酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律の意味・解説 

酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 14:41 UTC 版)

酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律(さけによってこうしゅうにめいわくをかけるこういのぼうしとうにかんするほうりつ、昭和36年6月1日法律第103号)は、に酔っている者[1]の行為を規制し、または救護を要する酩酊者を保護する等の措置を講ずることによって、過度の飲酒が個人的および社会的に及ぼす害悪を防止し、もつて公共の福祉に寄与することを目的として1961年に制定された日本法律である。通称酩酊防止法酔っぱらい防止法めい規法トラ退治法




  1. ^ 酔っ払いのこと。アルコールの影響により正常な行為ができないおそれのある状態にある者をいう。この法律では「酩酊者」という)
  2. ^ 法令の題名、件名及び略称 - 参議院法制局


「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」の関連用語

酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS