思想とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 思想の意味・解説 

し‐そう〔‐サウ〕【思想】

読み方:しそう

[名](スル)

心に思い浮かべること。考えること考え。「新しい―が浮かぶ」

普天下の人をして自由に―し」〈中村訳・自由之理

人生社会についての一つまとまった考え意見。特に、政治的社会的な見解をいうことが多い。「反体制―を弾圧する」「末法(まっぽう)―」「危険―」

哲学で、考えることによって得られた、体系的にまとまっている意識内容をいう。


思想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 02:01 UTC 版)

思想(しそう、: thought)は、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのことである。




「思想」の続きの解説一覧

思想(精神世界探求)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:29 UTC 版)

綿貫理明」の記事における「思想(精神世界探求)」の解説

私たちが日常生活を営む世界は、1)精神世界、2)物質世界、3)サイバー世界から構成されており、現代サイバー世界の力が強くなっていると考えた日本超心理学会の編集委員公益財団法人日本心霊科学協会理事などを歴任し精神世界探求にも努めた綿貫理明、「超心理サイバネティックス」、テレパシー研究、第40号、Vol.8No.81974年 綿貫理明、「セルマ・モス博士の研究室を訪問して」、テレパシー研究、第47号、Vol.9No.31975年 綿貫理明、「心霊サイバネティックス-心霊的作用を含むフィードバック・ループ理論応用」、心霊研究、pp.15-24,1989年2月 綿貫理明、「迫り来る人類危機のために -地球温暖化にどう対処すべきか」、心霊研究、pp.39-46,1989年6月 綿貫理明、「脳の驚異-大脳超感覚センサーとしての可能性」、心霊研究、pp.34-41,1991年7月 綿貫理明吉田太郎三宮静悦、福田篤志須江克則、松尾育広、大谷宗司、「PK測定装置試作」、日本超心理学第26回大会発表論文集、pp.16-17、1993年12月 綿貫理明、「心は電子動かすことができるか」、心霊研究、No.565、pp.29-39、1994年3月 綿貫理明大谷宗司、「REG使用したPK実験及ぼ自律訓練法影響について」、日本超心理学第27回大会発表論文集、pp.9-11、1995年2月 第29回日本超心理学大会実行委員長 1996年12月22日 綿貫理明, 萩尾, 太田信夫 ほか、「第29会日超心理学大会シンポジウム記憶超心理学」」 『超心理学研究1997年 2巻 2号 p.108-117, doi:10.20810/jsppj.2.2_108, 日本超心理学書評 超心理学研究 3(1), 89-92, 1998 :マドレーヌ・スコペロ著, 入江良平, 中野知惠美訳, 『グノーシスとはなにか』, せりか書房, 1997年, 169頁, (ISBN 4-7967-0208-3) 書評 超心理学研究 3(2), 136-139, 1998 :ジョン・ベロフ著, 笠原敏雄訳『超心理学史 : ルネッサンス魔術から転生研究までの400年』, 日本教文社, 1998年, 358頁, ISBN 4-531-08110-2 綿貫理明、「REG使用したPK実験における偶発的高得点現象質的考察」、超心理学研究特集 第34回日本超心理学大会)、第6巻第1号、pp.13-14、2001年11月 翻訳 超心理学研究 10(1-2), 53-60, 2005Helmut Schmidt(2000), "PK Tests in a Pre-Sleep State", The Journal of Parapsychology, 64, 317-331 綿貫理明、「古代心霊学グノーシス主義者」、心霊研究、pp.42-48, 2006年10月 公益財団法人日本心霊科学協会第10回心霊科学研究発表会実行委員長 2011年5月10日 綿貫理明世界の構造と顕幽仮三界からのアプローチ公益財団法人日本心霊科学協会第10回心霊科学研究発表会論文抄録2011年5月29日、pp.27-33 綿貫理明終活のすすめ-協会大挙して霊界向か世代何ができるか-」公益財団法人日本心霊科学協会第14回心霊科学研究発表会論文抄録2015年6月28日、pp.38-45 綿貫理明心霊現象科学的に検討するプロジェクト協会将来について」公益財団法人日本心霊科学協会第15回心霊科学研究発表会論文抄録2016年6月26日、pp.47-52 綿貫理明小室匡史、「終活時代に向けて萌芽ICTビジネス検討」、専修大学情報科学研究所所報、No.83号,pp.1-6,2014年7月 綿貫理明、「終活のすすめ -大挙して霊界向か世代に我々は何ができるか-」、心霊研究、pp.1-20、2015年4月 綿貫理明、「終活のすすめ」、公益財団法人日本心霊科学協会平成27年度公開夏期講座2015年8月23日

※この「思想(精神世界探求)」の解説は、「綿貫理明」の解説の一部です。
「思想(精神世界探求)」を含む「綿貫理明」の記事については、「綿貫理明」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「思想」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

思想

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:28 UTC 版)

名詞

しそう

  1. 思うこと。それによりうみだした考え意見
  2. 哲学において思考結果発生した意識内容
  3. 哲学において論理的な整合性を持った判断体系のこと。
  4. 社会人生あり方についての一定見解態度

発音(?)

し↗そー

「思想」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



思想と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思想」の関連用語

思想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思想のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの綿貫理明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS