死者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 死者の意味・解説 

し‐しゃ【死者】

読み方:ししゃ

死んだ人死人。⇔生者


死者

作者丸山健二

収載図書追憶の火山
出版社文芸春秋
刊行年月1994.10
シリーズ名丸山健二短篇集


死者

作者斧田千晴

収載図書ひんやり・さ・せ・て―斧田千晴短編集
出版社日本文学館
刊行年月2005.11
シリーズ名ノベル倶楽部


死生観

(死者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 01:07 UTC 版)

死生観(しせいかん)とは、に対する見方をいう。


注釈

  1. ^ 「未だ生を知らず、いづくんぞ死を知らんや」の語がある。
  2. ^ 類似に『日本書紀』第9の一書「時伊奘諾尊 乃投其杖曰 自此以還 雷不敢來 是謂岐神 此本號曰來名戸之祖神焉」がある。
  3. ^ 西は日没の方角であり、象徴的に死の方角とする例は世界中で見られる。
  4. ^ どちらかというと驚き、畏怖のニュアンス。-「あな恐ろし」
  5. ^ 古くは濁音の表記は厳密に区別されなかった。例として「輝く」はかやくとも書いたことが挙げられる。
  6. ^ 元々の中国語の意味は死者の霊といった意味であるが、日本語で恐怖の面が出ているのは興味深い。
  7. ^ 偽作とも云われるがここでは人々の信仰なのであまり問題にしない。
  8. ^ 日本語のすべての仮名を用い、かつ詩的意味を持たせるようにしてつくられた歌。
  9. ^ 侘び・寂びについては別の起源説もある。

出典

  1. ^ エリアーデ・中村 (2000), p. 151.
  2. ^ プラトン・加来 1967 [要ページ番号]
  3. ^ 久野 (2004), p. 32.
  4. ^ 柳田 2013 [要ページ番号]
  5. ^ 折口 (2002), p. 31.
  6. ^ 久野 (2004), pp. 24–27.
  7. ^ 折口 (2002), p. 361, 翁の発生.
  8. ^ 久野 (2004), pp. 324–333.
  9. ^ 宮田 (2006), p. 99.
  10. ^ 竹内 (2007), pp. 44–50.
  11. ^ 久野 (2004), pp. 127–130.
  12. ^ 高階ほか (1999), pp. 53–72.
  13. ^ 竹内 (2007), pp. 64–71.
  14. ^ 高階ほか (1999), pp. 79–89.
  15. ^ 石田 (2001), pp. 93–95.
  16. ^ 石田 (2001), pp. 109–111.
  17. ^ 竹内 (2007), pp. 155–160.



死者(本名:サム・オネール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 20:08 UTC 版)

GOSICK -ゴシック-」の記事における「死者(本名:サム・オネール)」の解説

マスカレード号」でヴィクトリカらと同室だった客の一人

※この「死者(本名:サム・オネール)」の解説は、「GOSICK -ゴシック-」の解説の一部です。
「死者(本名:サム・オネール)」を含む「GOSICK -ゴシック-」の記事については、「GOSICK -ゴシック-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「死者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

死者

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 22:56 UTC 版)

名詞

 ししゃ

  1. 死んだ人

発音(?)

し↘しゃ

類義語

対義語

翻訳


「死者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



死者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死者」の関連用語

死者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死生観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGOSICK -ゴシック- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの死者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS