宅地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 宅地 > 宅地の意味・解説 

たく‐ち【宅地】


宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 04:12 UTC 版)

宅地(たくち)とは、一般的には建物の敷地に供せられる土地を指す。


  1. ^ 土地価格比準表(6次改訂) ISBN 4-7892-1775-2


「宅地」の続きの解説一覧

宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 14:22 UTC 版)

土地」の記事における「宅地」の解説

人間定住する土地は、「住宅地」と呼ばれる商業活動をおこなう土地は、「商業地」と呼ばれる工業生産活動をおこなう土地は、「工業地」と呼ばれる住宅地商業地工業地を参照されたい

※この「宅地」の解説は、「土地」の解説の一部です。
「宅地」を含む「土地」の記事については、「土地」の概要を参照ください。


宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/18 14:14 UTC 版)

篠崎仲苗」の記事における「宅地」の解説

鹿児島城下絵散歩』では安政6年1859年)の地図に、現在の鹿児島市清水町の地に『篠崎十郎』の名が見え、宅地221坪と表記されている。

※この「宅地」の解説は、「篠崎仲苗」の解説の一部です。
「宅地」を含む「篠崎仲苗」の記事については、「篠崎仲苗」の概要を参照ください。


宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 10:09 UTC 版)

大山綱昌 (薩摩藩士)」の記事における「宅地」の解説

鹿児島城下絵散歩」では、現在の鹿児島市加治屋町4番地の東に大山彦八宅地と宅地の添え地があった。広さ天保13年当時、宅地と添え地あわせて368坪ほどで、宅地は186坪、添え地182坪。(現在、宅地は実践会館になり、添え地のほうに大山巌誕生碑あり)。「元帥公爵 大山巌」での、元薩摩藩士で加治屋町出身である埼玉県知事吉田清英談話で「大山さん大山八家)の家は(加治屋町下級城下士の)貧乏屋敷の中では少し広いほうだった」といっていた。なお、天保13年の、実家西郷竜右衛門宅地(現在の加治屋町5番地、西郷隆盛誕生碑あり)は259坪、東郷吉左衛門東郷平八郎の父)宅地(現在の加治屋町10番地、鹿児島中央高校敷地内)は267坪(なお、番地2003年現在)。

※この「宅地」の解説は、「大山綱昌 (薩摩藩士)」の解説の一部です。
「宅地」を含む「大山綱昌 (薩摩藩士)」の記事については、「大山綱昌 (薩摩藩士)」の概要を参照ください。


宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 10:48 UTC 版)

東郷実位」の記事における「宅地」の解説

鹿児島城下絵散歩』によると、現在の鹿児島県鹿児島市東千石町の地に「東郷藤兵衛」の宅地と添え地があり、宅地は389坪で添え地213であった。なお、この宅地は先祖東郷実満以来ものである

※この「宅地」の解説は、「東郷実位」の解説の一部です。
「宅地」を含む「東郷実位」の記事については、「東郷実位」の概要を参照ください。


宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 09:15 UTC 版)

肝付兼善」の記事における「宅地」の解説

鹿児島城下絵散歩」によると、現在の鹿児島市山下町及び荒田二丁目に「肝付主殿」の宅地があった。山下町の方2224坪。荒田の方は1町4反1畝5歩であった。安政6年には「肝付左門」が両方とも相続したようだ。ただし、荒田の方は1町3反5畝23になっていた。

※この「宅地」の解説は、「肝付兼善」の解説の一部です。
「宅地」を含む「肝付兼善」の記事については、「肝付兼善」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宅地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

宅地


「宅地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



宅地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宅地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宅地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全日本土地区画整理士会全日本土地区画整理士会
Copyrights(C)2022 (社)全日本土地区画整理士会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宅地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの土地 (改訂履歴)、篠崎仲苗 (改訂履歴)、大山綱昌 (薩摩藩士) (改訂履歴)、東郷実位 (改訂履歴)、肝付兼善 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宅地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS