移行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 変化 > 移行 > 移行の意味・解説 

い‐こう〔‐カウ〕【移行】

読み方:いこう

[名](スル)ある状態から他の状態へ移っていくこと。「新体制に—する」「—措置


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 05:32 UTC 版)

フロリゲン」の記事における「移行」の解説

短期間CO転写因子活性結果産生されFTタンパク質は、次に師部経由して茎頂分裂組織SAM)に輸送される

※この「移行」の解説は、「フロリゲン」の解説の一部です。
「移行」を含む「フロリゲン」の記事については、「フロリゲン」の概要を参照ください。


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 02:18 UTC 版)

2012年のテレビ (日本)」の記事における「移行」の解説

以下は全てスカパー!チャンネルで、110度CS放送からBSデジタル放送移行する3月1日J SPORTS 34 日映画専門チャンネル IMAGICA BS(旧洋画★シネフィル・イマジカBS移行に伴い改称ディズニー・チャンネル

※この「移行」の解説は、「2012年のテレビ (日本)」の解説の一部です。
「移行」を含む「2012年のテレビ (日本)」の記事については、「2012年のテレビ (日本)」の概要を参照ください。


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 05:02 UTC 版)

性的少数者」の記事における「移行」の解説

ジェンダー違和抱えたままでは性的少数者にとっては生きるのに困難がともなう。そこでジェンダー違和和らげて自分のジェンダー肯定し人生送りやすくするための何かしらのプロセスをとることがおり、それは「移行(英語版)(transition)」と呼ばれる。 移行の具体例としては以下の行為挙げられる。 名前や代名詞変える服装髪形変える。 胸や生殖器物理的に締め付けるなどして目立たなくするホルモン補充療法を受ける。 性別適合手術を受ける。 カミングアウトをする。 その他の行動の変化トランスジェンダーなどと露骨に判断されることなく他人に疑われることもなく自分の望むジェンダーそのままに社会通用できることは「パス英語版)(パッシングpassing)」と呼ばれる

※この「移行」の解説は、「性的少数者」の解説の一部です。
「移行」を含む「性的少数者」の記事については、「性的少数者」の概要を参照ください。


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:50 UTC 版)

全日本F3000選手権」の記事における「移行」の解説

しかし、バブル景気崩壊後次第参加台数減少し1994年には平均観客数も2万人程度となるなど観客減少していった。このため当時F1全日本F3000テレビ中継行っていたフジテレビ中心となり日本レースプロモーションJRP)を設立1996年に、JRP主催するかたちで国際F3000ワンメイク化とは違う独自性持ったカテゴリーフォーミュラ・ニッポン」に移行する事となった。

※この「移行」の解説は、「全日本F3000選手権」の解説の一部です。
「移行」を含む「全日本F3000選手権」の記事については、「全日本F3000選手権」の概要を参照ください。


移行(1961年〜1962年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 15:10 UTC 版)

WNET」の記事における「移行(1961年1962年)」の解説

少なくとも3人買収予定者がWNTA-TVに関心示した。最も著名なのは、ニューヨーク拠点とするメトロポリタンエリア教育テレビジョンEducational Television for the Metropolitan Area通称「ETMA」)で、チャンネル13ニューヨーク市教育放送局に変えることを目的としたビジネスマン文化リーダー教育者コンソーシアムだった。この時までに、連邦通信委員会FCC)が最初に市に割り当てた商用周波数であるUHFチャンネル25は、北のコネチカット州フェアフィールド郡から南のニュージャージー州オーシャン郡に伸びる市場カバーするのに十分ではないことは明らかだった1964年以前FCCがテレビメーカーに1961年可決された全チャンネル受信機法(英語版に従って新しセットUHFチューナー含めることを要求した際、殆どの視聴者高価なコンバーター除いてUHF局見ることができず、UHFチューニング内蔵したセット作ったメーカーごくわずかだった。UHF局アクセスできた人でも、最高の条件下でも受信は僅かだったニューヨーク州立大学支援を受けて、ETMAは1957年ブレーマー最初に当局ブロックしたときに、チャンネル13買収して非営利放送局変換しようとし、この入札後で取り下げられた。今回、ETMAは、NTA辞任した後、当局買収するためのシンジケート結成したNTA創設者であるエリイ・ランドー英語版)、そして、パラマウント・ピクチャーズから財政的支援受けたデヴィッド・サスキンドと競合していた。 ETMAの最初の400ドル入札は、NTAによって拒否されましたが、市民グループ存続した。ナショナル・エデュケーショナル・テレビジョン(英語版)(National Educational Television通称NET」)の支援指導を受けて、ETMAは後にチャンネル13運命について議論する公聴会設立した新たに任命されFCC議長ニュートン・N・ミノフ(英語版)から承認受けた振り子はすぐにチャンネル13非営利になることを支持してシフトし営利目的の買収予定企業は彼らの興味撤回した1961年6月29日、ETMAはWNTA-TVを620ドル買収することに合意した。その金額の約200ドルは、市内残っている6つ商用VHF放送局のうち5つからのものであり(WPIX唯一のホールドアウトだった)、競合他社排除されたことを喜んでいた。さらに、CBS後にマンハッタン施設スタジオとして使用するためにETMAとNET寄付したFCC同年10月移管承認しチャンネル13商用ライセンスを非商用変換したニュージャージー州知事ロバート・B・メイナー(英語版)は、ニュージャージー州特有の番組編成継続に関する州議会議員懸念対処しFCCチャンネル13割り当てニューヨーク市に移すことを恐れて1961年9月6日、WNTA-TVの売却阻止するため合衆国控訴裁判所申し立てた裁判所は、2ヶ月後に州に有利な判決下した未解決の取引により、ナショナル・テレフィルム・アソシエイツは当局完全に売却するという決定再考しNTA前進する計画立てた。WNTA-TVは、1962年最初のシーズン大リーグニューヨーク・メッツ放映権取得するために行った。ETMAは、取引完了または終了いずれかに直面し1961年12月4日ニュージャージー当局との違い解決した土壇場いくつかの問題発生してさらに遅延発生した後、転送同年12月22日最終的になった。その夜遅く、WNTA-TVは最後の放送終了したその後、ETMAとNET当局改造作業に取掛かり、3ヶ月以内新し教育形式戻ってくる述べた10ヶ月後、チャンネル13は、新しコールサインWNDT(「New Dimensions in Television」=「テレビ新次元」)の下で生まれ変わる準備ができていた。エドワード・R・マロー当時はアメリカ合衆国情報庁英語版長官)が初放送ホストとして、ETMA(現:エデュケーショナル・ブロードキャスティング・コーポレーション〈Educational Broadcasting Corporation〉)が1962年9月16日スイッチ入れた。WNDTとしてのチャンネル13復活は、ニューヨーク市市場最初の教育放送局を提供し切望されVHF帯域ダイヤル位置備えた大都市を含む他の多くの都市では、教育放送局はUHF周波数対応しなければならなかった)。一方ニューヨーク非営利UHFチャンネルは、4年後の1967年4月にWNYE-TV(英語版)として開局した。リチャード・ヘフナー(英語版)はWNDTの最初のゼネラル・マネージャー任命され初年度にその役職に就きヘフナーは、2013年12月亡くなるまで、チャンネル13広報番組オープン・マインド (テレビシリーズ)(英語版)』プロデューサーホストとして出演し続けた

※この「移行(1961年〜1962年)」の解説は、「WNET」の解説の一部です。
「移行(1961年〜1962年)」を含む「WNET」の記事については、「WNET」の概要を参照ください。


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 03:43 UTC 版)

IBM 1030」の記事における「移行」の解説

IBM 1030データ収集システムユーザー後にIBM 3270表示装置利用したシステムIBM 3740データ入力システムData Entry System1973年発表フロッピーディスク利用) などへ様々に移行している。

※この「移行」の解説は、「IBM 1030」の解説の一部です。
「移行」を含む「IBM 1030」の記事については、「IBM 1030」の概要を参照ください。


移行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/02 08:03 UTC 版)

HAL (ソフトウェア)」の記事における「移行」の解説

HALはすでに旧態化しており、現在は単にメンテナンスのみが行われている。HAL機能はDeviceKitやudev等に移行している。

※この「移行」の解説は、「HAL (ソフトウェア)」の解説の一部です。
「移行」を含む「HAL (ソフトウェア)」の記事については、「HAL (ソフトウェア)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「移行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

移行

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:29 UTC 版)

名詞

(いこう)

  1. ある状態から別の状態に変えること。
  2. 別の所へ移すこと。

翻訳

動詞

活用


「移行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



移行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

移行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



移行の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフロリゲン (改訂履歴)、2012年のテレビ (日本) (改訂履歴)、性的少数者 (改訂履歴)、全日本F3000選手権 (改訂履歴)、WNET (改訂履歴)、IBM 1030 (改訂履歴)、HAL (ソフトウェア) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの移行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS