秋山幸二とは?

あきやま‐こうじ〔‐カウジ〕【秋山幸二】


秋山幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 15:26 UTC 版)

秋山 幸二(あきやま こうじ、1962年4月6日[1] - )は、熊本県八代郡氷川町出身[1]の元プロ野球選手監督野球解説者野球評論家




注釈

  1. ^ 2015年に山田哲人(ヤクルト)が本塁打王・盗塁王の同時獲得をしている。
  2. ^ 西武球団で1億円プレーヤーとなれば、この時点では東尾修、石毛宏典に続き3人目だった。
  3. ^ 1人目は、1954年に中日ドラゴンズで日本一となった天知俊一

出典

  1. ^ a b 秋山幸二著、卒業、西日本新聞社、2003年、P50
  2. ^ a b c 秋山前監督エピソード 若手時代、重い背番号で発奮「絶対、若い番号を」Sponichi Annex 2018年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g プロフィール”. KOJI AKIYAMA OFIICIAL WEBSITE 秋山幸二公式サイト Akiyama Style. 2014年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c 朝日新聞1985年6月15日朝刊
  5. ^ 【8月18日】2000年(平12) 秋山幸二、2000試合で2000本安打達成”. スポーツニッポン. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月7日閲覧。
  6. ^ 卒業、P78
  7. ^ 卒業、P80
  8. ^ 伊原春樹著、二流選手から一流指導者へ―三塁コーチの視点-誰も書かなかった「勝利の方程式」、ベースボール・マガジン社、2011年、P120-121
  9. ^ '85プロ野球12球団全選手百科名鑑120ページ
  10. ^ 森監督見たか!四番のはずが三番になり最後は六番。秋山幸二のバック宙は怒りの表現!? 週刊ベースボール 2015年11月9日
  11. ^ 1991年10月30日午後版スポーツセンター参照。
  12. ^ 稼頭央 40歳来季は外野一本!“年下”陽岱鋼に弟子入りへSponichi Annex 2014年12月5日閲覧。
  13. ^ ツーシームみたいに 秋山幸二『週刊ベースボール』2011年12月19日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-12/19, 105頁。
  14. ^ 【11月16日】1993年(平5) “特殊潜航艇”根本、久々の大型トレードで秋山ゲット”. スポーツニッポン (2007年11月16日). 2008年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  15. ^ 王貞治、もっと遠くへ 私の履歴書、日本経済新聞出版、2015年、178頁
  16. ^ 卒業、P143
  17. ^ a b プロ野球最期の言葉、村瀬秀信著、イースト・プレス、2010年、P214-215
  18. ^ ベースボールマガジン 2007年春季号 伝説の名チーム名鑑復刻版⑫ 1999福岡ダイエーホークス P99
  19. ^ ベースボールマガジン 2012年7月号 P54
  20. ^ HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボールマガジン社、2008年、P40
  21. ^ 川﨑宗則著、逆境を笑え 野球小僧の壁に立ち向かう方法、文藝春秋、P153
  22. ^ a b c 卒業、西日本新聞社、P152
  23. ^ 【8月18日】2000年(平12) 秋山幸二、2000試合で2000本安打達成”. スポーツニッポン (2007年8月18日). 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月2日閲覧。
  24. ^ 男泣き日本一!秋山監督、亡き母にV報告、サンケイスポーツ2011年11月21日
  25. ^ 平成26年 野球殿堂入り決定!!”. 野球殿堂博物館 (2014年1月17日). 2018年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月7日閲覧。
  26. ^ 野茂氏が野球殿堂入り!即表彰は20年ぶり 佐々木、秋山両氏も選出 スポーツニッポン 2014年1月17日閲覧
  27. ^ 秋山監督が退任会見「日本一まで、やり遂げたい」ソフトバンク球団公式サイト2014年10月14日配信
  28. ^ ソフトB 3年ぶり日本S進出!25日から甲子園で阪神と激突スポーツニッポン2014年10月20日配信
  29. ^ MVPは内川!目は真っ赤「本当に大事なのはマッチが打ってくれた」スポーツニッポン2014年10月30日配信
  30. ^ a b c おめでとう福岡ソフトバンクホークス (パリーグ優勝号)、日刊スポーツ出版社、2014年、30頁
  31. ^ ““昨季の敵将”秋山氏 オリ中島を熱血指導「言わせてもらった」”. Sponichi Annex. (2015年2月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/17/kiji/K20150217009821470.html 2015年2月17日閲覧。 
  32. ^ 鷹・秋山前監督の妻死去…王会長「3回の優勝支えてくれた」サンケイスポーツ2014年12月11日付
  33. ^ a b 落合、張本…球史に残る好打者たち その技術に迫る”. 週刊ベースボールONLINE. 2015年2月2日閲覧。
  34. ^ ベースボールマガジン 2011年9月号 P28
  35. ^ デストラーデ「野茂は人間だけど、イチローはエイリアンだね」(2015年7月31日時点のアーカイブ) - スポルティーバ 2015年7月29日
  36. ^ 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P75
  37. ^ 「NPBのレベルは本当に高かった」“G最強助っ人”回想、MLBに通用した5選手”. Full-Count. 2017年11月10日閲覧。
  38. ^ 秋山監督 ポール直撃弾でうさ晴らし「アドレナリン出た」”. スポーツニッポン. 2015年4月2日閲覧。
  39. ^ 杉内投手、ハーラーダービー独走の7勝目を挙げる”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2015年4月2日閲覧。
  40. ^ 「5月男」の伝説。秋山幸二と杉内俊哉。球史が誇る「ミスター・メイ」の圧倒的な成績を見よ!”. 週刊野球太郎 (2017年5月1日). 2021年6月1日閲覧。
  41. ^ 『跳び箱神話part2』、レゾナンス出版、215-217頁。ISBN 4-947735-07-4
  42. ^ 『跳び箱神話part2』、レゾナンス出版、203-204頁。ISBN 4-947735-07-4
  43. ^ “52歳もパワー健在!秋山監督、飛び入り参加のフリー打撃で一発”. Sponichi Annex. (2014年4月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/24/kiji/K20140424008034800.html 2016年11月13日閲覧。 
  44. ^ “ソフトB秋山監督130キロ以上100球”. 日刊スポーツ. (2013年11月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131111-1216888.html 2016年11月13日閲覧。 
  45. ^ “【ソフトB】4・1 秋山監督現役復帰?!”. 日刊スポーツ. (2012年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120401-926863.html 2016年11月13日閲覧。 
  46. ^ a b ソフトB秋山前監督夫人・千晶さん死去 11年オフから闘病 55歳”. スポーツニッポン. 2014年12月10日閲覧。
  47. ^ 数学者のはずが元野球選手 「秋山違い」講演生徒喜ぶ”. 47NEWS. 2015年2月2日閲覧。
  48. ^ “秋山幸二さん:「今は自分探し」 福岡でトークショー”. 毎日新聞. (2015年4月6日). http://mainichi.jp/sports/news/20150407k0000m040016000c.html 2015年4月7日閲覧。 
  49. ^ “「秋山幸二トークショー」開催のお知らせ”. 築上町. http://www.town.chikujo.fukuoka.jp/s045/020/060/akiyamakoji.html 2015年4月7日閲覧。 
  50. ^ 「秋山仁 講演会」のお知らせ 築上町 2015年7月21日発表。
  51. ^ 福岡市スポーツ栄誉賞”. 福岡市 健康づくり・スポーツサイト. 福岡市. 2017年9月8日閲覧。
  52. ^ “ソフトB秋山監督が氷川町民栄誉賞第1号”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年1月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20090123-453096.html 2017年12月4日閲覧。 
  53. ^ 報道資料:前福岡ソフトバンクホークス監督 秋山幸二氏への「県民栄誉賞」 (PDF)”. 熊本県 (2014年11月13日). 2017年12月4日閲覧。
  54. ^ 各種記録達成者一覧 100本塁打”. 日本野球機構. 2020年9月13日閲覧。
  55. ^ “西武山川が通算150本塁打、秋山幸二超え日本選手最速”. 西日本スポーツ. (2020年9月12日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/644349/ 
  56. ^ 各種記録達成者一覧 200本塁打”. 日本野球機構. 2020年9月13日閲覧。
  57. ^ 過去20年で最高の外野手は誰だ?~記録で見る真実の「守備力」~プロ野球 - Number Web - ナンバー、2016年3月17日閲覧。


「秋山幸二」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋山幸二」の関連用語

秋山幸二のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秋山幸二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋山幸二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS