義理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 道筋 > 義理の意味・解説 

ぎ‐り【義理】

読み方:ぎり

物事正し筋道また、人として守るべき正しい道道理。すじ。「―を通す」「―にはずれた行為

社会生活を営む上で立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。道義。「―が悪い」「君に礼を言われる―はない」「―をわきまえる

つきあい上しかたなしにする行為。「―で参加する

血族でない者が結ぶ血族と同じ関係。血のつながらない親族関係。「―の母」

わけ。意味。

新訳の経は猶、文詞甚だ美なと言へども、―淡く薄し」〈今昔・七・一二


義理

読み方:ギリgiri

理にかなった筋道道理など。


義理

作者太宰治

収載図書お伽草紙新釈諸国噺
出版社岩波書店
刊行年月2004.9
シリーズ名岩波文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 上巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 01:57 UTC 版)

義理(ぎり)とは、相互関係を維持するために定められた道筋。対人関係社会関係において、守るべきとされる慣習。


  1. ^ a b 板垣俊一 『日本文化入門:その基層から美意識まで』 武蔵野書院 2016 ISBN 9784838604661 pp.66-72.
  2. ^ 日本倫理に義理ありて、西洋倫理に義務あり、義理は情的倫理にして私的なり、是に反して義務は理的倫理にして公的なり。義理は情愛に富むも不公平なり、義務は不人情の如くに見えて公平なり。義理は家族的道徳にして義務は国家的道徳なり。義務の観念に薄くして国政は永久に持続し得べきものにあらず。(内村鑑三『金と神 他』)


「義理」の続きの解説一覧

義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 02:15 UTC 版)

信長の野望・武将風雲録」の記事における「義理」の解説

マスクデータ隠しパラメータ)。高いほど大名同盟婚姻遵守し家臣謀叛起こしにくくなる

※この「義理」の解説は、「信長の野望・武将風雲録」の解説の一部です。
「義理」を含む「信長の野望・武将風雲録」の記事については、「信長の野望・武将風雲録」の概要を参照ください。


義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 17:17 UTC 版)

「はとこ」の記事における「義理」の解説

自身の血縁関係にあっても6親等関係であるほか、自身ないし近親者の婚姻養子縁組ともなって義理のはとこが生じる。 自身ないし近親者の婚姻養子縁組ともなって生じる「義理のはとこ」の例は、以下の通りである。 配偶者のはとこ(いとこおじいとこおば配偶者従甥従姪結婚した場合実のはとこ) はとこの配偶者 いとこおじいとこおば養子養女、または再婚相手の子大おじ・大おば養子養女の子供、又は再婚相手の孫 曽祖父母養子の孫、又は再婚相手曽孫 祖父母養親曽孫、又は再婚相手大甥・大姪 養父母又は親の再婚相手従甥従姪 親の養父母大甥・大姪

※この「義理」の解説は、「はとこ」の解説の一部です。
「義理」を含む「はとこ」の記事については、「はとこ」の概要を参照ください。


義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:06 UTC 版)

三國志II」の記事における「義理」の解説

これが低いと戦場で寝返り計略にかかりやすくなる。君主の場合は同盟破棄を行う確率上がる。高い君主ならば、共同および救援応じやすくなる。最高は関羽劉備100だが、曹操劉備などの英雄君主降伏勧告には絶対に応じない配下出来ない)ため配下としての最高は関羽のみである。特に関羽は、劉備配下にいる時は忠誠どんなに低く知力100軍師使い計略仕掛けて寝返らせることは不可能(劉備下にいる時に他の君主配下にするには捕縛しかなく、一例として曹操配下にいる場合孫権でも引き抜く事が出来る)である。反対に、最低は呂布公孫淵10である。

※この「義理」の解説は、「三國志II」の解説の一部です。
「義理」を含む「三國志II」の記事については、「三國志II」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「義理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

義理

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 03:38 UTC 版)

この単語漢字

第五学年

第二学年
音読み

発音

名詞

(ぎり)

  1. 原義であるが、近年の使用例はまれ)筋道だった正しいこと。道理
  2. 社会生活円滑におくる上で当然に、またやむをえず行わなければならないこと。
  3. 立場上、相手に対して行えること。道理条理
  4. 家族関係において、血縁関係はないが、婚姻など社会的約束事によりそれに準ずる関係となったもの。

複合語


「義理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



義理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「義理」の関連用語

義理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



義理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの信長の野望・武将風雲録 (改訂履歴)、はとこ (改訂履歴)、三國志II (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの義理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS