アクティブとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > アクティブの意味・解説 

アクティブ [1] 【active】

アクチブとも〕
( 名 )
形動
元気で,活気のあるさま。よく動き回るさま。活動的。活発。
自ら進んで他に働きかけるさま。能動的積極的。 ↔ パッシブ 「 -な人物

アクティブ

アクティブとは、(1)装置プログラム動作中、入力受け付ける状態のこと、あるいは(2)俗にパソコン通信電子掲示板BBS)などで頻繁に書き込み発言繰り返す人のことである。

(1)
【英】active

装置プログラムの状態で、動作中、または入力受け付ける状態のことである。特にWindowsMacintoshにおいて、複数ある中で最前面に表示されているウィンドウは、「アクティブウィンドウ」と呼ばれる

(2)
【英】active

俗にパソコン通信電子掲示板BBS)などにおいて、頻繁に書き込み発言繰り返す人のこと。これに対して閲覧だけを行い発言をしない人はROMread only member)と呼ばれる


アクティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/09 04:33 UTC 版)

アクティブ (Active)




「アクティブ」の続きの解説一覧

アクティブ

出典:『Wiktionary』 (2012/03/10 15:36 UTC 版)

名詞

  1. 活動的、積極的、行動的。
  2. 能動態

語源

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アクティブ」に関係したコラム

  • FXのデモ口座でデモトレードをするには

    FX業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前にデ...

  • 日本国内のFX業者のスワップポイント比較

    スワップポイントは、通貨ペアを売りポジション、あるいは、買いポジションした場合に発生する利息です。スワップポイントは、FX業者によって設定されて1日ごとに変動します。次の表は、2012年5月24日現在...

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電話取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電話取引は、顧客が何らかの事情...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アクティブ」の関連用語

アクティブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iCloud

dTVターミナル

Zune

LUMIX Phone P-02D

魚眼レンズ

Microsoft Arc Touch mouse

microSD

FlashPath





アクティブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアクティブの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクティブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアクティブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS