オワハラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > オワハラの意味・解説 

おわハラ

別表記:オワハラ、終わハラ

新卒生就職活動において企業側から就活終わらせるようにと促されること、内定を出す代わりに確実に入社するするようにと要求すること。「就活終われハラスメント」の略。

小学館NEWSポストセブン」の2015年3月22日オンライン版記事などが最新就活キーワードのひとつとして「おわハラ」を挙げ、その実態を紹介している。

おわハラ

「おわハラ」とは、「就活終われハラスメント」を略した新語で、企業人事担当者就職活動中の学生に対し、他社への就活を終わらせて、自社への入社決断するように強要したり、嫌がらせをしたりする行為指します。2015年採用活動では経団連指針変更により、採用選考時期大幅後ろ倒しされるため、指針を守る義務のない経団連加盟中小ベンチャー企業などが優秀な人材大企業よりも早く囲い込もうとして、「おわハラ」に走る可能性懸念されています。

オワハラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/06 00:20 UTC 版)

オワハラとは、就職活動において起きているハラスメント。就活終われハラスメントとも。これは企業学生に対して就職活動を終わらせることを強要するということである。企業側が採用したいと思った学生に対して、現時点で就職活動を終わらせるならば内定を出すなどといった形で行われている[1]文部科学省の調査によれば、約7割の大学短期大学が学生からのオワハラに関する相談を受けていたとのこと。オワハラを受けたという学生の人数も増えており、2015年7月に行った調査の人数は5月に行われた調査での人数の3倍に増加していた[2]。この問題を受けて塩崎恭久厚生労働大臣は2015年7月31日に行われた記者会見で、企業に対してオワハラを行わないように呼びかけ、学生が納得しないまま就職しても学生と企業にとってよい結果につながらない可能性があると指摘した。そして今後は企業向けにリーフレットを作成し、都道府県労働局を通じて徹底周知をはかるもよう[3]。 一方、1980年代には一部の大学(例:関西大学の一部学部)で「(志望の強弱は別にして、就職を希望したのだから)内定を取れたら以後の、大学からの推薦、紹介を行わない」としていた事例があり、就職を斡旋する大学も過去には誤った風潮があった。






「オワハラ」の続きの解説一覧

オワハラ

出典:『Wiktionary』 (2020/03/15 14:02 UTC 版)

語源

複合語:終われ +‎ ハラスメント

名詞

オ ワ ハ ラ

  1. 就職活動において、内定出し企業内定を受け取ったものに対して就職活動終了要求することを嫌がらせハラスメント)に例えていう


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オワハラ」の関連用語

オワハラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オワハラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオワハラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオワハラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS