同調とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 同調 > 同調の意味・解説 

どう‐ちょう〔‐テウ〕【同調】

読み方:どうちょう

[名](スル)

調子同じであること。同じ調子

他に調子を合わせること。他人意見主張などに賛同すること。「彼の提案に—する」

受信機などで、特定の周波数共振するように固有振動数を合わせること。

「同調」に似た言葉

同調

作者星田

収載図書鳥籠
出版社文芸社
刊行年月2005.7


同調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 16:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

同調(どうちょう)とは、調子を同じくする、という意で、英単語の訳語としては異なるいくつかの英単語の訳語に使われるため、それぞれ別の意味がある。

Conformity

英単語conformity(en:Conformity)の訳語としては、社会に通用している規範や行動様式にそのまま従い、大多数の人々のとる態度意見に順応していくことをいう。社会と成員との双方の安定のための基本的な機能であり安全弁であるという側面と、社会の柔軟性と成員個人の主体性とを失わせる危険性を含む側面とを有する。

既存の規範をあまりにもかたくなに遵守する硬直性のために、状況の変化に対応した新しい秩序の形成を妨げることにつながる「過同調」(overconformity)や、既存の規範や行動様式に同調しない(逸脱)にとどまらず、これらに異議を申し立て新しい規範の樹立を志向する「非同調」(non-conformity)の概念も存在する[1]。 また社会的に起こる現象として同調現象がある。

日本の社会には個人に同調を求める大変強い社会的圧力(同調圧力)がある事は、多くの欧米人に指摘されている[2][3][4]

関連項目

Tune

英単語tune(en:Tune)の無線工学などでの用法の訳語としては、電気回路などで作られた信号に対して他の回路が共振などによって追従する状態、およびそのように合わせ込むことを指し、「同調回路」などのように用いられる。チューナーチューニングなどの語がある。

Synchronization

英単語synchronization(en:Synchronization)の訳語としては、「同調」という語も使われるがもっぱら「同期」と訳す → 同期。日本語としては、同期がとれていることを、同調している、と言うことがある。

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 森博同調・非同調日本大百科全書小学館)、Yahoo!百科事典
  2. ^ Alan Macfarelane,アラン・マクファーレン, Japan Through the Looking Glass,2007 first published,Profile Books,page78,228
  3. ^ Ruth Benedict,ルース・ベネディクト,The Chrysanthemum and the Sword,1946 first published,Mariner Books,page140,141,315
  4. ^ Lafcadio Hearn,邦名小泉八雲,Japan :An Attempt at Interpretation, 1904 first published, Dodo Press, page211 etc.,

同調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 17:11 UTC 版)

キル・ゾーン」の記事における「同調」の解説

人間精神だけが他人の体に宿る現象ユーベルメンシュの「半身同士でしばしば起こるが、中には他人死者同調する能力持つ者もいる。ユージィンがヘル寄生されているのは、まさにこの「同調」現象他ならない

※この「同調」の解説は、「キル・ゾーン」の解説の一部です。
「同調」を含む「キル・ゾーン」の記事については、「キル・ゾーン」の概要を参照ください。


同調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「同調」の解説

『OGS』登場。ツインユニット内のパイロットのパラメータ数値の高い方に合わせる

※この「同調」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「同調」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


同調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:14 UTC 版)

トリックスターズ」の記事における「同調」の解説

共振作用利用して聴覚の同調などを行う魔術人間行った場合この魔術を通じて相手の状態がわかる。ただし、視覚の『同調』は『不可命題』。

※この「同調」の解説は、「トリックスターズ」の解説の一部です。
「同調」を含む「トリックスターズ」の記事については、「トリックスターズ」の概要を参照ください。


同調(シンクロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:36 UTC 版)

大石秀一郎」の記事における「同調(シンクロ)」の解説

世界のトッププロレベルにしか見られない全国大会時に菊丸同調した『新-』では仁王とも同調が可能となった

※この「同調(シンクロ)」の解説は、「大石秀一郎」の解説の一部です。
「同調(シンクロ)」を含む「大石秀一郎」の記事については、「大石秀一郎」の概要を参照ください。


同調(シンクロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:40 UTC 版)

菊丸英二」の記事における「同調(シンクロ)」の解説

ダブルス奇跡とも評されており、ピンチ時に発動するとも言われているサインなしで、お互いに次にどう動くのかが分かる全国大会準々決勝ペア再結成した大石とともに覚醒。新テニスでは、就寝前同室の長太郎宍戸との枕投げで意味も無く発動している。

※この「同調(シンクロ)」の解説は、「菊丸英二」の解説の一部です。
「同調(シンクロ)」を含む「菊丸英二」の記事については、「菊丸英二」の概要を参照ください。


同調(シンクロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:45 UTC 版)

WILD HALF」の記事における「同調(シンクロ)」の解説

飼い主同じ事強く思った時にそれが夢となる現象作中ではサルサ健人が共に「俺の身にもなってみろ!」と思った時、サルサが人に、健人になるという夢を見た。歳を取って強大な力を持つようになったワイルドハーフはこの力を自在に操ることができ、自らの夢を他人に見せることもできる

※この「同調(シンクロ)」の解説は、「WILD HALF」の解説の一部です。
「同調(シンクロ)」を含む「WILD HALF」の記事については、「WILD HALF」の概要を参照ください。


同調(シンクロ)!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 06:04 UTC 版)

Radio Cross」の記事における「同調(シンクロ!!」の解説

第25回新コーナー祭り登場番組内でよくやる「シンクロ!」という行動から、「●●といえば?」という質問募集し2人答えがあえば、「同調(シンクロ!!!」とオープニング前に叫べるというコーナー後半は、シンクロあまりできずコーナー廃止危機があった。 元ネタテニスの王子様

※この「同調(シンクロ)!!」の解説は、「Radio Cross」の解説の一部です。
「同調(シンクロ)!!」を含む「Radio Cross」の記事については、「Radio Cross」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「同調」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

同調

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 08:21 UTC 版)

名詞

調どうちょう

  1. 同じ調子。同じ利害
  2. 調子を合わせること。同じ調子を取ること。
  3. 人の意見行動に合わせること。
  4. 複数運動などの周期をあわせること。
    1. ラジオ受信機等で受信する周波数を合わせること。

類義語

対義語


「同調」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



同調と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

同調のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同調のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの同調 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキル・ゾーン (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)、トリックスターズ (改訂履歴)、大石秀一郎 (改訂履歴)、菊丸英二 (改訂履歴)、WILD HALF (改訂履歴)、Radio Cross (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの同調 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS