高岡市とは? わかりやすく解説

たかおか‐し〔たかをか‐〕【高岡市】

読み方:たかおかし

高岡


高岡市

読み方:タカオカシ(takaokashi)

所在 富山県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 00:31 UTC 版)

高岡市(たかおかし)は、富山県北西部にあるである[2][3]。県庁所在地の富山市に次ぐ県内第2の都市で、県西部(呉西)の中心都市である。




注釈

  1. ^ 1月28日とする資料もある。
  2. ^ 福岡町との合併時の福岡町長。合併後の市長選挙で新しい市長が決まるまで職務執行者(市長代理)を務めた。
  3. ^ 副議長の任期は2010年12月20日まで。
  4. ^ 副議長の任期は2010年12月10日から2011年12月19日まで。
  5. ^ 副議長の任期は2011年12月19日から2012年12月17日まで。
  6. ^ 副議長の任期は2012年12月17日から。
  7. ^ 副議長のみ交代。
  8. ^ 石川県金沢市にある前田家墓所と共に「加賀藩主前田家墓所」として史跡に指定されている。
  9. ^ 新湊市と締結。

出典

  1. ^ a b c d 高岡市. “高岡市/高岡市の概要”. 2013年11月2日閲覧。
  2. ^ a b "高岡". ブリタニカ国際大百科事典. ブリタニカ・ジャパン. 2011.
  3. ^ a b "高岡". 百科事典マイペディア. 日立ソリューションズ. 2011.
  4. ^ 「高岡」編集委員会 『高岡』(24訂)高岡市教育委員会、2006年。 
  5. ^ 風水に関しては荒俣宏が2003年に高岡で「高岡を風水する」という講演をした(「江戸を超える夢の都〜加賀高岡の謎〜」『怪KWAI』角川書店2004年第16巻pp.216-229所収)し、『荒俣宏の不思議歩記』(毎日新聞社)にもこの講演のようすが描かれている。
  6. ^ 散居村について”. となみ散居村ミュージアム. 2020年3月14日閲覧。
  7. ^ a b 『北日本新聞』2020年7月6日付22面『高岡の最高地点508メートル!?』より。
  8. ^ 高岡市 ミニデータ2019
  9. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年4月閲覧。
  10. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年4月閲覧。
  11. ^ 『高岡四〇〇年のあゆみ』(2009年9月7日、文苑堂書店発行、神保成伍著)93ページ。
  12. ^ ’17 回顧編<5> 高岡市の財政再建”. 中日新聞社 (2017年12月23日). 2018年3月4日閲覧。
  13. ^ 高岡市・福岡町合併協議会
  14. ^ 高岡開町400年記念事業
  15. ^ 高岡市広報統計課 『高岡市統計書 平成18年版』「18 歴代三役・議会正副議長 (PDF) 」 2006年
  16. ^ 高岡市/市議会の構成”. 2021年11月24日閲覧。
  17. ^ 高岡市/議員紹介-会派別-”. 2021年11月24日閲覧。
  18. ^ 高岡ミニデータ2019 国勢調査
  19. ^ 義経岩 - 高岡市観光協会
  20. ^ 国宝高岡山瑞龍寺”. 瑞龍寺公式ホームページ. 2022年7月18日閲覧。
  21. ^ 高岡市教育委員会文化財課指定文化財
  22. ^ 国指定文化財(美術工芸品)の所在確認調査の概要(文化庁サイト)
  23. ^ 「重文8点所在不明 刀剣4点県外で確認」読売新聞富山版 2014年7月5日
  24. ^ 協議会ニュース - 高岡市・福岡町合併協議会
  25. ^ 高岡市都市経営課国際交流室トップ
  26. ^ 高岡市総務課危機管理室 「防災等に関する協定一覧 (Microsoft Word.doc)」 2011年
  27. ^ 名誉市民”. 高岡市. 2022年8月14日閲覧。
  28. ^ 富山新聞 2018年8月10日付朝刊29面『富山の鉄道 続々アニメに』より。



高岡市(現存せず)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 14:04 UTC 版)

耐火建築促進法」の記事における「高岡市(現存せず)」の解説

防火建築帯指定昭和30年5月6日告示627))を受けて昭和35年度の防火帯造成事業として、高岡駅前の1棟の「高岡駅前ビル」が完成昭和36年5月末)した。防火建築帯最後の年度に実施されたこの計画は、内容的にも型態的に防火建築帯限界越え昭和36年度から始ま防災建築街区としての姿を先取りして示していた。高岡市は昭和34年着手した駅前広場拡張事業にあたって広場となる民有地約4,500平方メートル代替地として拡張区域に隣接した私有地開放し、ここに地下1階地上3階共同建築計画した高岡駅から「高岡駅前ビル」を通り県道58号線幅員25m)を横断する地下道備えている街区全体を面として造成するため、周囲の街路にそって奥行き11mの防災建築帯を指定し、この帯内に建築物環状配置している。これにより防火帯からはずれる街区中心部地階達す吹き抜け中庭となっている。防火帯補助金最大限利用する苦肉の策とも取れないことはないが、この中庭が還状に配置された店舗に一体としてのまとまり与えとともに地階店舗利用価値大きく高め、さらに二、三階の住宅部分住環境をも引上げている設計の妙大い注目に価するものであった高岡駅前象徴的存在であった高岡駅前ビル」であるが、老朽化また、2015年北陸新幹線高岡駅開業に合わせた駅前の再開発により、惜しくも解体されしまっている。

※この「高岡市(現存せず)」の解説は、「耐火建築促進法」の解説の一部です。
「高岡市(現存せず)」を含む「耐火建築促進法」の記事については、「耐火建築促進法」の概要を参照ください。


高岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:32 UTC 版)

官公庁のマスコットキャラクター一覧」の記事における「高岡市」の解説

あみたん娘(高岡市) - 同市観光大使それぞれ前の違うキャラクター3人総称デザイン松原秀典よる。 利長くん(高岡市) - 高岡開町400周年記念マスコットキャラクターモデル前田利長家持くん(高岡市) - モデル大伴家持コロ助(高岡市) - コロッケに関するキャラクター藤子・F・不二雄原作の『キテレツ大百科』より。

※この「高岡市」の解説は、「官公庁のマスコットキャラクター一覧」の解説の一部です。
「高岡市」を含む「官公庁のマスコットキャラクター一覧」の記事については、「官公庁のマスコットキャラクター一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高岡市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「高岡市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高岡市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高岡市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの耐火建築促進法 (改訂履歴)、官公庁のマスコットキャラクター一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS