陶芸家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 陶芸家の意味・解説 

陶芸家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 00:49 UTC 版)

陶芸家(とうげいか)は、陶芸を生業とする者を指す。陶工とも呼ばれる。




「陶芸家」の続きの解説一覧

陶芸家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 23:29 UTC 版)

荒川豊蔵」の記事における「陶芸家」の解説

加藤土師萌古志野筍絵陶片発見した当時多治見陶磁試験場勤務していた土師萌は、豊古志野の破片発掘した話を聞いて、豊投宿先に破片見に来るまた、1924年大正13年)、豊と共に久尻清安寺境内古窯跡発掘小山富士夫東山窯にいたころ、京都真清水蔵六のもとで陶芸を学ぶ。京都の愛陶家集まって開催した古陶研究会参加し知り合う後年大萱に築窯した後は頻繁に大萱訪れ1972年昭和47年)には近く五斗蒔に自分の窯(花ノ木窯)を築いた川喜田半泥子 1940年昭和15年)、豊と共に京都鳴滝尾形乾山窯跡調査した

※この「陶芸家」の解説は、「荒川豊蔵」の解説の一部です。
「陶芸家」を含む「荒川豊蔵」の記事については、「荒川豊蔵」の概要を参照ください。


陶芸家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 13:57 UTC 版)

山中忠左衛門」の記事における「陶芸家」の解説

1821年文政4年生まれ山中忠左衛門若い頃から焼き物が大好きで、特に再興萬古焼森有節陶芸作品魅せられていた。山中忠左衛門精巧華麗な有節萬古収集するうちに自らも作陶の念に昴じ、更に唯福寺住職田端教正海蔵庵窯に触発されて1853年嘉永6年)には自邸内に小規模の窯を築いて有節萬古模作務めた研究熱心山中忠左衛門は、教正師匠上島庄助庄助窯を度々訪ねる一方で有節の様子を知ろうとした。有節秘法を知るためあらゆる方策を講じるものの、門外不出製法獲得するのは不可能に近かった山中忠左衛門萬古焼固執するのは、幕末期多くの生活困窮者救済したいという悲願があった。江戸時代を通じて三滝川海蔵川挟まれた、山中忠左衛門の住む末永現在の四日市市橋北地区一帯)や海蔵地区一帯は度々堤防決壊による大水害に襲われて毎年のように水害発生して年貢にも事欠く貧農多かった事情がある。萬古焼製造によって貧農救済しようと20年以上も「有節萬古」の技術習得努めて学んだ技術地元惜しげもなくて伝えた新しいデザイン開発をして山中忠左衛門コーヒー茶碗制作した山中忠左衛門技術後世四日市市民が受け継いだ嘉永年間森有節万古焼製法参考に急須などを製作して製品新万古焼とよばれた

※この「陶芸家」の解説は、「山中忠左衛門」の解説の一部です。
「陶芸家」を含む「山中忠左衛門」の記事については、「山中忠左衛門」の概要を参照ください。


陶芸家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 01:22 UTC 版)

松岡氏 (北勢四十八家)」の記事における「陶芸家」の解説

桑名市安永松岡家桑名万古焼最後の陶芸家だった松岡次郎がいる。松岡次郎文久元年1861年)に松岡甚兵衛長男として誕生した安永万古』の継承者である。万古焼久米陶芸方法製作者である。朝日村縄生内田清十郎から陶芸修行して1925年大正14年)に65歳死去した

※この「陶芸家」の解説は、「松岡氏 (北勢四十八家)」の解説の一部です。
「陶芸家」を含む「松岡氏 (北勢四十八家)」の記事については、「松岡氏 (北勢四十八家)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「陶芸家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「陶芸家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



陶芸家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

陶芸家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陶芸家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陶芸家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの荒川豊蔵 (改訂履歴)、山中忠左衛門 (改訂履歴)、松岡氏 (北勢四十八家) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS