文字化けとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 文字化けの意味・解説 

もじ‐ばけ【文字化け】

コンピューターで、文字がの文字意味不明記号変化して表示出力されること。主な原因として、異な文字コード読み込む機種依存文字使用する、機器不良回線ノイズが生じる、ソフトウエア設定を誤るといったものが挙げられる。プリンターに、対応する書体データがない場合にも生じる。


文字化け

読み方もじばけ
【英】character error

文字化けとは、テキストファイル送受信した際に、何らかの原因文字が正しく認識されずに誤った文字表示されてしまう現象のことである。特に全角かな・漢字において発生することが多く原因によっては英数字といった半角文字化けることもある。

文字化けの主な原因としては、(1)送信側と受信側とでそれぞれ異な文字コード用いているために誤変換される、(2)無手順方式などでテキスト送受信した際のノイズ混入、あるいはデータ欠落によって発生する、(3)機種依存文字を使っている、あるいは正しく表示するために必要なフォントがない、といったことが挙げられる。


(1)送信側と受信側とでそれぞれ異な文字コード用いているために誤変換される場合は、特にHTMLで書かれたWebページ読み込む際に発生するもので、Webブラウザ文字コード勘違いする、あるいはWebページに誤った文字コード宣言埋め込まれている、などの事態原因となる。データそのものは完全な形で受信できているため、手動正しい文字コード指定すれば正しく表示させることができる。


(2)無手順方式などでテキスト送受信した際のノイズ混入、あるいはデータ欠落によって発生する場合は、特に電子メール受信する際に発生することが多い。これはデータそのもの変容する失われるかしてしまっているため、文字化けした文書直し正しく読める形にすることは難しい。データ欠落は特に文字落ち呼ばれて区別される場合もある。送信者に再送信してもらうのがよい。


(3)機種依存文字を使っている場合は、受信側はいかなる方法でも対応できないので、送信前に対応できる形式置き換えてもらう必要がある正しく表示するために必要なフォントがない場合は、文書ファイル印刷する場合などに発生するもので、これはプリンターフォントインストールするなどの方法対処することができる。

一般的には文字化け現象広く表示変体として捉えられるが、見方によっては、データ転送正しく行なわれた後の処理において正し表示失敗する現象を厳密な意味での文字化けであるとする見方もある。このような立場では、転送経路情報欠落するといった原因よるものは文字落ちであるとして、文字化けとは厳密に区別される。

情報処理のほかの用語一覧
文字コード:  区点コード  マルチバイト文字  文字コード  文字化け  日本語EUC  ニューメリック  RLO

文字化け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 08:31 UTC 版)

文字化け(もじばけ)とは、コンピュータ文字を表示する際に、正しく表示されない現象のこと。


  1. ^ CJKV日中韓越情報処理,ケン・ランディ,オライリージャパン, 2002
  2. ^ 日本語情報処理,ケン・ランディ,ソフトバンククリエイティブ, 1995
  3. ^ 漢字トーク KanjiTalk”. 2014年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月30日閲覧。:ここに久保芳之からの説明メールが掲載されている


「文字化け」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文字化け」の関連用語

文字化けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文字化けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ文字化けの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文字化け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS