供とは?

きょう【供】

[音]キョウ(漢) (呉) グ(慣) [訓]そなえる とも

学習漢字6年

[一]キョウ

神仏などにささげそなえる。「供花

差し出し役立てる。「供給供出供託供与供覧/提供・試供品」

事情を述べる。供述口供自供

(「饗」の代用字酒食で人をもてなす。「供応

[二]ク・グ

[一]1に同じ。「供花(くげ)・供御(くご)・供米供物供養節供(せっく)・仏供(ぶっく)・御供(ごくう)」

人のおともをする。「供奉(ぐぶ)/内供(ないぐ)」

[三]〈とも(ども)〉「供侍子供


く【供】

⇒きょう


とも【供/伴】

《「共」と同語源》

人の後ろにつき従って行くこと。また、主人仕えつき従う人。従者。「—を引き連れる」→御供(おとも)

(ふつう「トモと書く)能の役柄で、ツレのうち、太刀持ち従者などの軽い役をいう。


ぐ【供】

〔名〕 (「く」とも) そなえもの供物。ぐう。

観智院三宝絵(984)下「すべて天竺震旦我国の諸道祖師達をも供をそなへて同くたてまつる


とも【供・伴】

〔名〕 (「とも(友)」と同語源)

主たる人の後につき従っていく者。従者

古事記(712)中「爾に御伴(とも)に遣はさえし王等(みこたち)、聞き歓び喜びて」

② 能で、ツレ一種シテヅレでもワキヅレでも太刀持従者などの軽い役。

花伝髄脳記(1584頃)六輪「ともには、折烏帽子上下太刀持たる体」


きょう‐・す【供】

〔他サ変〕 ⇒きょうする(供)


きょう‐・する【供】

〔他サ変〕 [文]きょう・す 〔他サ変

① そなえる。ささげるたてまつるきょうず

*九冊本宝物集1179頃)六「栄好があたる所の日食四分也。一分三宝に供し、一分をば八旬の母にあて、一分童子にあてたりき」

さし出す提供するきょうず

思出の記190001)〈徳富蘆花〉二「彼女は筍飯を製へて、飢へて倒れんとする僕等に供するのである

用に立つように整える。役立てる用いる。きょうず

三体詩素隠抄(1622)三「世利を不貪、山菓取りて、朝夕供せらるるぞ」

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「この機器未だ実用に供する足らず


くう‐・ず【供】

〔他サ変〕 (「ぐうず」とも)

① (神仏供え物を)そなえる。きょうずる

米沢沙石集(1283)一「生類を神に供(クウ)する不審之事」

② (ささげる意から) 向ける。

太平記14C後)三九「眸(まなじり)を千里に供(クウ)じ首を四山に廻」


そな・ゆ【備・具・供】

〔他ヤ下二〕 (ハ行下二段活用の「そなふ」から転じて、室町時代ごろから用いられた語。多く場合終止形は「そなゆる」の形をとる) =そなえる(備)

寛永刊本蒙求抄1529頃)七「種々の食物を具(ソナ)ゆることぞ」


そなえ そなへ 【備・具・供】

1⃣ 〔名〕 (動詞「そなえる(備)」の連用形名詞化

① 物、状態、条件などをととのえること。また、それらを具備した状況設備準備

大日経義釈延久承保点(1074)一三今人武を習はず、又其の備(ソナヘ)无し」

太平記14C後)一二生母追孝為に三牲の備(ソナヘ)を調へて」

② 特に、攻撃などに対し防備警戒すること。また、その人

(イ) 警固に当たる人。

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)九「度する所の僧は、王の侍衛の具(ソナヘ)なり」

(ロ) 警固態勢。軍の構え陣立てや軍の隊列

大かうさまくんきのうち(1605頃)「さて新九郎よしたつそなゑの中より、むしゃ一きすすみいづる」

(ハ) 他からの働きかけに対応する心の準備用意

明暗(1916)〈夏目漱石一三五「此所でも津田の備(ソナ)へは手薄であった」

③ (供) 神仏貴人などにそなえるもの。

(イ) そなえる食べ物品物おそなえ

今鏡(1170)九「閻魔の庁参りたりつるに、いひ知らぬそなゑを奉れによりて

(ロ) そなえ餠のこと。おそなえ鏡餠

雑俳柳多留‐初(1765)「無いやつのくせにそなへをでっかくし」

2⃣ 〔接尾ひとまとまりになる器具物事、または、神へのそなえ物を数えるのに用いる。ぐ。

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「鼓吹一(ひと)部(ソナヘ)」


そな・える そなへる 【備・具・供】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]そな・ふ 〔他ハ下二

① 物・状態・条件などをそろえととのえる。それらを具備させる。用意する。

続日本紀天平宝字元年757七月二日宣命「私(ひそか)に兵(つはもの)を備(そなフ)と聞こしめして」

宇津保(970‐999頃)俊蔭「ありつる(いを)は、とみつれど、百味をそなへたる飲食になりぬ」

身につける自分ものとする

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「旦主為性(ひととなり)仏心を具(ソナ)へて深く世網を厭む」

③ (「…にそなえる」の形で) その地位につける。すえる。

寛永曾我物語南北朝頃)一「今は疑ふ所無く程嬰に心を許し一の大臣にそなへ給ふこそ御運とぞ覚えける」

④ (供) 神仏貴人に、物を調えさしあげる。

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「何(いか)にしてか如法大御供養を備(ソナヘ)儲けて」

(5) (「…にそなえる」の形で、相手動作をさして) その用にたてる供する

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「の子一疋携へ御覧に供へる」

[補注]室町時代頃からヤ行にも活用した。→そなゆ(備)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 06:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「供」を含むページの一覧/「供」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「」が役に立つかも知れません。

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:59 UTC 版)

発音

動詞

する(きょうする

  1. そなえるささげる
  2. 差し出す。差し上げる
  3. 役立てる提供する

活用

サ行変格活用
供-する

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「供」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||



8
90% |||||



供のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



供のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの供 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS