チェーンメールとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > チェーンメールの意味・解説 

チェーンメール

別名:チェンメ
【英】chain mail

チェーンメールとは、不特定多数人間次々と転送されるように求め内容電子メール総称である。

チェーンメールの内容は、多く場合不幸の手紙電子メール版のようなもので、迷惑行為にあたる。儲け話や有名人のうわさなどから、中には脅しに近いメッセージや、表向き慈善的な内容のものもある。共通点としては、文末知人など複数人数へ転送促すメッセージが入っている。

電子メール転送は非常に手軽で、手紙媒介する「不幸の手紙」などと比べ増殖しやすいという特徴持っている。チェーンメールの転送ネットワークにとって無意味負荷であり、また、もっともらしい情報真に受けられて社会的混乱を招くこともある。一般的マナーネチケット)としては、チェーンメールを受け取ったら転送しない態度良いとされている。


参照リンク
チェーンメールは悪
電子メールのほかの用語一覧
メールの種類:  メールマガジン  メール爆弾  ループメール  チェーンメール  Webメール
メールソフト:  アウトルック  e-mailクライアント

チェーンメール

収載図書渋谷怪談サッちゃん都市伝説 モバイル・アナザー・ストーリーズ
出版社ジャイブ
刊行年月2004.12


チェーンメール

作者奥山里志

収載図書ショートショートの広場 17
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文庫


チェーンメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 08:45 UTC 版)

チェーンメール英語: chain letter)は、受信者に対して他者への転送を促す手紙(メール)[1]、特に巧妙な文面を用いて受信者に不特定多数への転送を促す手紙(メール)のこと[1]




  1. ^ a b 持丸 浩二郎『とっておきの秘技迷惑メール・スパイウェアの撃退法!』シーアンドアール研究所、2005年、56頁
  2. ^ 1997年11月12日付読売新聞東京版朝刊
  3. ^ 1998年5月16日付朝日新聞東京版夕刊
  4. ^ これが「棒の手紙」だ! - 山本弘による「棒の手紙」の分析記事。
  5. ^ AB型Rh(-)の方への供血献血依頼のメールについて - ウェイバックマシン(2001年2月4日アーカイブ分)
  6. ^ 「jdbgmgr.exe」に関するデマメール情報
  7. ^ 千葉製油所関連のメールにご注意くださいコスモ石油、2011年3月12日
  8. ^ 「外国人窃盗団」「雨当たれば被曝」被災地、広がるデマ1/22/2 朝日新聞2011年3月26日
  9. ^ 東北地方太平洋沖地震に関するチェーンメール等にご注意ください。(総務省「重要なお知らせ」、2011年3月15日更新)
  10. ^ a b 持丸 浩二郎『とっておきの秘技迷惑メール・スパイウェアの撃退法!』シーアンドアール研究所、2005年、57頁
  11. ^ 【P5 転送先】|撃退!チェーンメール|迷惑メール相談センター|


「チェーンメール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チェーンメール」の関連用語

チェーンメールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チェーンメールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリチェーンメールの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェーンメール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS