バックアップとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > バックアップ > バックアップの意味・解説 

バックアップ

バックアップとは、主に「支援する」「代役を持って支援する」といった意味合い言葉補佐援助という意味合いもあり、コンピュータデータ破損備え予備データ複製しておくという意味合いもある。

バックアップは英語では「back up」あるいは「backup」と表記される。back up他動詞副詞からなり誰か後方から支援する」という意味、backup名詞で「代役」という意味である。

IT用語では、主にデータ複製作成し、オリジナルのほかに別媒体にも保存しておくことを、バックアップという。パソコン携帯電話などの精密機械中に保存されているデータは、失ってしまうと困る情報が入っていることが多い。データ保存しておく本体は、精密機械であるからこそ、ちょっとしたこと原因データ消えてしまったり本体壊れてしまったりといったこともあり得るそのようなときに、データをどこかに複製しておけば安心であり、データを失ってしまう可能性も低くなるため、安全である。

スポーツなどでもバックアップという言葉は使われることがあるが、こちらはIT用語のバックアップとは意味が異なる。また、他にもいくつか味があるため、バックアップと言われたら必ずしも、パソコンなどのデータ複製することではないことを理解しておく必要がある

バックアップはback up原語であり、backとupの二つ単語組み合わせ出来ている。複数品詞を有しており、名詞としての使い方と、形容詞としての使い方がある。名詞としては、支援やバックアップ、支援者、代役渋滞などの意味をもち、形容詞としては、支援する、指示する、予備の、代替のなどの意味をもつ。また、バックアップという言葉句動詞でもあり、back動詞)+up(副詞)という構成になっている句動詞とは、動詞副詞がついたものや、さらに前置詞がついたものを指す。これは、動詞後ろ副詞がつくことによって、そもそもの動詞の意味とは異なる意味になる言葉のことである。

野球などのスポーツ用語として、バックアップが用いられることもある。とある選手失策しそうなときに備えて、ほかの選手後方守ることを意味する。また、後方支援という意味もあり、誰か後ろてになること、後ろから支えることなどを意味する語として用いられることもある。

アメリカでは、back upや、その過去形であるbacked upで、交通などによる渋滞や、滞るという意味をもつ。もともと、バックアップには流れがせき止められる、停滞する、などの意味もあるため、これらをもとに、渋滞という意味でも用いられることがある

バックアップとは、簡単に言えば、あるデータオリジナル以外にもコピーして保存しておくことである。このようにバックアップする意味としては、複数媒体データ分散させておくことによって、思いがけない紛失削除が起こってしまったとしても、データ自体消失を防ぐためである。

パソコンスマートフォンでは、ハードディスクなどの本体中にも容量情報保存しておくことができ、利用者増加しているため、バックアップしないとどうなるのか、ということをよく理解しないまま使用している人も多くなってきている。そのためデータ扱い対すトラブル増加傾向にある。ちょっとした衝撃や、経年など、様々な理由によって、思いがけずデータ破損してしまうことや、削除されてしまうことも少なくないそのようなときに、データのバックアップを取っておけば、例え機械本体壊れてしまっていたとしても、新し機械データを移すことができる。パソコンだけではなく、身近に使っている携帯電話などもこれらに当てはまるため、定期的なバックアップが重要である。

バックアップの取り方は様々あるが、簡単なものでは、USBメモリなどの記録媒体保存させておく方法や、契約してあるクラウドサービス預けることなどが挙げられる。"    "バックアップの取り方の一般的なものとして、バックアップストレージやバックアップサーバーに保存する方法が挙げられる。

ストレージとは、データ保存しておくための記憶装置のことであり、ハードディスクUSBメモリなどを指す。ハードディスクなどを内部ストレージUSBメモリSDカード外部ストレージと呼ぶ。ストレージにバックアップをとる際には、外部ストレージ保存するようにすると、内部ストレージであるハードディスク機械本体壊れてしまっても、データ守ることができる。ただし、USBメモリなどは脆い部分多く経年により、データ消えてしまう恐れがあるという報告もされているため、利用の際は注意が必要である。

サーバーにバックアップのデータを送る方法もある。サーバーとは、情報保管しておく場所のことを言い、利用者求めに応じて要求されたデータファイルなどを提供する一言サーバーと言っても用途によって、名前が異なる。物理的サーバーもあれば、クラウドのように仮想サーバーもあるので、コスト使い道などを考慮して選択することが重要である。

これらにデータプログラムのバックアップをとっておくと、いざというときにこのバックアップを使って、重要な情報取り出すことができる。ほかにも、デバイス自体データをバックアップすることによって、バックアップ復元が可能なケースもある。復元をすると、バックアップを取得したときに戻るため、異常が起きてしまう前に状態を戻すことができる。

バックアップできない場合もある。理由としては、バックアップを保存しておく場所の容量が不足している、項目が多すぎるなどが多い。きちんと最新データがバックアップ出来ているかどうか確認が必要である。

バックアップ【backup】

[名](スル)

野球などで、ある選手失策備えて、他の選手その後方を守ること

後ろだてとなること。援助してもりたてること。「立候補者をバックアップする」

コンピューターで扱うデータプログラム破壊紛失盗難備え、あらかじめ複製とっておくこと。複製そのものをバックアップと呼ぶこともある。


バックアップ [back-up]

元のデータ破損しても構わないように別のメディアコピーしておくこと。このデータ読み込むことをリカバーという。

バックアップ【Backup】

障害発生して、現状データ設定使用不能になったときのために、予備データ用意しておく行為または用意した予備データ

バックアップ

【英】backup

バックアップとは、保存されたデータプログラム複製別の記録装置などに保存することである。または、そのようにして保存されたデータのことである。

バックアップを行うことで、データ不測の事態によって損傷したり紛失したりした場合に、ある程度の状態までデータ速やかに復元することができる。ただし、バックアップしてから後に作成されたデータ更新された部分などは復元することができないので、常に最新の状態で回復できるようにするには、頻繁にバックアップを行う必要がある

一部アプリケーションソフトでは、一定時間ごとに自動的バックアップファイル作成するように設定することができる。自動生成されるバックアップファイルには、拡張子として「.bak」の付く場合が多い。

手動でバックアップを行う場合、バックアップデータを保存する場所は、磁気テープ式の記録装置CD-ROM外付けHDDといった他の記録装置である場合も多い。

企業などでは、比較大規模システム変更前に移行時のトラブルによるデータ消失などに備えてバックアップが作成されるほか、業務に必要なデータのバックアップが定期的に作成されることも多い。


バックアップ backup

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★★☆

凡例

  1. 支援
  2. 控え
  1. 現場負担軽減するためには,国による財政的バックアップ支援がどうしても必要だ。
  2. 万一データがなくなっても,バックアップ控え取っていれば再度書き込んで元通り使える
意味説明
  1. 他人行動を,うしろだてとなって支援すること
  2. 事故備え控え作ること。また,その控え
その他の言い換え語例
  1. 援護 うしろだて
  2. 予備 複製

バックアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 17:48 UTC 版)

バックアップ: backup)とは、コンピュータシステムで主にデータやシステムの状態を複製し、問題発生時の復旧(リストア)に備えることを意味する。




「バックアップ」の続きの解説一覧

バックアップ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:17 UTC 版)

名詞

バックアップ

  1. サ変活動後方から支援すること。後援
  2. サ変野球などのスポーツで他の選手後方から助けること。
  3. 機械故障したときに代替する予備機械
  4. サ変消失備えて、システムデータ媒体保存すること。また、保存したもの

発音

  • バ↗ックア↘ップ

語源

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
バックアップ-する



バックアップと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バックアップ」の関連用語

バックアップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バックアップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2021 AMEI.OR.JP
JMCJMC
2021 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバックアップの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2021 モーターマガジン社 All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバックアップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバックアップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS