誘因とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 原因 > 誘因の意味・解説 

ゆう‐いん〔イウ‐〕【誘因】

読み方:ゆういん

ある事柄誘い出す原因。「物価上昇の―」

「誘因」に似た言葉

トリガー、誘因

【仮名】とりがー
原文trigger

医学では、あるプロセス開始させる、またはある結果をもたらすような特定の出来事例えば、化学療法痛みを伴う治療法、あるいはそれらに伴う臭い、音、光景は、がん患者にとって不安や恐怖のトリガーとなりうる。アレルギーでは、カビ花粉塵埃が、くしゃみ涙目、咳のトリガーとなりうる。

誘因

【英】Incentive
読み方ゆういん

行動はなぜ一定方向に向かうか(指向性ということ説明するために、考えだされた概念のひとつ摂食行動を例にあげれば飢餓動因によって行動始発されても、食物という外的刺激なければ摂食行動完了しないこのように行動目標となる刺激対象を誘因という。なお、誘因には正[接近]または負[回避]の力がある考えられている。摂食行動完了するためには、動因と誘因(すなわち、動機づけ)が必要。絶食動因操作かかわっており、誘因とは無関係である

誘因

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 02:25 UTC 版)

経済学において、経済主体の行動を変化させるような事柄(金銭的・非金銭的なもの含む)を誘因(インセンティブ)と呼ぶ。




「誘因」の続きの解説一覧

誘因

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 23:02 UTC 版)

土砂災害」の記事における「誘因」の解説

土砂災害の誘因(引き金)には、集中豪雨台風などによる大雨地震火山活動天然ダム決壊人工的な掘削などがある。

※この「誘因」の解説は、「土砂災害」の解説の一部です。
「誘因」を含む「土砂災害」の記事については、「土砂災害」の概要を参照ください。


誘因

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 06:00 UTC 版)

心身症」の記事における「誘因」の解説

心身症なりやす人の性傾向としてアレキシサイミア呼ばれるタイプ指摘されている。これは自己の感情意識的に認知することの苦手さや、空想力創造力欠如特徴とする性格傾向である。アレキシサイミアの人は、不満や不安などの感情意識認識する代わりに身体表現してしまうのではないかというメカニズム考えられている。 また、例えば「攻撃的な性格の人は循環器系疾患なりやすい」など、その人パーソナリティ症状表れる身体部位関連するという説が一部にはあるが、明確に証明されているわけではない

※この「誘因」の解説は、「心身症」の解説の一部です。
「誘因」を含む「心身症」の記事については、「心身症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誘因」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誘因

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:12 UTC 版)

名詞

ゆういん

  1. ある作用引き起こす直接原因

「誘因」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



誘因と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誘因」の関連用語

誘因のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誘因のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誘因 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの土砂災害 (改訂履歴)、心身症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誘因 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS