レイシャルハラスメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > レイシャルハラスメントの意味・解説 

人種差別

(レイシャルハラスメント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/29 14:19 UTC 版)

人種差別(じんしゅさべつ、英語: racial discrimination)とは、人間人種民族国籍地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、いじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。




[ヘルプ]
  1. ^ “アングル:緊縮策のギリシャで「移民危機」、社会不満のはけ口に”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE8B800420121209 2014年8月23日閲覧。 
  2. ^ 『日本人とアフリカ系アメリカ人 ―日米関係史におけるその諸相―』 古川博巳古川哲史 明石書店 ISBN 9784750319223 P79-86
  3. ^ 渡辺勝正 『真相・杉原ビザ』 大正出版、2000年 ISBN 4-8117-0309-X [要ページ番号]
  4. ^ 毎日新聞「開かれた新聞 委員会から ヘイトスピーチ報道」毎日新聞 東京朝刊 2016.7.1[1]
  5. ^ 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律[2]
  6. ^ 「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について 2016.6.27[3]
  7. ^ International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination[4]
  8. ^ 沖縄の民意尊重を 国連人種差別撤廃委が日本に勧告 2014.8.30[5]
  9. ^ 人種差別撤廃委員会の最終見解(CERD/C/JPN/CO/7-9)に対する日本政府コメント(2016年8月)[6]
  10. ^ 人種差別撤廃委員会の最終見解(CERD/C/JPN/CO/7-9)に対する日本政府コメント(2016年12月)[7]
  11. ^ a b c d e レイバーネット「韓国:人種差別撤廃の日・韓国社会の「人種差別」深刻 2014.30.20[8]
  12. ^ a b AFP通信2014年10月1日「韓国社会の人種差別問題、国連が調査を開始
  13. ^ 中央日報2013年6月11日
  14. ^ a b 朝鮮日報2014/9/21「韓国は経済力で人種差別」米紙が批判」
  15. ^ ハンギョレ2014.2.1「アフリカ舞踊家に‘奴隷労働’させたセヌリ党 ホン・ムンジョン事務総長
  16. ^ South Korean Views on Race Linked to Economics」Wall Street Journal,Sep.11.2014
  17. ^ a b XINHUA2014年9月30日韓国で人種差別が蔓延、国連が実態調査へ・・「充分に調べて欲しい」「隣の日本へ行け」―韓国ネット
  18. ^ XINHUA2014年9月30日韓国社会に蔓延する人種差別、国連が調査に乗り出す―シンガポール華字紙
  19. ^ 大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイハラ 2017年9月18日 朝日新聞2017年9月18日閲覧


「人種差別」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レイシャルハラスメント」の関連用語

レイシャルハラスメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゴロファ

石段

兵馬傭博物館

浜松広報館

ライザー・テンショナー

大利根用水

薩摩硫黄島

長崎ちゃんぽん





レイシャルハラスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人種差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS