モチベーションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > モチベーションの意味・解説 

モチベーション [3] 【motivation】

動機(どうきづ)
物事を行うための,動機意欲になるもの。刺激熱意。 〔消費者購買動機や,スポーツ選手意欲などに用いられることが多い〕

モチベーション

英語:motivation

モチベーションとは「やる気」「意欲」「動機」などの意味で用いられる表現である。行動起こす契機となる刺激意欲、といった意味合いが主といえる。「モチベ」と略される場合がある。

【モチベーションの語源
モチベーションは英語のmotivationカナ表記した外来語である。motivationは「motive」(動機)に由来する抽象名詞であり、motivemotiveモチーフ)と共通の語源をもつ。

日本語でもモチベーションは英語と同様もっぱら名詞として扱われ、たとえば「特にやる気もないし必要に駆られているわけでもない」というような状況指して「モチベーションがない」と表現したりする。

【モチベーションの用例
いかにしてモチベーションを維持続けるかが重要だ
・こう成績不振が続くとモチベーションを保てない
チーム全体のモチベーションが低下傾向にあるようだ

類語
モチベーションと同じような意味の語彙としては「やる気」「動機」などが挙げられる。「やる気」「動機」と「モチベーション」の間には特に際立った意味・ニュアンスの差があるわけではない。「やる気」と「動機」の両方を含む意味で「モチベーション」の語が用いられる、あるいは、日本語で「やる気がない」という風に述べた際に漂う露骨雰囲気緩和する意味で「モチベーション」のごとき外来語が用いられる、といった解釈成立し得る

派生語
組織運営において構成員意欲を(高く維持続けるよう)管理することを「モチベーションマネジメント」と呼ぶことがある

モチベーション

【英】motivation

動機づけの意。人間本性的に無目的行動しないので、目標に向かって行動かきたてる原動力不可欠働きがい、創意工夫といった心理面で積極的な意欲をかき立て販売活動活性化させる方策実用になる。そのためには、個々人目標設定極めて重要。モチベーションを探るため、社員対象として職場仕事対す意識要望調べるモラル・サーベイを行うことがある

モチベーション

動機づけ」と訳されます。人間行動喚起し、方向づけ、統合する内的要因動機といい、モチベーションは、その動機の状態になることを促す心理的エネルギーを表す概念です。一般的には「意欲」「やる気」と同じような意味で使われます。

モチベーション

【英】motivation

・モチベーションとは、人が一定の方向目標に向かって行動し、それを維持する働きを意味し、「動機づけ」「やる気」とも呼ばれ、人間行動いかにして始動し・方向づけられ・維持され停止していくのか、そしてこれらが進行する過程どのような反応人間有機体内部生起するのか、を説明するために考えられた概念である。

・モチベーションは、「外発的動機付け」「内発的動機付けからなる外発的動機づけは、「誘因」によって行動を起こさせるものであり、内発的動機づけは「動因」により、モチベーションアップを目指すのである

ハーズバーグは、企業におけるこの動因誘因具体的に研究し、さまざまな企業職種社員から、仕事中に極度の満足・不満を覚えたとき、どのようなことが起きたかについて質問し、その要因抽出し動機づけ衛生理論」として発表した。

・満足を引き起こしたものとして、達成他者からの評価仕事内容への満足感責任昇進進歩個人的成長などが上げられた(動機付け要因)。

逆に不満を招いた要因には、企業施策管理監督対人関係作業条件給与福利厚生雇用保証などが上げられた(衛生要因)。衛生要因は満たされないことで不満を引き起こすが、満足度高めるものではない。

・従っていくら衛生要因配慮してもモチベーション向上にはつながらず、動機づけ要因高めることは必要になる。

関連ページ
アクティベーションマネジメント

モチベーション motivation

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

動機付け

人間幸せのために努力するモチベーション動機付けとなっているのは,動物としての生存本能だ。

意味説明

ものごと取り組む意欲内側から高め働きかけ

その他の言い換え語例

意欲 やる気 士気


動機づけ

(モチベーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/30 09:35 UTC 版)

動機づけ(どうきづけ、motivation/mòʊṭəvéɪʃən(米国英語), m`əʊṭəvéɪʃən(英国英語)/、モチベーション)とは、行動を始発させ、目標に向かって維持・調整する過程・機能。


  1. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.57
  2. ^ ジョン・アデア著 『Effective Motivation.』 Pan. (1996). ISBN 0-330-34476-5.
  3. ^ 美濃哲郎、大石史博編『スタディガイド心理学』(ナカニシヤ出版、2007年)、p.59


「動機づけ」の続きの解説一覧

モチベーション

出典:『Wiktionary』 (2011/08/19 15:08 UTC 版)

語源

名詞

  1. やる気動機意欲行動起こす直接原因動機付け
    モチベーションを、上げる / 下げる / 高める / 保つ
    モチベーションが、上がる / 下がる

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モチベーション」の関連用語

モチベーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モチベーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動機づけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモチベーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS