学習とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 学習の意味・解説 

がく‐しゅう〔‐シフ〕【学習】

[名](スル)

学問技術などをまなびならうこと。「—の手引」「—会」

学校で系統的計画的にまなぶこと。「英語を—する」

人間含めて動物が、生後経験を通じて知識環境適応する態度行動などを身につけていくこと。不安や嫌悪など好ましくないものの体得含まれる

人工知能AI)がデータ読み込み基準規則性などを見つけ出すこと。→機械学習


学習 (ゲーム理論における)

読み方がくしゅう
【英】:learning in game theory

ゲームにおける学習を考察するモデル多様であるが, それらに共通するのは, ゲーム繰り返しプレイされる状況において, 他のプレイヤー戦略(またはタイプ)についての予測過去経験基づいて形成されるという点である. 代表的モデルとして, 仮想プレイがある. また, 戦略タイプについての事前分布ゲームの繰り返し通じてベイズ更新してゆくという, 合理的なプレイヤー想定したベイズ学習モデルといわれるものもある.


学習

英訳・(英)同義/類義語:learning

動物の行動で、一定の刺激に対して一定の行動をするようになる過程
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  好気呼吸  婚姻色  嫌気呼吸  学習  孵化  完了行動  完全変態

学習

【英】Learning
読み方がくしゅう

一般にある場面での経験その後同一または類似の場面でのその個体行動もしくは行動可能性変容もたらすことと定義される。生得的生じ反応傾向成熟疲労動機づけによる一次的な状態に伴った行動の変容は学習に含まない馴化迷路学習オペラント条件付け回避学習、弁別学習試験がある。→『学習に関する基礎用語』を参照

学習


学習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 10:06 UTC 版)

学習(がくしゅう)とは、知識行動スキル(能力)、価値観選考(好き嫌い)を、新しく獲得したり、修正したりすることである[1]生理学心理学においては、経験によって動物(人間を含め)の行動が変容することを指す。繰り返し行う学習を練習(れんしゅう)という。又は一度行った学習をもういちど学習することを、復習という。


  1. ^ Richard Gross, Psychology: The Science of Mind and Behaviour 6E,ございます朝寝加工少しずつ顔明後日可愛消さないHachette UK, 978-1-4441-6436-7.
  2. ^ はじめて出会う心理学・210頁
  3. ^ はじめて出会う心理学・210頁
  4. ^ Godman, Heidi (2021年9月1日). “Take short breaks to maximize memory and learning” (英語). Harvard Health. 2021年10月22日閲覧。
  5. ^ Plotnik, Rod; Kouyomdijan, Haig (2012). Discovery Series: Introduction to Psychology. Belmont, CA: Wadsworth Cengage Learning. pp. 208. ISBN 9781111347024 
  6. ^ Galizia, Giovanni; Lledo, Pierre-Marie (2013). Neurosciences - From Molecule to Behavior: a university textbook. Heidelberg: Springer Spektrum. pp. 578. ISBN 9783642107689 
  7. ^ Bitterman (1983). “Classical Conditioning of Proboscis Extension in Honeybees (Apis mellifera)”. J. Comp. Psychol. 97 (2): 107–119. doi:10.1037/0735-7036.97.2.107. 
  8. ^ Gagliano, Monica; Vyazovskiy, Vladyslav V.; Borbély, Alexander A.; Grimonprez, Mavra; Depczynski, Martial (2016-12-02). “Learning by Association in Plants” (英語). Scientific Reports 6 (1): 38427. doi:10.1038/srep38427. ISSN 2045-2322. PMC 5133544. PMID 27910933. オリジナルの2017-06-23時点におけるアーカイブ。. http://www.nature.com/articles/srep38427. 


「学習」の続きの解説一覧

学習

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 21:30 UTC 版)

名詞

がくしゅう

  1. 学ぶこと、学問などを習得すること。
  2. 生物経験によって、環境社会適応する能力体得し、行動変化させること。
  3. 新し知識能力形成など、一定の目標に向かって意識的に展開される行動
  4. 人工知能が、読み込んだデータを基に法則性や効率的手順などを見つけること。

動詞

活用

発音(?)

が↗しゅー

語源

論語 学而第一 1節(つまり冒頭)の“”(びて時にこれう)から。[要出典]

関連語

翻訳


「学習」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学習と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学習」の関連用語

学習のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学習のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの学習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS