打撃 (野球)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 打撃 (野球)の意味・解説 

打撃 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 13:44 UTC 版)

野球における打撃(だげき)またはバッティング(英: batting)とは、打者が相手投手の投球をバットで打つこと、およびその方法である。


注釈

  1. ^ 手塚一志は、左打者の流し打ちを「おっつけ」と呼ばない理由を「(右打者が多く採用する)[二重振り子バッティング]と違い、(左打者が多く採用する)[二重回旋バッティング]ではおっつけることができないから」と説明している。『バッティングの正体』170 - 172ページ。

出典

  1. ^ 公認野球規則6・04
  2. ^ キャンパニス(1957年) p.171
  3. ^ 『20世紀のプロ野球名選手100人』日本スポーツ出版社2000年、102頁において、村田繁(パ・リーグ事務局長)が「広角打法の最高峰を極めた打撃王であると認定していい。」と評している。
  4. ^ 『トッププロに学ぶ野球上達テクニック バッティング』54ページ。
  5. ^ 石橋秀幸・著書『レベルアップする!野球 化学・技術・練習』2013年、10頁。
  6. ^ オンライン野球教室 打撃
  7. ^ 空中浮遊するボールを打つティーバッティングマシン - Jet Hitter
  8. ^ 落合博満は「斜めからトスすることによってボールに対して斜めに打ってしまうため、変なスイングになってしまう。投げるなら正面から投げろ」として、セットアップ・ティーに否定的な見解を述べている。
  9. ^ takayuki-murakami.com
  10. ^ nikebaseball.jp Online Coaching
  11. ^ 『トッププロに学ぶ野球上達テクニック バッティング』74ページ、125ページ
  12. ^ 『君は松井か、イチローか。』86ページ。
  13. ^ “良いストレート”って何?斉藤&五十嵐&古田の答えは…【ピッチャーズバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 2021/08/27 (2021年8月30日閲覧)
  14. ^ 石橋秀幸・著者『レベルアップする!野球 化学・技術・練習』2013年、25頁。
  15. ^ 武蔵大学人文会雑誌34巻2号 川島浩平『"SUZUKI" から"ICHIRO" へ』p7.
  16. ^ 田村大五『この人にこの技あり 第18回:小鶴誠の「新田式打法」』 - Sportsclick
  17. ^ 近藤唯之『プロ野球運命の引き際』PHP研究所、2008年、p201 - p212。
  18. ^ “平成の青い稲妻”松本哲 涙のお立ち台!V打&美技 Sponichi Annex 2012年8月9日。


「打撃 (野球)」の続きの解説一覧

「打撃 (野球)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

打撃 (野球)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



打撃 (野球)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの打撃 (野球) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS