2011年5月とは? わかりやすく解説

2011年5月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 17:34 UTC 版)

大相撲・幕内の全取組」の記事における「2011年5月」の解説

2011年5月の技量審査場所では大相撲中継のみならずダイジェスト放送実施しないことが決定した。但し、NHK各種ニュース番組技量審査場所注目取り組み映像紹介する際、アナウンサー実況音声付加している。

※この「2011年5月」の解説は、「大相撲・幕内の全取組」の解説の一部です。
「2011年5月」を含む「大相撲・幕内の全取組」の記事については、「大相撲・幕内の全取組」の概要を参照ください。


2011年5月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:40 UTC 版)

シリア内戦」の記事における「2011年5月」の解説

詳細は「w:Siege of Baniyasを参照 5月1日バニヤース抗議者たちが掌握する南部と、治安部隊によって政府支配下におかれる北部とに分裂した5月6日金曜礼拝の後、政権抗議するデモ隊シリア各地の街に集結した抗議開始から1時間間に治安部隊映像音声オンライン出現し中には致命的な暴力見られた。ホムスでは武装グループが軍の検問所武力攻撃し、11名のシリア軍兵士殺されたホムスだけで少なくとも3名死亡し20名が負傷ホムスハマーにおける死者合わせて12にのぼり反政府指導者ムアーズ・アル=ハティーブやリヤード・セイフ(en:Riad Seif)が秘密警察によって拘留されといわれるダマスカスおよびその郊外では数万が行進したといわれ、アルジャジーラアラビア語チャンネルこの街から数分間中継しところによれば、そのうち7,000名は葬儀装束に身を包みバニヤース集めたオリーブの枝と花を持ち人々は「平和的に軍隊迎えたい」と語ったダルアー周辺では数千名のシリア人抗議行進参加し、街の包囲固めていた治安部隊は、住民のための物資携えた抗議者たちが市内入ること拒絶した。 この「反抗の日」の後、アムネスティ・インターナショナルは、活動家のラザン・ザイツーネ、ワエル・ハマダ、ハイサム・アルマレ、カマール・アッ=ラブワーニー(en:Kamal al-Labwani)の子供であるヒンド・アッ=ラブワーニーとオマル・アッ=ラブワーニー、ジュワン・ユセフ・ホルシド、ワリド・アルブンニ、およびスハイル・アルアタッシが連れ去られたと報告した反政府活動家によると、5月8日ホムスでの政府による取り締まりにおいて、12歳少年殺され10歳少年逮捕された。

※この「2011年5月」の解説は、「シリア内戦」の解説の一部です。
「2011年5月」を含む「シリア内戦」の記事については、「シリア内戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2011年5月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2011年5月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2011年5月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大相撲・幕内の全取組 (改訂履歴)、シリア内戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS