アスキーアートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > アート > アスキーアートの意味・解説 

アスキーアート

別名:ASCIIアート

アスキーアートとは、文字記号を並べたり組み合わせたりして作成する絵画のことである。

等幅フォントで見ることを前提として発達したサブカルチャーであるが、WindowsのようなGUI備えOS普及している状況では、閲覧者等幅フォントで見るとは限らずまた、閲覧環境種類が増えたため機種依存文字使えないなどといった制約も増えている。したがって、現在では、ASCIIアート自体テーマにしたWebサイト等で「作品」を発表する程度になっている

また、プロポーショナルフォントで描かれたASCIIアート存在するが、同じフォントでも大きさによって微妙に文字幅が変わることに加えてフォントごとに文字の幅が違うため、作者と同じ環境閲覧なければ表示崩れるといった同様の現象が起こる。

過去に、パソコン通信において仲間内での趣味的なものとして使用されていたものが、現在でも、画像掲載機能のない電子掲示板や、アスキーアート自体を扱っているサイトなどにおいてのみ用いられているのが現状である。

WWWのほかの用語一覧
Webサイト:  BBS  ASCIIアート  Amazon Mechanical Turk  アスキーアート  アバター  アクティブ  アンカー

アスキーアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 03:46 UTC 版)

アスキーアート(ASCII art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法のこと。テキストアート活字アート絵文字などとも呼ばれる。しばしばAAと略される。ASCIIでない文字コードのテキストアートも日本語では「アスキーアート」と呼ぶ。




  1. ^ Joan G. Stark, "The History of ASCII (Text) Art", 2001.
  2. ^ Paul Robert, "Typewriter Art", The Virtual Typewriter Museum, 2005.
  3. ^ The Original ASCII Art Was Just This Guy and His Typewriter, GIZMODO.COM, 2014年1月23日付
  4. ^ ジョアン・スターク英語版, DEVELOPMENT OF (ASCII) TEXT ART, 2000年.
  5. ^ RTTY art made easy, RTTY Journal 1970年11月号.
  6. ^ Wayne E. Carlson, "1966 Studies in Perception I by Ken Knowlton and Leon Harmon (Bell Labs)", 2003年.
  7. ^ Wayne E. Carlson, An Historical Timeline of Computer Graphics and Animation[リンク切れ], オハイオ州立大学デザイン学部, 2003年.
  8. ^ 顔文字の歴史(Web Archives), 針谷喜久雄(通商産業省電子技術総合研究所)
  9. ^ 顔文字の起源:若林泰志[リンク切れ]
  10. ^ 顔文字の歴史
  1. ^ たとえば2ちゃんねるでは、デバイスとしてウェブブラウザを使う関係上、大半のWindows用ブラウザのデフォルトであった「MS Pゴシック」がアスキーアート用フォントのデファクトスタンダードとなり、後年には「モナーフォント」を皮切りとして、MS Pゴシックと全く同じ文字幅で設計されたフォントが多数制作されている。


「アスキーアート」の続きの解説一覧



アスキーアートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスキーアート」の関連用語

アスキーアートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アスキーアートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアスキーアートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスキーアート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS