勉学とは? わかりやすく解説

べん‐がく【勉学】

読み方:べんがく

[名](スル)学問に励むこと。勉強。「—にいそしむ」「親もと離れて—する」


勉学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 08:17 UTC 版)

山内逸三」の記事における「勉学」の解説

1908年明治41年5月3日岐阜県土岐郡笠原町(現多治見市)窯区に生まれ笠原尋常高等小学校(現多治見市立笠原小学校)を卒業した1924年大正13年3月土岐窯業学校(現岐阜県立多治見工業高等学校)を卒業すると、15歳京都市陶磁器講習所後の国立陶磁器試験所)に伝習生として入所し、近代窯業タイル製造技術学んだ京都市陶磁器講習所では陶芸家宇野注目され試験所の試作品焼成する工場雇われた。同時に京都市専修学校素描科に入学し、また三条英語学校でも学んでいるほか、1927年昭和2年)には関西絵画学校入学した

※この「勉学」の解説は、「山内逸三」の解説の一部です。
「勉学」を含む「山内逸三」の記事については、「山内逸三」の概要を参照ください。


勉学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 17:12 UTC 版)

ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター」の記事における「勉学」の解説

センター設立以前ドイツの大学生は語学地域経営学別々に専攻しなければならなかった。そこで当センター開設し国内初の試みとして経営学日本学または中国学2つ学科1つ専門コースとして組み合わせ定員180人前後とした[要出典]。卒業資格2004年より、学士 (Bachelor) に変更した[要出典]。在学中日本、または中国で最低1年留学義務付けており[要出典]、学生日本または中国事情詳しい「経営学士」として卒業していく。 一般にドイツの大学生や講師は、混み合った教室壊れたコピー機質的に疑問ある図書館、あるいは旧式のコンピュータなどと奮闘しなければならないライン川挟んで直線距離500メートルほどの距離にマンハイム大学ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター位置しており、後者はまるでアメリカ私立カレッジのような施設揃えている。中国日本関係図書充実した図書室など、学問に励む環境整っている[要説明]。18人の講師陣学生250人を受け持ち留学生はその約三分の一)[要出典]、授業少人数グループ行なわれ学生には集中的な指導を行うとともに学生と教師交流密接である

※この「勉学」の解説は、「ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター」の解説の一部です。
「勉学」を含む「ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター」の記事については、「ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター」の概要を参照ください。


勉学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 00:00 UTC 版)

鹿児島県立沖永良部高等学校」の記事における「勉学」の解説

朝のホームルーム前の朝課外授業いわゆる0時限目授業実施している。時間午前7時20分からで、普通科全生徒対象である。なお、商業科でも全商検定迫ってきた場合朝課外実施する場合もある。 また、普通科朝課外に加えて月に一回程度土曜日登校して授業を受ける土曜補習希望者のみ行われている。例外として商業科生徒希望すれば受けることが出来る

※この「勉学」の解説は、「鹿児島県立沖永良部高等学校」の解説の一部です。
「勉学」を含む「鹿児島県立沖永良部高等学校」の記事については、「鹿児島県立沖永良部高等学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勉学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勉学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:14 UTC 版)

名詞

べんがく

  1. 学問に取り組むこと。

発音(?)

べ↘んがく

類義語

勉強

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
勉学-する

翻訳


「勉学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

勉学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勉学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山内逸三 (改訂履歴)、ルードヴィヒスハーフェン経済大学東アジアセンター (改訂履歴)、鹿児島県立沖永良部高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勉学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS