松とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > の意味・解説 

しょう【松】

[音]ショウ(漢) [訓]まつ

学習漢字4年

[一]ショウ〉木の名。マツ。「松柏(しょうはく)・松籟(しょうらい)・松露松竹梅青松老松

[二]〈まつ〉「松風松原門松

名のり]ときわ・ます

難読松魚(かつお)・落葉松(からまつ)・松明(たいまつ)・杜松(ねず)・松毬(まつかさ)・海松(みる)・水松(みる)


まつ【松】

マツ科マツ属常緑高木総称明る乾燥した地に生え樹皮ひび割れするものが多い。針状で、ふつうアカマツ・クロマツなどでは2本、ゴヨウマツ・チョウセンゴヨウ・ハイマツなどでは5本が束になって出る。春、球状雌花雄花とがつき、黄色い花粉が風に飛ぶ。果実松かさとよばれ、多数硬い鱗片(りんぺん)からなる種子食用。材は薪炭松明(たいまつ)・建築パルプなどに広く用いられ、また松脂(まつやに)をとる。竹・あるいはとともにめでたい取り合わせとされ、正月門松にする。翁草千代見草常盤草(ときわぐさ)など異称も多い。《 花=春 落葉=夏》「線香の灰やこぼれて―の花/蕪村

門松(かどまつ)。また、門松を飾っている期間。「松が取れる」「松の内

松明(たいまつ)。

「月のない晩だったから、私は―などお持たせするように言いつけた」〈堀辰雄ほととぎす

紋所の名。松の幹・枝または松かさ図案したもの

遊女の最高の位。松の位

この子は―に極めて」〈浮・武家義理・四〉

マツタケをいう女房詞

[補説] 和歌では「待つ」と掛けて用いられる。

「立ち別れいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今かへりこむ」〈古今離別

[下接語] 相生(あいおい)の松・赤松アメリカ松・磯(いそ)松・一の松市松美し松・海松蝦夷(えぞ)松・老い松拝み松・雄(お)松・鏡の松・笠(かさ)松・飾り松・門(かど)松・傘(からかさ)松・唐松ぐい松黒松腰掛け松小松五葉松下がり松・曝(さ)れ松・三蓋(さんがい)松・三の松霜降り松磯馴(そな)れ松・朝鮮松(とど)松・鳥総(とぶさ)松・二の松・子(ね)の日の松・這(はい)松・柱松姫松・米(べい)松・見越しの松夫婦(めおと)松・雌(め)松・琉球(りゅうきゅう)松・若

松の画像
松の紋所一つ一本松
松の画像 松の画像
松の紋所一つ「二松」
松の画像
松の紋所一つ松」

【松】(まつ)

大日本帝国海軍一等駆逐艦護衛駆逐艦)「松」。
大東亜戦争後期戦時量産型簡易駆逐艦として設計建造された。
同型艦は19隻(準同型の「」級を含めると33隻)あった。

開発の経緯

大東亜戦争太平洋戦争)が起きる以前日本海軍における駆逐艦は、主な任務として「艦隊決戦における敵艦隊の漸減戦闘」や「戦闘終了後の残敵掃討」などが割り当てられており、そのために敵の主力艦戦艦)を上回る速力や強力な魚雷兵装が求められてきた。
ところが、大東亜戦争においては航空主兵主義海軍戦略戦術主流となったことから、当初想定されていたような戦艦同士砲撃戦」という状況はなかなか発生せず、そればかりか想定外の使われ方」である離島への人員資材強行輸送にすらしばしば投入され、特に1942年1943年ガダルカナル島支配権を巡る一連の戦いでは、優秀な駆逐艦多数失われることになった。
そしてその補充は、当時最新鋭であった「夕雲」や「秋月型」といった艦隊駆逐艦建造ペースでは到底間に合わなかった。

その一方で太平洋でのバトルプルーフから、駆逐艦性格従来の「水雷戦闘特化された大型雷撃艦」から、「輸送船護衛航路警戒人員資材強行輸送までこなせる多目的艦」に変化ていったため、必ずしも高速である必要性はなくなっていた。

こうして、不足する駆逐艦戦力短期補充するため、急造適した簡易駆逐艦として計画設計されたのが本艦型である。

特徴

艦型船体は、工期短縮を図るために直線組み合わせたようなデザイン構成され、部材従来特殊鋼をやめて入手の容易な高張力鋼採用した。
また、機関も「(おおとり)」型水雷艇搭載されていたのと同型製造が容易なものを採用していたが、その配置法は、帝国海軍では初となる「シフト配置」となった。

従来艦艇では、ボイラー室機関室が1ヶ所にまとめて置かれていたが、この配置では、艦のスペース有効活用できる代わりに故障や敵の攻撃どちらか一方破壊されると推進力を失って行動不能になってしまう欠点があった。
そこでボイラータービンを2つに分割し、かつ交互に置くことで、船体全幅貫通されるような攻撃を食らって右舷側・左舷側のどちらか機関破壊されても航行継続できるようにしたのである
こちらはこちらで「推進系統船体構造左右非対称となり、建造保守整備手間がかかる」という欠点があったが、これにより、従来艦隊駆逐艦比べて「打たれ強い」艦になった。

備砲には40口径12.7サンチ高角砲を載せ、(秋月級には劣るものの)従来駆逐艦よりも強力な防空力を得た。
一方で魚雷兵装は4連装発射管1門のみとされ、自衛用の申し訳程度になった。
また、人員資材輸送のために運貨船2隻を搭載していた。

艦型は、(量産のために工事単純化したにもかかわらず護衛駆逐艦として申し分ない能力備えており、現場での評判上々だった。
樹木の名前に由来する艦名がつけられていたことから「雑木林」ともあだ名されたが、重要性の高かった船団護衛航路警戒人員資材輸送などで幅広く活躍した。

スペックデータ

同型艦

艦名造船所起工進水就役除籍備考

(まつ)
舞鶴工廠1943.8.81944.2.31944.4.281944.10.101944.8.4 戦没

(たけ)
横須賀工廠1943.10.151944.3.281944.6.161945.10.251947.7.16
戦時賠償艦としてイギリス引き渡し
解体

(うめ)
藤永田造船所1944.1.251944.4.241944.6.281945.3.101945.1.31 戦没

(もも)
舞鶴工廠1943.11.51944.3.251944.6.101945.2.101944.12.15 戦没

(くわ)
藤永田造船所1943.12.201944.5.251944.7.251945.2.101944.12.3 戦没

(きり)
横須賀工廠1944.2.11944.5.271944.8.141945.10.51947.7.29
戦後賠償艦としてソ連引き渡し
(1969.除籍

(すぎ)
藤永田造船所1944.2.11944.7.31944.8.251945.10.51947.7.31
戦後賠償艦として中華民国台湾)に
引き渡し
(1962.除籍

(まき)
舞鶴工廠1944.2.191944.6.101944.8.101945.10.51947.8.14
戦後賠償艦としてイギリス引渡し
解体

(もみ)
横須賀工廠1944.2.11944.6.161944.9.31945.3.101945.1.5 戦没

(かし)
藤永田造船所1944.5.51944.8.131944.9.31945.10.51947.8.7
戦後賠償艦としてアメリカ引渡し
(1948.解体

(かや)
舞鶴工廠1944.4.101944.7.301944.9.301945.10.51947.7.5
戦後賠償艦としてソ連引渡し
(1959.9.2 除籍

(なら)
藤永田造船所1944.6.101944.10.121944.11.261945.11.301948.5.解体

(さくら)
横須賀工廠1944.6.21944.9.61944.11.251945.8.101945.7.11 戦没

(やなぎ)
藤永田造船所1944.8.201944.11.251945.1.181945.11.201946.10.解体
椿
(つばき)
舞鶴工廠1944.6.201944.9.301944.11.301945.11.301948.7.28 解体完了

(ひのき)
横須賀工廠1944.3.41944.7.41944.9.301945.4.101945.1.7 戦没

(かえで)
横須賀工廠1944.3.41944.7.251944.10.301945.10.51947.7.6
戦時賠償艦として中華民国台湾)に
引渡し
(1962.除籍解体

(けやき)
横須賀工廠1944.6.221944.9.301944.12.151945.10.51947.7.5
戦後賠償艦としてアメリカ引き渡し
標的として海没処分

「橘」型

簡易駆逐艦として建造された「松」型は、戦況更なる悪化伴って19隻で建造打ち切られ、以後は更に工事簡素化を図った「」型に移行した。
この型は、部内では「改丁型」と呼ばれ、工期を3ヶ月短縮することを目指し建造されたが、目的達成できた艦はなかった。
しかし、それでも終戦までに14隻が完成している。

ちなみにこの型の一艦「」は、1945年7月瀬戸内海敵機攻撃により沈没したが、戦後引き揚げられて修復の上海上自衛隊編入
編入後は「護衛艦『わかば』(DE-261)」と名を改め1970年まで使われていた。

スペックデータ

橘型

DE-261「わかば」

排水量
基準/満載
1,250t/1,560t
全長100m
全幅9.35m
吃水3.28m
機関蒸気タービン方式 2軸推進
艦本式三号乙ロ号×2基
艦本式三号丙型蒸気タービン×2基(出力15,000ps)
燃料搭載重油 395t
最大速力25.5kt
航続距離4,680海里/16kt
乗員175
武装第2次改装
6850口径3インチ連装砲×1基
54対潜弾(ヘッジホッグ発射機×1基
54爆雷投射機×4基
54爆雷投下軌条×2条
第5次改装
65連装533mm魚雷発射管×1基
C4IシステムMk.63射撃指揮装置(第2次改装
レーダー第2次改装
US SPS-12対空レーダー
Mk.34射撃指揮レーダー
US S0水上レーダー
SPS-5B対水上レーダー
第3次改装(第6次改装時に撤去
SPS-8B高角測定レーダー
ソナー第3次改装
SQS-11A捜索ソナー
SQR-4/SQA-4攻撃ソナー
第4次改装
T-3国産試作ソナー

同型艦

艦名造船所起工進水就役除籍備考

たちばな
横須賀工廠1944.7.81944.10.141945.1.201945.8.101945.7.14 戦没
八重櫻
やえざくら
横須賀工廠-1945.3.17--1945.6.23 工事中
矢竹
(やだけ)
横須賀工廠1945.1.2---1945.4.17 工事中

(くず)
横須賀工廠1945.3.20---1945.4.17 工事中

(かき)
横須賀工廠1944.10.51944.12.111945.3.51945.10.51947.7.4
戦後賠償艦として米国引き渡し

(かば)
藤永田造船所1944.10.151945.2.271945.5.291945.10.51947.8.4
戦後賠償艦として米国引き渡し
解体

(かつら)
藤永田造船所1945.6.23--1945.6.23 工事中
若櫻
わかざくら
藤永田造船所1945.1.15--*1945.5.11 工事中

(つた)
横須賀工廠1944.7.311944.11.21945.2.81945.10.51947.7.31
戦後賠償艦として中華民国台湾)へ
引き渡し
(1962.除籍

(はぎ)
横須賀工廠1944.9.111944.11.271945.3.31945.10.51947.7.16
戦後賠償艦としてイギリス引き渡し

(すみれ)
横須賀工廠1944.10.211944.12.171945.3.261945.10.51947.8.20
戦後賠償艦としてイギリス引き渡し
標的艦として海没処分

くすのき
横須賀工廠1944.11.91945.1.81945.4.281945.10.51947.7.16
戦後賠償艦としてイギリス引き渡し
初櫻
はつざくら
横須賀工廠1944.12.141945.2.101945.5.281945.9.151947.7.29
戦後賠償艦としてソ連引き渡し
(1959.2.19 退役解体

(にれ)
舞鶴工廠1944.8.141944.11.251945.1.311945.10.151948.解体

(なし)
川崎神戸1944.9.11945.1.171945.3.151971.3.311945.7.18戦没
1954.9.21 船体引き上げ
1956.5.31
DE-261「わかば」として
海上自衛隊編入
1971.3.31除籍
1975.5.古沢鋼材売却解体

(しい)
舞鶴工廠1944.9.181945.1.131945.3.131945.10.51947.7.5
戦後賠償艦としてソ連引き渡し
(1959.除籍

(えのき)
舞鶴工廠1944.10.141945.1.271945.3.311945.9.301948.解体

(あずさ)
横須賀工廠1944.12.29---1945.4.17 工事中
雄竹
(おだけ)
舞鶴工廠1944.11.51945.3.101945.5.151945.10.51947.7.4
戦後賠償艦としてアメリカ引き渡し
解体
初梅
(はつうめ)
舞鶴工廠1944.12.81945.4.251945.6.181945.10.51947.7.6
戦後賠償艦として中華民国台湾)へ
引き渡し
(1964.除籍解体

(とち)
舞鶴工廠-1945.5.28--1945.5.18 工事中

(ひし)
舞鶴工廠1945.2.10---1945.4.17 工事中

(さかき)
横須賀工廠1944.12.29---1945.4.17 工事中

まつ 【松】

マツ科の一属。ヨーロッパ不死長命永遠若さ、の象徴とし、ケルト人豪毅象徴ともした。中国でも高貴の木としたが、これが日本にも受容され、神聖な木として正月門松などになった。邦語マツは、神がこの木に天降るのを待つことから来たと一説にある(他に二股なので股から来たとも)。神が依る木として多く伝承を生んだ。

常緑樹1年中枯れることがなく、また1に雄と雌を有することから大変めでたいとされ、日本では古くから神の宿る神聖なとされ、何十年、何百年その姿を保つことから、「節操長寿不老不死」の象徴とされてきました。また、二股分かれているには殺菌効果があり、今でもお祝い食事お赤飯などの上に飾られることがあります

作者宮本徳蔵

収載図書敵役
出版社集英社
刊行年月2004.10


オーストリアまつ (松)

Pinus nigra

Pinus nigra

Pinus nigra

ヨーロッパアルプス東部から西アジア分布しています。川沿い湿り気のある森林生え、高さは2040メートルになります。針は2で、暗い濃緑色をしています。種名は、この黒に近いの色から。不毛の土地にも生育が可能で、開拓種として利用されています。亜種変種があるようで、写真個体表示では P. nigra var. nigraとされていました。別名で「ヨーロッパクロマツ」とも呼ばれます。
マツ科マツ属常緑高木で、学名Pinus nigra。英名は Austrian pine, Austrian black pine

ポンデローサまつ (松)


ストローブまつ (松)

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

カナダニューファウンドランド州からマニトバ州、南はアメリカジョージア州にかけて分布しています。高さは3060メートルになり、建築材建具利用されます。わが国でも北海道などの寒冷地植栽されています。樹皮灰褐色で、樹齢が重なると鱗片になりますは5光沢があり、5月ごろ花を咲かせます。球果1015センチです。
マツ科マツ属常緑高木で、学名Pinus strobus。英名は White pine, Eastern white pine
マツのほかの用語一覧
マツ:  朝鮮五葉  松  松  松  琉球松  白松  美松

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:マツmatsu

所在 大阪府大阪市西成区



地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

マツ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 21:44 UTC 版)

マツ属(マツぞく、学名Pinus)は、マツ科の一つ。マツ科のタイプ属である。


注釈

  1. ^ 1つの株に雄蕊のみを持つ雄花、雌蕊のみを持つ雌花という2種類の花を付けること
  2. ^ 地面に近い枝が接地することで発根し、それが新しい個体へと成長する更新様式
  3. ^ 病名和名は「林業技術ハンドブック (2001) 全国林業改良普及協会」を参考にした

出典

  1. ^ 酒井昭, 倉橋昭夫, 「日本に自生している針葉樹の耐凍度とそれらの分布との関係」『日本生態学会誌』 25巻 4号 1975年 p.192-200, 日本生態学会, NAID 110001881526, doi:10.18960/seitai.25.4_192
  2. ^ 大畠誠一 (1995) マツ属における適応と種分化 (2) ―地理分布圏と分布の様相―. 生物科学47 (2).
  3. ^ a b c d 石井盛次 (1968) マツ属の基礎造林学的研究 特にその分類学的ならびに地理学的考察. 高知大学農学部紀要19号
  4. ^ a b c 大畠誠一 (1995) マツ属における適応と種分化―(1)―マツ属の多様な形質と性質. 生物科学47 (1), 32 -39.
  5. ^ Andresen, J. W. (1957) Precocity of Pinus rigida Mill. Castanea 22:130-134.
  6. ^ 石井盛次「マツ属の分類学的研究」『高知大学研究報告 自然科学』第2巻第2号、高知大学、1952年3月、 103-123頁、 ISSN 04506197NAID 120001358086
  7. ^ 二井一禎・肘井直樹 (2000) 森林微生物生態学(朝倉書店)東京
  8. ^ 戸田良吉 (1953) マツ類のサシキについて―綜合妙録―. 研究報告65号
  9. ^ 石川広隆, 草下正夫「マツ類のさし木に関する研究-1- (PDF) 」 『林業試験場研究報告』第116号、森林総合研究所、1959年7月、 59-65頁、 ISSN 00824720NAID 40018581684
  10. ^ a b c 柴田圭太(編).1957. 資源植物事典. 北隆館. 東京.
  11. ^ a b 堀田満・緒方健・新田あや・星川清親柳宗民・山崎耕宇。(1989) 世界有用植物事典. 平凡社. 東京.
  12. ^ 香田徹也「昭和15年(1940年)林政・民有林」『日本近代林政年表 1867-2009』p420 日本林業調査会 2011年 全国書誌番号:22018608
  13. ^ a b 日本林業技術者協会(編)。(1993) 新版林業百科事典(丸善)東京
  14. ^ 佐藤為三郎(編)。(1886)『現今児童重宝記 : 開化実益』
  15. ^ Survival Foods: Can You Really Eat Tree Bark? 雑誌Outdoor Life英語版 著:Tim MacWelch 更新日:November 9, 2011 閲覧日:2021.2.15
  16. ^ 『信州の民間薬』全212頁中55頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集
  17. ^ 中国药典2000版一部-164
  18. ^ Schoonees, A; Visser, J; Musekiwa, A; Volmink, J (2012). “Pycnogenol (extract of French maritime pine bark) for the treatment of chronic disorders”. Cochrane Database of Systematic Reviews (7). doi:10.1002/14651858.CD008294.pub4. PMID 22513958. 
  19. ^ 得效 十八巻
  20. ^ Mirov N. T.(1967)The genus Pinus. The Ronalld Press Company, New York.
  21. ^ a b c d 清原友也, 徳重陽山「マツ生立木に対する線虫 Bursaphelenchus sp.の接種試験」『日本林學會誌』第53巻第7号、日本林學會、1971年、 210-218頁、 doi:10.11519/jjfs1953.53.7_210ISSN 0021-485XNAID 110002833439
  22. ^ a b c d e 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2015年1月16日).[要ページ番号][リンク切れ]
  23. ^ a b 初島住彦・中島邦夫。(1979) 琉球の植物(講談社)東京
  24. ^ 佐竹義輔・原寛・亘理俊次・冨成忠夫 編著 (2001) 日本の野生植物木本1(平凡社)東京
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 豊国秀夫 編著 (2009) 復刻・拡大版植物学ラテン語辞典(ぎょうせい)東京
  26. ^ 松脂の採れる事世界一の新高赤松 約三百万円の輸入も防遏か 意義ある中研の新事業. 台湾日日新報 1936年10月7日付け.
  27. ^ 中野秀章 (1962) 岩手・宮城両県下防潮林のチリ地震津波時における実態・効果と今後のあり方.林業試験場研究報告140
  28. ^ a b c 大畠誠一。(1993) マツ属における種分化と地理分布の研究:亜節の位置づけ. 京都大学農学部演習林報告(65) 36-49.
  29. ^ a b c d 平井信二 (1998) 木の大百科―解説編―。朝倉書店, 東京
  30. ^ Taxonomy, History, and Biogeography of the Contortae (Pinus spp.)
  31. ^ a b 中井勇「バージニアマツとクラウサマツの雑種」『日本林學會誌』第72巻第4号、日本林學會、1990年、 335-338頁、 doi:10.11519/jjfs1953.72.4_335ISSN 0021-485XNAID 110002830305
  32. ^ 朝日新聞社 (1997) 朝日百科 植物の世界11 種子植物3 単子葉類・裸子植物. 朝日新聞社, 東京.
  33. ^ J. T. Blodgett and K. F. Sullivan (2004) First Report of White Pine Blister Rust on Rocky Mountain Bristlecone Pine. plant disease 88(3), 311



出典:『Wiktionary』 (2020/04/14 12:48 UTC 版)

発音

ときわ、ま、ます、まち、まつ(山川捨松

名詞

  1. まつ常緑針葉樹マツ

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



松と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

松のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS