電気回路とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 通路 > 電気回路の意味・解説 

でんき‐かいろ〔‐クワイロ〕【電気回路】

読み方:でんきかいろ

電流の流れひと巡り通路回路


でんきかいろ 電気回路 electric circuit


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 15:09 UTC 版)

電気回路(でんきかいろ、: electrical circuit)は、電気を利用するために電源、負荷などの回路素子を導体で接続したものである[1]


  1. ^ 柴田尚志「電気回路I」コロナ社刊、2006年
  2. ^ a b 岩田聡『電子回路 新インターユニバーシティ』2008年、1頁
  3. ^ 雨宮好文『現代 電子回路学(I)』 オーム社、1994年、p.1
  4. ^ 電気学会 『電気回路論 改訂版』 1978年
  5. ^ 岩田聡『電子回路 新インターユニバーシティ』2008年、1-2頁


「電気回路」の続きの解説一覧

電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 17:03 UTC 版)

等価回路」の記事における「電気回路」の解説

電気回路では、オームの法則をはじめとして、キルヒホッフの法則テブナンの定理ノートンの定理などの交流回路理論の基礎的な事項用いて複雑な構成有する回路簡略化等価回路作成することができる。 例えば、オームの法則キルヒホッフの法則適用すれば、インピーダンス素子直列接続並列接続した構成の回路最小限素子置き換えることができる。 テブナンの定理ノートンの定理用いることにより、電圧源電流源となる電源インピーダンスを含む回路網において、任意の2点間に対す等価回路生成することができる。

※この「電気回路」の解説は、「等価回路」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「等価回路」の記事については、「等価回路」の概要を参照ください。


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 15:16 UTC 版)

電気科」の記事における「電気回路」の解説

学習指導要領平成30年度改正より従前の電気基礎」を名称変更したもので、基礎的な電気に関する理論と電気回路について学ぶ。多くの場合1年次オームの法則磁気回路コンデンサ回路などの直流回路2年次三相交流中心とした交流回路について学ぶ[要出典]。

※この「電気回路」の解説は、「電気科」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「電気科」の記事については、「電気科」の概要を参照ください。


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 00:45 UTC 版)

扛上」の記事における「電気回路」の解説

扛上こうじょう)とは継電器動作し電磁石電流流れ接点閉じた状態を言う。かつて継電器動作重力により復帰し接点が解放される落下)ものであったため、慣習的に鉄道信号軌道回路分野では、接点閉じ閉回路構成した状態を慣習的に扛上呼んでいる。

※この「電気回路」の解説は、「扛上」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「扛上」の記事については、「扛上」の概要を参照ください。


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 08:37 UTC 版)

電気」の記事における「電気回路」の解説

詳細は「電気回路」を参照 光や動力得たり有用な計算をさせるために、電気素子電気伝導体繋いだものを、電気回路という。電気回路は、抵抗器インダクタコンデンサスイッチ変圧器その他の電子部品などから成る電子回路には半導体などの能動素子使われており、非線形挙動を示すため、それを表すには複素解析必要である。最も単純な電気回路部品受動素子でかつ線型性を示すもので、一時的にエネルギー蓄えられる電力源含まず入力に対して線形反応する抵抗器は最も単純な受動素子である。名前が示す通りそれを通る電流に対して電気抵抗示しエネルギー一部を熱に変換する電気抵抗導体内を電荷移動する結果生じる。例え金属では主に電子同士イオン同士衝突によって電気抵抗生じる。電気工学基本法則であるオームの法則によれば抵抗器流れ電流はその両端電位差比例する多くの物質電気抵抗値は、広範囲温度電流値に対してほぼ一定である。抵抗値単位オームゲオルク・オームに因んで命名されたもので、ギリシア文字 Ω で表す。1Ωの抵抗器に1ボルト電位差印加すると1アンペア電流が流れるコンデンサ電荷蓄え機能を持つ素子で、蓄えた電荷によって生じた電場エネルギー蓄える。概念的には薄い絶縁層2枚導体の板で挟んだ形状で、静電容量を増すために体積に対して表面積増やすべく、実際には金属薄膜コイル状巻いている静電容量単位ファラドマイケル・ファラデーに因んで命名されたもので、F で表す。1ファラドコンデンサに1クーロン電荷蓄えると1ボルト電位差生じる。コンデンサ電圧源接続すると、最初電流流れて電荷蓄積される。しかし、電荷蓄えられていくと電流時間と共に減少し最終的に全く流れなくなる。従っコンデンサでは定常電流直流)が流れことはなく、むしろそれを阻止する性質があるコイル一般に導線の巻線であり、そこに流れ電流によって生じた磁場エネルギー蓄え素子である。電流変化するとその磁場変化し誘導起電力生じる。その誘導起電力電流時間変化比例し、その比例定数インダクタンスと呼ぶインダクタンス単位ヘンリージョセフ・ヘンリー因んだもので、H で表す。1ヘンリーコイルに1秒間に1アンペア割合変化する電流を流すと、1ボルト誘導起電力生じる。コイルある意味でコンデンサとは逆の作用をし、定常電流自由に流れるが、電流急激な変化阻止しようとする。 応用面の話題については電気工学参照

※この「電気回路」の解説は、「電気」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「電気」の記事については、「電気」の概要を参照ください。


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 05:08 UTC 版)

線型性」の記事における「電気回路」の解説

詳細は「線形回路を参照 入力出力の関係に線型性のある電気回路は、線形回路呼ばれる。特に増幅回路において、線形性有無重要である線形性不完全な場合は、増幅後の信号歪み生じる。

※この「電気回路」の解説は、「線型性」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「線型性」の記事については、「線型性」の概要を参照ください。


電気回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 17:36 UTC 版)

ACアダプタ」の記事における「電気回路」の解説

ACアダプタAC-DCアダプタ)は、コンセントより得た交流電力を、内部変圧器トランス)によって電圧降下降圧)させた後、整流器ダイオード)によって全波整流し、平滑回路平滑コンデンサ)によって出力平滑化して直流電力出力する。なお安定化回路付加されていない場合無負荷もしくは負荷の場合に定格1.5程度電圧が、高負荷の場合は定格下回る電圧出力されてしまうことがあるそのため多くの場合、さらにシリーズレギュレータまたはスイッチングレギュレータといった安定化回路接続して出力電圧一定にさせている。なお小容量のものでは安定化回路使用せず変圧器整流器簡単な平滑回路だけで構成された、非安定化ACアダプタもある。小電流のスイッチング方式ACアダプタ中にはトランス代わりにコンデンサツェナーダイオード使用したトランスレス方式のものもある。 1990年代以降スイッチング方式スイッチング電源主流になっている旧来の大きめトランス簡単な平滑回路だけのACアダプタに比べスイッチングノイズ発生したり、部品点数多くなりコストがかかるなどのデメリットがある。しかし小型トランス使えたりトランスレスにすることができるため小型化軽量化可能であったり、電力変換効率が高いというメリットがある交流から直流への変換時に生ず電力損失熱エネルギー形で放出されるため、使用中ACアダプタ熱を持つことが多い。シリーズレギュレータ使用した安定化電源回路搭載している場合、この部分での熱損失非常に大きいスイッチングレギュレータの場合も発熱はするが、シリーズレギュレータに比べれば少な傾向にある。同様の回路構成では、容量大きいほど発生する熱も多くなる傾向にある。大型のACアダプタでは、冷却用ファン搭載し強制空冷としているものもある。 使用時外でACアダプタには内部回路の構成上、微弱ながら電流流れている待機電力減らすためには、使用していない機器ACアダプタコンセントから外しておくことが望ましい。なお、ACアダプタ交流から直流への変換順変換)を目的とした機器であり、直流から交流への変換逆変換)は不可能であるトランス式のACアダプタ内部(非安定化電圧可変極性切替スイッチ付きスイッチング式のACアダプタヨーロッパ仕様)の内部 iPod classicUSB ACアダプタ内部スイッチング式) トランスACアダプタリニア電源)のブロック図 トランスACアダプタの非安定化回路(TV1:変圧回路VD:ブリッジ整流回路C1:平滑コンデンサトランスACアダプタ整流前の電圧波形黄色)と、出力電圧波形緑色)。原理上、わずかに脈流の跡(リップル)が残る。

※この「電気回路」の解説は、「ACアダプタ」の解説の一部です。
「電気回路」を含む「ACアダプタ」の記事については、「ACアダプタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電気回路」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電気回路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電気回路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気回路」の関連用語

電気回路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電気回路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの等価回路 (改訂履歴)、電気科 (改訂履歴)、扛上 (改訂履歴)、電気 (改訂履歴)、線型性 (改訂履歴)、ACアダプタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS