誘発とは? わかりやすく解説

ゆう‐はつ〔イウ‐〕【誘発】

読み方:ゆうはつ

[名](スル)ある事が原因となって他の事引き起こすこと。「悪路事故を—する」


誘導

同義/類義語:誘発
英訳・(英)同義/類義語:induction, Induction, embryonic

一般的には、ある物が対象物直接的に接触することなく、それを元とは別の状態に変化させること。合成化学では、それを元として合成され化合物を、元の化合物誘導体という。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  解毒  解離  許容条件  誘導  誘導の連鎖  誘導的合成  誘導的造血

誘発

作者山崎文男

収載図書全作短篇小説集 第2巻
出版社全作家・出版局
刊行年月1997.12


誘発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 04:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「誘発」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「誘発」を含むページの一覧/「誘発」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「誘発」が役に立つかも知れません。


誘発

出典:『Wiktionary』 (2021/09/20 10:43 UTC 版)

名詞

ゆうはつ

  1. あることきっかけとなって別の作用事件事故などが発生すること。

動詞

活用

サ行変格活用
誘発-する

「誘発」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

誘発のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誘発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誘発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誘発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS