インパクトとは?

インパクト [1]impact

衝撃の意
バットクラブが球に当たる瞬間
強い影響印象

インパクト impact

広告の受け手対す心理的な効果強さ単純に広告人々ブランド認知促すだけではなく人々会話で共通の話題となったり、情報収集行動に向かわせたり、広告ブランド試用を促したり、店頭における購入予約購入に向かわせるといった広告の力をいう。

【インパクト】(いんぱくと)

impact
直訳では衝撃転じて弾着の意味に使われる。

例:「3……2……1……impact!


インパクト

作者あきみれい

収載図書インパクト 上
出版社ヒカリコーポレーション
刊行年月1996.10
シリーズ名パッションノベルズ

収載図書インパクト 下
出版社ヒカリコーポレーション
刊行年月1996.11
シリーズ名パッションノベルズ


インパクト

読み方いんぱくと
【英】:Impact

波が崩れる前の、最もパワーがある場所。

インパクト impact

全体 ★★★★ 60歳以上 ★★★☆

凡例

衝撃

コンピューターは,文字発明人間社会に及ぼした以上のインパクト衝撃与え可能性持っている

意味説明

受け手与える強い影響

その他の言い換え語例

印象 影響 迫力


インパクト

名前 Impact

インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/27 02:31 UTC 版)

インパクト(Impact)

脚注

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、34頁。

関連項目


インパクト!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/15 03:30 UTC 版)

インパクト!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週月曜 24:45 - 25:08(30分)
放送期間 2006年4月10日 - 2006年9月18日
放送国 日本
制作局 フジテレビ
演出 出口敬生
プロデューサー 坪田譲治
石井浩二
黒木彰一
出演者 茂木淳一
さまぁ〜ず
大竹一樹三村マサカズ
杏さゆり
さくら
Mie ほか
エンディング 小野瀬雅生『Let the music play」』
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

インパクト!』(IMPACT!)は、2006年4月10日から同年9月18日までフジテレビ系列で放送されていた深夜バラエティ番組である。

番組概要

見た目や内容の「インパクト」に重点を置いたネタ見せ番組。同番組は、同局『森田一義アワー 笑っていいとも!月曜日2005年12月5日から2006年3月27日まで放送していた「チャンスがアルタ!!金のたまごクラブ」のコーナーを独立させレギュラー番組化したもの。

「面白さによってネタ見せの時間が変わる」という厳しくもわかりやすいルールで進行する。ファーストインパクト(ブラインド越しに約15秒間のネタ見せ、ネタの予告編) → インパクトジャッジ(審査員と観客の期待値で秒数を決定、最大60秒) → ネタを披露 → アフタートーク という順で5組のインパクト芸人が出演する。ネタ披露後はさまぁ〜ずの2人が先輩芸人の立場から時折冷静に批評を行い、やや専門的な解説も行う。

番組のエンディングは三村マサカズ一発ギャグで締めくくるのが恒例。

なお、前身番組『お笑い登龍門』同様、放送終了後番組ホームページで「もう一度見たい芸人」投票を受け付け、その結果は番組制作に反映される。

同番組終了後、「チャンスがアルタ!!金のたまごクラブ」のコーナーは2007年7月から再び「笑っていいとも!」の月曜日コーナー(2007年9月からは笑っていいとも!増刊号に移動)として復活した。

出演者

司会

審査員

「インパクトジャッジ」の際に、杏さゆり・さくら・Mieとゲスト1名の計4名と観客56名、合わせて60名で審査する(三村は賑やかしの「番組マスコット」で、スイッチを持っていない)。持ち点は1名につき1秒で、満点の場合は60秒のネタ見せができる。毎回平均40秒-50秒のネタ見せ時間になる。

出演芸人

カッコ内は出演回数。

第1回インパクト!カップ

第22回、23回(最終回)は「第1回インパクト!カップ」と銘打ち、過去番組ホームページ上の投票で多く票を集めた上位8組の芸人たちによるトーナメントを行なった。

ルール

8組によるトーナメント形式。対決する2組が60秒間のネタ見せを行なった後、審査員61名が面白かった方に手元のスイッチで投票し、多く票を集めた方が勝ち抜けとなる。
審査員にはこれまで「番組マスコット」扱いだった三村も参加。

出場者

最終順位

  • 優勝 平成ノブシコブシ・吉村崇
  • 準優勝 カナリア
  • 3位 アイパー滝沢

主題歌

エンディングテーマ

  • 小野瀬雅生『Let the music play』

スタッフ

番組終了時のスタッフ

途中降板したスタッフ

ネット局と放送時間

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日及び放送時間 放送日の遅れ
関東広域圏 フジテレビ
製作局
フジテレビ系列 月曜 24:45-25:08 ---
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
新潟県 新潟総合テレビ 月曜 24:35-24:58
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛 月曜 24:35-25:00 7日遅れ
熊本県 テレビ熊本 月曜 24:40-25:03
福岡県 テレビ西日本 火曜 25:50-26:15 8日遅れ
大分県 テレビ大分 火曜 25:20-25:45
高知県 高知さんさんテレビ 水曜 24:40-25:05 9日遅れ
北海道 北海道文化放送 木曜 25:38-26:01 10日遅れ
佐賀県 サガテレビ 木曜 24:35-25:05
富山県 富山テレビ 金曜 25:35-26:00 11日遅れ
長野県 長野放送 月曜 24:35-24:58 14日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ 金曜 25:55-26:20 18日遅れ
山形県 さくらんぼテレビ 月曜 24:35-25:00 21日遅れ
福井県 福井テレビ 火曜 24:40-25:05 22日遅れ
秋田県 秋田テレビ 日曜 25:10-25:33 27日遅れ
鹿児島県 鹿児島テレビ 日曜 14:35-15:00 34日遅れ
石川県 石川テレビ 日曜 26:20-26:45 61日遅れ
岡山県香川県 岡山放送 金曜 25:05-25:30  
  • テレビ大分はフジテレビ系列を含むクロスネット局
  • 新潟総合テレビ、テレビ新広島はフジテレビより先行ネット(フジテレビより10分早く放送)。
  • 岡山放送は2006年8月4日から放送されていない(不定期で放送されている)。
  • FOOTBALL CX』が放送され、フジテレビで当番組が休止になった場合。

同時ネットの放送局は別番組で差し替える、その他の放送局も後日に1回分休止する。以上の2点があるため、結果的に放送日の遅れが変更することはない。

外部リンク

  • フジテレビ公式サイト
    • 順序1:ホームページ→バラエティ・音楽→月曜日→インパクト!
    • 順序2:ホームページ→バラエティ・音楽→番組一覧・バラエティ(ア行)→インパクト!
    • 順序3:ホームページ→サイト内検索→インパクト!→<登龍門>インパクト!
  • 携帯公式サイト
  • データベースサイト
フジテレビ 月曜24:45枠(登龍門枠)
前番組 番組名 次番組
お台場明石城
(2004.4.26 - 2006.3.20)
インパクト!
(2006.4.10 - 2006.9.18)

インパクト

出典:『Wiktionary』 (2011/07/12 03:32 UTC 版)

名詞

  1. 社会的、精神的な衝撃影響
  2. バットクラブに当たること。

語源

英語:impact から。

関連語




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インパクト」の関連用語


2
差響き 国語辞典
58% |||||

3
影響 国語辞典
58% |||||

4
感化 国語辞典
58% |||||

5
影響力 国語辞典
54% |||||






インパクトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インパクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
i92i92
Copyright(c)2020 i92surf.com All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインパクト (改訂履歴)、インパクト! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインパクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS