故人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 故人の意味・解説 

こ‐じん【故人】

死んだ人。「故人を弔う」「故人となる」

古くからの友人昔の友達。旧友

懐かしくなった—を訪(と)うように」〈鴎外妄想


ふる‐ひと【古人/故人/旧人】

《「ふるびと」とも》

昔の人。すでに死んだ人。こじん。

妹らがり今木の嶺(みね)に茂り立つ夫(つま)松の木は—見けむ」〈万・一九五

年をとった人。老人

「—は涙もとどめあへず」〈源・明石〉

古くからいる人。古参の人。

右近は、何の人数ならねど…—の数に仕うまつり馴れたり」〈源・玉鬘

昔なじみの人。

かげろふのそれかあらぬか春雨の—なれば袖ぞぬれぬる」〈古今・恋四〉

昔風考えの人。古風な人。

「あやしき—にこそあれ。かく物づつみしたる人は」〈源・行幸


こ‐じん【故人】

〔名〕

昔の友人。古くからの友だち。古いなじみ。昔親しくつきあっていた人。旧知旧友

凌雲集(814)餞右親衛少将軍朝嘉通奉使慰撫関東探得臣〈嵯峨天皇〉「郷心杳々帰想客路悠々故人

俳諧野ざらし紀行(1685‐86頃)「水口(みなくち)にて二十年経て故人に逢ふ」〔礼記檀弓下〕

死亡した人。物故した人。今は亡くなっている人。古人

万葉(8C後)三・四三八題詞神亀五年戊辰大宰帥大伴卿思恋故人歌三首」

源平盛衰記14C前)一六此の身旧宅に住して、名字既に故人(コジン)に通ひ勅命を蒙むる事生前面目侍り」〔謝朓‐和王主簿季哲怨情詩〕

文章生(もんじょうしょう)の中で学識経験ゆたかな老大家耆宿(きしゅく)。

菅家文草900頃)六・九日後朝、侍朱雀院、同賦閑居秋水「聞昔瀟湘故人、在今楽詎為新」

④ =こじん(古人)②

易林本節用集(1597)「故人 コジン 古老古人


ふる‐びと【古人・旧人・故人】

〔名〕 (古くは「ふるひと」)

昔の人。すでに死んだ人。こじん。

万葉(8C後)九・一九五妹らがり今木の嶺に茂り立つつま松の木は古人(ふるひと)見けむ」

② 年をとった人。老人

青表紙一本源氏100114頃)明石「ふる人は、涙もとどめあへず」

古くからいる人。以前からそこにいる人。古参の人。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「かくて、あて宮の御方に、殿守といふふる人ありけり

古くから交際している人。昔なじみの人。また、かつて交わりのあった人。

万葉(8C後)四・五五四「古人(ふるひと)の食(たま)へしめたる吉備酒病まばすべなし貫簀賜らむ」

(5) 昔かたぎの人。古風考えの人。

源氏100114頃)行幸「あやしきふる人にこそあれ。かく、物つつみしたる人は、ひきいりたるこそよけれ。さすがに恥ぢがましや」


故人

【仮名】こじん
原文deceased

死亡した人のこと。

故人

作者色川武大

収載図書色川武大 阿佐田哲也全集 5
出版社福武書店
刊行年月1992.7


死生観

(故人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 17:14 UTC 版)

死生観(しせいかん)とは、に対する見方をいう。


注釈

  1. ^ 「未だ生を知らず、いづくんぞ死を知らんや」の語がある。
  2. ^ 類似に『日本書紀』第9の一書「時伊奘諾尊 乃投其杖曰 自此以還 雷不敢來 是謂岐神 此本號曰來名戸之祖神焉」がある。
  3. ^ 西は日没の方角であり、象徴的に死の方角とする例は世界中で見られる。
  4. ^ どちらかというと驚き、畏怖のニュアンス。-「あな恐ろし」
  5. ^ 古くは濁音の表記は厳密に区別されなかった。例として「輝く」はかやくとも書いたことが挙げられる。
  6. ^ 元々の中国語の意味は死者の霊といった意味であるが、日本語で恐怖の面が出ているのは興味深い。
  7. ^ 偽作とも云われるがここでは人々の信仰なのであまり問題にしない。
  8. ^ 日本語のすべての仮名を用い、かつ詩的意味を持たせるようにしてつくられた歌。
  9. ^ 侘び・寂びについては別の起源説もある。

出典

  1. ^ エリアーデ・中村 (2000), p. 151.
  2. ^ プラトン・加来 1967 [要ページ番号]
  3. ^ 久野 (2004), p. 32.
  4. ^ 柳田 2013 [要ページ番号]
  5. ^ 折口 (2002), p. 31.
  6. ^ 久野 (2004), pp. 24-27.
  7. ^ 折口 (2002), p. 361, 翁の発生.
  8. ^ 久野 (2004), pp. 324-333.
  9. ^ 宮田 (2006), p. 99.
  10. ^ 竹内 (2007), pp. 44-50.
  11. ^ 久野 (2004), pp. 127-130.
  12. ^ 高階ほか (1999), pp. 53-72.
  13. ^ 竹内 (2007), pp. 64-71.
  14. ^ 高階ほか (1999), pp. 79-89.
  15. ^ 石田 (2001), pp. 93-95.
  16. ^ 石田 (2001), pp. 109-111.
  17. ^ 竹内 (2007), pp. 155-160.



故人

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 22:30 UTC 版)

名詞

こじん

  1. 死亡した
  2. 昔からの友人旧友

翻訳




故人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「故人」の関連用語

故人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



故人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死生観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの故人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS