新しい市長が決まるまで職務執行者(市長代理)を務めた。
  3. ^ 副議長の任期は2010年12月20日まで。
  4. ^ 副議長の任期は2010年12月10日から2011年12月19日まで。
  5. ^ 副議長の任期は2011年12月19日から2012年12月17日まで。
  6. ^ 副議長の任期は2012年12月17日から。
  7. ^ 副議長のみ交代。
  8. ^ 石川県金沢市にある前田家墓所と共に「加賀藩主前田家墓所」として史跡に指定されている。
  9. ^ 新湊市と締結。

出典

  1. ^ a b c d 高岡市. “高岡市/高岡市の概要”. 2013年11月2日閲覧。
  2. ^ a b “高岡”. ブリタニカ国際大百科事典. ブリタニカ・ジャパン. (2011). 
  3. ^ a b “高岡”. 百科事典マイペディア. 日立ソリューションズ. (2011). 
  4. ^ 「高岡」編集委員会 『高岡』(24訂版) 高岡市教育委員会、2006年。 
  5. ^ 風水に関しては荒俣宏が2003年に高岡で「高岡を風水する」という講演をした(「江戸を超える夢の都〜加賀高岡の謎〜」『怪KWAI』角川書店2004年第16巻pp.216-229所収)し、『荒俣宏の不思議歩記』(毎日新聞社)にもこの講演のようすが描かれている。
  6. ^ a b 高岡ミニデータ (PDF) 」高岡市経営企画部広報統計課、2006年。
  7. ^ 散居村について”. となみ散居村ミュージアム. 2020年3月14日閲覧。
  8. ^ 高岡市ミニデータ2019
  9. ^ ’17 回顧編<5> 高岡市の財政再建”. 中日新聞社 (2017年12月23日). 2018年3月4日閲覧。
  10. ^ 高岡市・福岡町合併協議会
  11. ^ 高岡開町400年記念事業
  12. ^ 高岡市広報統計課 『高岡市統計書 平成18年版』「18 歴代三役・議会正副議長 (PDF) 」 2006年
  13. ^ 高岡市/市議会の構成”. 2019年6月2日閲覧。
  14. ^ 高岡市/議員紹介-会派別-”. 2019年12月8日閲覧。
  15. ^ 高岡ミニデータ2019国勢調査
  16. ^ 義経岩 - 高岡市観光協会
  17. ^ 高岡市教育委員会文化財課指定文化財
  18. ^ 国指定文化財(美術工芸品)の所在確認調査の概要(文化庁サイト)
  19. ^ 「重文8点所在不明 刀剣4点県外で確認」読売新聞富山版 2014年7月5日
  20. ^ 協議会ニュース - 高岡市・福岡町合併協議会
  21. ^ 高岡市都市経営課国際交流室トップ
  22. ^ 高岡市総務課危機管理室 「防災等に関する協定一覧 (DOC)」 2011年
  23. ^ 富山新聞 2018年8月10日付朝刊29面『富山の鉄道 続々アニメに』より。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高岡市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

高岡市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高岡市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS