連鎖反応とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 反応 > 連鎖反応の意味・解説 

れんさ‐はんのう〔‐ハンオウ〕【連鎖反応】

一つ反応が他の反応誘起し、さらにそれが次の反応原因となって、同じ反応繰り返し進行する現象重合爆発核分裂など。

一つの出来事きっかけとなり、同種のことが次々に起こること。「爆弾テロの連鎖反応が起こる」


連鎖反応

ウランプルトニウムなどの核分裂性物質は、中性子吸収すると核分裂起こす性質持っている一つ原子核分裂するとき中性子が2~3個飛び出し、この新たな中性子が他のウラン原子核に当たることで、次々と核分裂引き起こす。このことを連鎖反応という。 原子力発電とは、この連鎖反応を制御しながら核分裂に伴い発生する多くエネルギーを熱として取出し、その熱で蒸気発生させて発電する仕組みである。

連鎖反応

作者フレッド・カサック

収載図書殺人交叉点
出版社東京創元社
刊行年月2000.9
シリーズ名創元推理文庫


連鎖反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/01/11 07:14 UTC 版)

連鎖反応(れんさはんのう、chain reaction)とは一般に、ある反応における生成物や副産物が新たに同種の反応を引き起こし、結果的に反応が持続したり拡大したりする状態を指す。




「連鎖反応」の続きの解説一覧

連鎖反応

出典:『Wiktionary』 (2019/12/17 05:16 UTC 版)

名詞

連鎖 反応れんさはんのう

  1. 化学電子工学)ある反応契機として同種の反応繰り返される現象
  2. 一つ出来事契機として同種の出来事起こること。

発音

れ↗んさは↘んのー

翻訳




連鎖反応と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連鎖反応」の関連用語

連鎖反応のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連鎖反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2021 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連鎖反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの連鎖反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS