洗脳とは? わかりやすく解説

せん‐のう〔‐ナウ〕【洗脳】

読み方:せんのう

[名](スル)

共産主義社会における思想改造中華人民共和国成立後の、旧体制知識人などに対す強制的な思想改造非難したbrainwashing由来

その人主義思想根本的に改めさせること。「—されて組織に入る」


洗脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/24 13:58 UTC 版)

洗脳(せんのう)またはブレインウォッシング: brainwashing)は、強制力を用いて人の思想主義を根本的に変えさせる事。


  1. ^ 明鏡国語辞典、大修館書店
  2. ^ 世界大百科事典 第2版によれば、「中華人民共和国成立後,数年にわたり全国的な範囲と規模でおこなわれた知識人の自己改造・自己変革を思想改造という。」「旧社会から持ちこんできた習慣や思想を改造し,勤労者さらにはプロレタリアへ立場を移すよう,組織的な学習運動がおこなわれた。」
  3. ^ a b Hunter, Edward (1951). Brain-washing in Red China: the calculated destruction of men’s minds. New York: Vanguard Press.日本語訳:エドワード・ハンター、福田実訳『洗脳 中共の心理戦争を解剖する』法政大学出版局、1953年。
  4. ^ Hunter, Edward(1956),BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,Ambassador Books, Ltd., Toronto.
  5. ^ a b Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.50-51
  6. ^ Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.43-45
  7. ^ a b Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.198
  8. ^ a b c d e f Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.184
  9. ^ a b c Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.182
  10. ^ Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.202
  11. ^ Hunter, Edward,BRAINWASHING: The Story of the Men Who Defied it,p.48-49
  12. ^ Hunter, Edward. “Communist psychological warfare”,COMMITTEE ON UN-AMERICAN ACTIVITIES HOUSE OF REPRESENTATIVES, EIGHTY-FIFTH CONGRESS SECOND SESSION,MARCH 13, 1958.
  13. ^ Robert Jay Lifton,Thought Reform and the Psychology of Totalism: A Study of "Brainwashing" in China. New York: Norton. 1961.(オンライン,邦訳ロバート・J・リフトン『思想改造の心理―中国における洗脳の研究』 誠信書房 1979年
  14. ^ Lifton 1979, p.253
  15. ^ a b 彭厚訓編、撫順戦犯管理所編『日本戦犯再生の地』五州伝播出版社,p.8-10
  16. ^ a b 石田隆至「寛大さへの応答から戦争責任へ ─ある元兵士の「終わりなき認罪」をめぐって─」プライム (31), p59-72, 2010-03,明治学院大学国際平和研究所
  17. ^ a b c d e f g h 安藤裕子「和解の記憶の欠落 ―戦後日本における「認罪」の表象―」『アジア太平洋討究』No. 25,2015年
  18. ^ 上杉千年「拝啓 広島県教育委員会殿 第5弾「広島解放区」にうごめく教員組合と校長会」正論1999年4月号
  19. ^ 秦郁彦「『世界』が持ち上げる「撫順戦犯裁判」認罪書 の読みかた」『諸君!』1998年5月号(文藝春秋)
  20. ^ 小林よしのり『新ゴーマニズム宣言 SPECIAL 戦争論』幻冬舎(1998),第 13 章「洗脳されている自覚はない」pp. 183‒194
  21. ^ 『世界』1998年5月号 pp. 69‒70
  22. ^ 週刊金曜日「中国へ『帰郷』した日本人戦犯たち(上)(下)」2000年10月3日号 pp. 52‒55, 10月20日号 pp. 30‒33
  23. ^ “China: Extreme brainwashing at Uighur prison camps exposed in new leak”. ドイチェ・ヴェレ. (2019年11月24日). https://www.bbc.com/japanese/50542004 2019年11月25日閲覧。 
  24. ^ a b c “中国政府、ウイグル人を収容所で「洗脳」 公文書が流出”. BBC. (2019年11月25日). https://www.bbc.com/japanese/50542004 2019年11月25日閲覧。 
  25. ^ “Exposed: China’s Operating Manuals For Mass Internment And Arrest By Algorithm”. 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ). (2019年11月24日). https://www.icij.org/investigations/china-cables/exposed-chinas-operating-manuals-for-mass-internment-and-arrest-by-algorithm/ 2019年11月26日閲覧。 
  26. ^ “大規模システムでウイグル族を監視 中国当局の内部文書判明”. 東京新聞. (2019年11月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201911/CK2019112502000118.html 2019年11月26日閲覧。 
  27. ^ “Secret documents: China detention camps to 'prevent escapes'”. 毎日新聞. (2019年11月25日). https://mainichi.jp/english/articles/20191125/p2g/00m/0in/039000c 2019年11月25日閲覧。 
  28. ^ The Church Committee:Foreign and Military Intelligence,Final Report,1976,p. 390
  29. ^ Donald Bain's The Control of Candy Jones,1976,Playboy Press
  30. ^ “China Inspired Interrogations at Guantánamo”. ニューヨーク・タイムズ. (2008年7月2日). https://www.nytimes.com/2008/07/02/us/02detain.html 2020年1月4日閲覧。 
  31. ^ Chaddock, Gail Russell (2009年4月22日). “Report says top officials set tone for detainee abuse”. クリスチャン・サイエンス・モニター. https://www.csmonitor.com/USA/Politics/2009/0422/report-says-top-officials-set-tone-for-detainee-abuse 2020年1月4日閲覧。 
  32. ^ “Detainee’s Lawyers Make Claim on Sleep Deprivation”. ニューヨーク・タイムズ. (2008年7月15日). https://www.nytimes.com/2008/07/15/us/15gitmo.html 2020年1月5日閲覧。 
  33. ^ “Uighur men held for 12 years leave Guantánamo Bay for Slovakia”. ガーディアン. (2013年12月31日). https://www.theguardian.com/world/2013/dec/31/uighur-men-leave-guantanamo-bay-slovakia 2020年1月5日閲覧。 
  34. ^ House Foreign Affairs Subcommittee on International Organizations, Human Rights, and Oversight, hearing on the FBI’s role at Guantanamo Bay prison, June 4, 2008
  35. ^ 「180時間断眠も無問題」:米政府の拷問実態が明らかに”. WIRED (2009年5月1日). 2020年1月4日閲覧。


「洗脳」の続きの解説一覧

洗脳(アニメ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:56 UTC 版)

風の聖痕」の記事における「洗脳(アニメ版)」の解説

最終話戦闘使用事前に洗脳していた七瀬由香里盾にするが、和麻の風の刃で洗脳は解かれた。原作ではこの役回り内海が行っている。

※この「洗脳(アニメ版)」の解説は、「風の聖痕」の解説の一部です。
「洗脳(アニメ版)」を含む「風の聖痕」の記事については、「風の聖痕」の概要を参照ください。


洗脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:56 UTC 版)

風の聖痕」の記事における「洗脳」の解説

対象倫理観奪い取り更にはミハイル絶大な信頼寄せさせる良心失った操は暴走し復讐のためならばすべてが許される」と思い込み数多くの罪なき人々実の父親まで手にかけることとなった

※この「洗脳」の解説は、「風の聖痕」の解説の一部です。
「洗脳」を含む「風の聖痕」の記事については、「風の聖痕」の概要を参照ください。


洗脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:56 UTC 版)

風の聖痕」の記事における「洗脳」の解説

七瀬由香里自意識奪い人形にした。しかしすでに内海人格コピー成り代わっていたため美少女二人侍らすだけで満足していたという。

※この「洗脳」の解説は、「風の聖痕」の解説の一部です。
「洗脳」を含む「風の聖痕」の記事については、「風の聖痕」の概要を参照ください。


洗脳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:56 UTC 版)

風の聖痕」の記事における「洗脳」の解説

水晶玉覗き込んだ人間自我封じ操り人形変える作中では占い師扮して花音芹沢傀儡にした。ただし洗脳時の記憶いくらか残る模様

※この「洗脳」の解説は、「風の聖痕」の解説の一部です。
「洗脳」を含む「風の聖痕」の記事については、「風の聖痕」の概要を参照ください。


洗脳(Anti Anti Mix)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 15:40 UTC 版)

ANTI ANTI GENERATION」の記事における「洗脳(Anti Anti Mix)」の解説

20thシングルサイハテアイニ/洗脳収録曲。アルバムバージョンでの収録となっており、ギターベースのリズムパターンが異なるなど複数変更点がある。「IKIJIBIKI」同様、休養中である山口智史叩いたドラムテイクが使用されている。

※この「洗脳(Anti Anti Mix)」の解説は、「ANTI ANTI GENERATION」の解説の一部です。
「洗脳(Anti Anti Mix)」を含む「ANTI ANTI GENERATION」の記事については、「ANTI ANTI GENERATION」の概要を参照ください。


洗脳(マインドウォッシュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 16:53 UTC 版)

MONSTER SOUL」の記事における「洗脳(マインドウォッシュ)」の解説

人々思想を操る能力

※この「洗脳(マインドウォッシュ)」の解説は、「MONSTER SOUL」の解説の一部です。
「洗脳(マインドウォッシュ)」を含む「MONSTER SOUL」の記事については、「MONSTER SOUL」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「洗脳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

洗脳

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:50 UTC 版)

名詞

せんのう

  1. 長時間わたる身体拘束拷問薬物投与により個人精神構造強制的に変え特定の思想信条信奉するようにすること。

語源


「洗脳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「洗脳」の関連用語

洗脳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



洗脳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洗脳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの風の聖痕 (改訂履歴)、ANTI ANTI GENERATION (改訂履歴)、MONSTER SOUL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの洗脳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS