インパクトとは? わかりやすく解説

インパクト【impact】

物理的、あるいは心理的な衝撃また、その影響印象。「その事件が社会与えた—は大きい」

球技で、ボールがバット・ラケット・クラブなどに当たること。また、その瞬間


【インパクト】(いんぱくと)

impact
直訳では衝撃転じて弾着の意味使われる

例:「3……2……1……impact!


インパクト

作者あきみれい

収載図書インパクト 上
出版社ヒカリコーポレーション
刊行年月1996.10
シリーズ名パッションノベルズ

収載図書インパクト 下
出版社ヒカリコーポレーション
刊行年月1996.11
シリーズ名パッションノベルズ


インパクト

読み方いんぱくと
【英】:Impact

波が崩れ前の、最もパワーがある場所。

インパクト

名前 Impact

インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 15:14 UTC 版)

インパクト(Impact)


  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、34頁。


「インパクト」の続きの解説一覧

インパクト!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 17:08 UTC 版)

インパクト!』(IMPACT!)は、2006年4月10日から同年9月18日までフジテレビ系列で放送されていた深夜バラエティ番組である。




「インパクト!」の続きの解説一覧

インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:02 UTC 版)

ボールバット衝突する瞬間のこと。

※この「インパクト」の解説は、「打撃 (野球)」の解説の一部です。» 「打撃 (野球)」の概要を見る


インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 23:29 UTC 版)

『The Encyclopedia of Country Music 』のマイケル・マコールはアラバマを「アメリカ音楽史最も人気の演奏1つとなり、カントリー・ファンを大い増やした」と記した多くのカントリー・アーティストがバックバンドソロという形式であった中、アラバマフロントマン3名であることの他、それまでタブーとされてきた長い髪を束ね、髭をはやし、エレキ・ベースドラム特徴としている。他のグループよりエッジの効いたサウンドで、自身演奏および作曲行なっているアラバマ保守的年配のカントリー・ファンに人気であるが、若い層にも人気がある。カート・ウォルフはアラバマについて「彼らは若い層に人気があるが、その両親にも彼らのハーモニーセンチメンタルな歌詞古風で家族向けの感じ好まれる」と解説した。また故郷のフォート・ペインも有名になり、環境問題への関心集めた。 彼らのサウンドへのロックンロール導入レストレス・ハート、シャナンドゥーア、エグザイル、ダイアモンド・リオ、ロンスター、リコシェット、マヴェリックスなどのグループ影響与えた。『Country Music: The Encyclopedia 』の作家であるアーウィン・スタンブラー、グレラン・ランドンによると、アラバマ1980年代後期売上減少には、アラバマが道を築いてきたことを認識していないカントリー・バンドの出現影響したアラバマ大ヒットする前、カントリーヒットしたシングル多くソロまたはデュエットであったアラバマシングルおよびアルバム多くカントリーだけでなくポップクロスオーバーヒットした大ヒットはしていたが、音楽評論家は彼らをあまり認めずカントリーポップ境界曖昧であることに対し無意味で薄っぺらで中途半端」と記した。『ボルチモア・サン』紙はアラバマに関してカントリー・ミュージック演奏しているが、ポップ区別がつかない」とし「神聖なカントリーの伝統台無しにした」と記した。しかしウォルフなどのレビュワーアラバマ重大問題多くのコンテンポラリー・ミュージックけん引される計算されたサウンドであり、評論家そのためアラバマをまるで二流であると位置付けているではないか語っている。

※この「インパクト」の解説は、「アラバマ (バンド)」の解説の一部です。» 「アラバマ (バンド)」の概要を見る


インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 00:53 UTC 版)

人間CCS強化兵)にするツールイズナ伝統的意匠デザインだが。見た目魔法少女の使うコンパクトそっくりである所有物収納出来メンテナンス自動行ってくれる。

※この「インパクト」の解説は、「放課後アサルト×ガールズ」の解説の一部です。» 「放課後アサルト×ガールズ」の概要を見る


インパクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 02:20 UTC 版)

味方側が操るお馴染みゴエモンインパクトの他、本作では敵側明確にインパクトと呼称される大型からくりメカを操る。外観コミカルなからくり人形風だった旧作異なり近未来調の世界観に合わせてリアルロボットのようなデザインになっているゴエモンインパクト ゴエモンたちが乗り込む巨大からくりメカ本作では「『ご組』に伝わ伝説巨大兵器」とされており、エビス改良によって外見変わっている戦闘機のような形態変形して飛行移動も可能。戦闘で使う必殺技は、名称や見た目こそ異なっているものの、性質過去のインパクトの必殺技似通ったものが多い。 専用ほら貝呼び出していた旧作に対し本作ではゴエモンキセル高く点に掲げ、「来い!」と呼びかけることによって飛来するHIDE IMPACT 不如帰(ほとどぎす) ハンゾウが操る巨大からくりメカで、AREA1のインパクトボス迷彩服模したカラーリング施されている。軽量高速化目標に製作されており、装甲体力を表す)は他のインパクトに比べて薄いが、素早い動きに加えて分身などのトリッキーな行動が可能となっている。 HEAVY IMPACT 大槌(おおづち) ベンケイが操る巨大からくりメカで、AREA3のインパクトボス重厚な外見しており、それに比例して装甲も非常に厚く防御力が高い。ミサイル爆弾バルカン砲装備しており、搭乗者ベンケイ同様高い火力有している。なお、GBA版登場しないBLACK IMPACT 鵺(ぬえ) ヨシツネが操る巨大からくりメカで、AREA5のインパクトボス漆黒の体に巨大な鎌を持ち死神思わせる風貌をしている。複数の光る分裂することが可能なほか、頭部には最終兵器として強力なキャノン砲搭載されている。攻撃力防御力機動力全てに優れた強力なからくりメカである。

※この「インパクト」の解説は、「ゴエモン 新世代襲名!」の解説の一部です。» 「ゴエモン 新世代襲名!」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

インパクト

出典:『Wiktionary』 (2021/08/04 09:02 UTC 版)

名詞

  1. 社会的、精神的な衝撃影響
  2. バットクラブに当たること。

語源

英語:impact から。

関連語


「インパクト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

インパクトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インパクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
i92i92
Copyright(c)2022 i92surf.com All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインパクト (改訂履歴)、インパクト! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの打撃 (野球) (改訂履歴)、アラバマ (バンド) (改訂履歴)、放課後アサルト×ガールズ (改訂履歴)、ゴエモン 新世代襲名! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインパクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS