適宜とは?

適宜

読み方:てきぎ

「適宜」の意味・由来

適宜(てきぎ)とは、その時々の状況に応じてふさわしい行動を取るさま、また各自判断行動を取るさまを表す言葉。主に文章改まった会話で用いる、やや硬い漢語である。

「適宜」を構成する「適」「宜」はいずれも状況にかなっているさま、妥当であるさまなどを意味する字である。

「適宜」の用法

「適宜」が副詞として動詞にかかる場合は、状況に応じてその行動を行うさま(例、「仕事内容は適宜指示する」)や、各自判断でその行動を行うさま(例、「休憩は適宜取ってください」)を意味して用いられる。後者場合、「適宜~してください」「適宜~することができる」のように、依頼許可などを表す表現を伴うことが多い。また、「適宜に」の形にもなる(例、「適宜に選ぶ」)。

「適宜」が名詞修飾する場合には、「適宜な」および「適宜の」の形になる(例、「適宜な手段」「適宜の方法」)。

「適宜に」「適宜な」の形があるため、「適宜」は形容動詞であると考えることもできるが、これら以外の活用形はほとんど用いられない

なお、名詞としての「適宜」は主語に立つことがない

また、料理レシピなどでは、適当な分量の意でも用いられる(例、「塩適宜を加える」)。

「適宜」の類語

「適宜」と似た意味の言葉に「適当」「適切」「随時」「随意」などがある。

「適当」は、その状況などにぴったりあてはまるさまを意味し、「自分に適当する仕事」のようにサ変動詞にもなるが、「適宜」はサ変動詞にはならない名詞修飾する場合は、「適宜」と同様、「適当な」「適当の」のいずれも用いられる。また「適当」には、「適当なことを言う」のように、その場間に合わせである様子の意もあるが、「適宜」にはそのような意味はない。

「適切」は、その状況にふさわしいさまを意味する語である。名詞修飾する場合もっぱら適切な」が用いられ、「適切の」は用いにくい。

「適宜」は刻々と変化する状況に応じて物事を行うというニュアンスが強いが、「適当」「適切」にはそのような含みはない。また、「適当」「適切」にはいずれも、「適宜」にあるような、各自判断行動をとるさまの意もない。また、「適当」「適切」は副詞としては用いない。

随時」は「いつでも」の意で、時々の状況に応じてという意味が「適宜」と共通する。「随時」(「随時に」の形にもなる)はもっぱら副詞として用い、名詞形容動詞としては用いにくい。

随意」は「思うまま」の意で、各自判断によるという意味が「適宜」と共通する。「随意」は名詞あるいは形容動詞として用い、副詞としては用いられない

なお、「適宜」と語形似ている適時」は、ある物事をするのにちょうどよい時の意である。

「適宜」の派生語

適宜であるかどうか度合いを「適宜さ」ということがある。

「適宜」の用例




執筆稲川

てき‐ぎ【適宜】

[名・形動

状況によく合っていること。また、そのさま。適当。「適宜な(の)処理」「成績不振者に適宜個人指導をする」

便宜に従うこと。その時に応じて各自判断行動するさま。「適宜に席に着く」「見学後適宜解散とする」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「適宜」の関連用語

適宜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



適宜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS