茂木健一郎とは?

茂木健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 06:51 UTC 版)

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう、1962年昭和37年〉10月20日 - )は、日本の脳科学者ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員学位博士(理学)東京大学1992年平成4年))。身長171cm[1]血液型O型


注釈

  1. ^ The Physiological Societyにおける学会発表のプロシーディングである。PubMedにも記述あり。また、Werner, JS & Chalupa, LM (2003), The Visual Neurosciences, MIT Press. (ISBN 0262033089)に引用されている。
  2. ^ 番組が協賛していたアートイベント『TOKYO DESIGN WEEK』において2016年11月6日に発生した、死傷者が出た火災事故のために翌日放送予定分が休止され、以降も放送されないまま打ち切りとなった。

出典

  1. ^ 茂木健一郎 『脳はもっとあそんでくれる』 中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、2008年12月、63頁。
  2. ^ 脳なんでも相談室。法学部に所属していた頃に学んだこと 茂木健一郎オフィシャルブログ LINE BLOG
  3. ^ 茂木健一郎、『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』、学研パブリッシング、2015年、203ページ、ISBN 978-4-05-406259-7
  4. ^ 【無料放送・5金スペシャルPart2】クズのコスパ野郎にならないために生きがいを見つけよう. (2019年3月30日). https://www.youtube.com/watch?v=v2Qps785FL8&t=3363 2019年6月19日閲覧。 56分05秒頃から。
  5. ^ 茂木健一郎 クオリア日記: 母親が居間で叫んで教えてくれて、ぼくが二階から戦闘機のスクランブル発進のように駆け下りてくる。”. 茂木健一郎. 2016年8月2日閲覧。
  6. ^ 茂木健一郎 クオリア日記: 良かったですね、有吉さん”. 茂木健一郎. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ kenichiromogiのツイート(829814876289658880)
  8. ^ kenichiromogiのツイート(689981177671868421)
  9. ^ kenichiromogiのツイート(837607041526947841)
  10. ^ 茂木健一郎 『脳を最高に活かせる人の朝時間 頭も心もポジティブに』 すばる舎、2013年。ISBN 978-4799102022
  11. ^ Ken Mogi - YouTube
  12. ^ Ken Mogi - YouTubeチャンネル
  13. ^ Ken Mogi - YouTube”. 2018年10月26日閲覧。
  14. ^ クレイジーなプロフェッサーへの道: 茂木健一郎 プロフェッショナル日記
  15. ^ ハードトーク・知と愛、series 1, episode 32 『初めて自分で髪の毛を切った日のこと』. https://www.youtube.com/watch?v=3JJOidXIyX8 2018年10月26日閲覧。 
  16. ^ a b c 春日部市. “かすかべ親善大使 茂木 健一郎さん/春日部市公式ホームページ”. 2018年10月26日閲覧。
  17. ^ 表参道カレッジ よくあるご質問, 学長からのメッセージ - 表参道カレッジホームページ
  18. ^ 一般財団 東アジア共同体研究所”. 一般財団 東アジア共同体研究所. 2016年7月24日閲覧。
  19. ^ 日本は「右傾化」しているんじゃなくて、「愚鈍化」しているんだよ。昨日、本屋行って、「嫌韓」とか「反日」とかそういう感じの本がずらっと並んでいるのを見て、マジで、こういう本を書くやつも、読むやつも、頭悪すぎ、って思った。 茂木健一郎 午前7:46 · 2014年2月28日 (Twitter、2020年1月3日閲覧)
  20. ^ a b 茂木健一郎履歴書”. 茂木健一郎. 2018年10月26日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h ハイライト・ソニーコンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー 茂木健一郎 氏「脳を育てるとは」|SciencePortal”. 科学技術振興機構. 2017年8月5日閲覧。
  22. ^ a b mogilab”. 茂木健一郎. 2018年10月26日閲覧。
  23. ^ a b 茂木健一郎『東京藝大物語』講談社、2015年。ISBN 978-4-06-219478-5
  24. ^ 2014年1月のツイート
  25. ^ 慶應SDM公開講座「脳とビッグデータ」 茂木健一郎特別招聘教授講演 | SDM|慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 2017年8月5日参照
  26. ^ 「東京デザインウィークでの火災について。」公式ブログ、2016年11月7日
  27. ^ 脳科学者の茂木健一郎氏がゲスト登壇 最新のニューロリサーチ事例が聞ける無料セミナー開催|マクロミル 2017年8月5日参照
  28. ^ a b c Ken Mogi - YouTube
  29. ^ ウィンウィン対談 茂木 健一郎さん 「もっと人間の脳って自由で可能性がある」”. 株式会社 イー・ウーマン. 2018年10月26日閲覧。
  30. ^ 博士論文書誌データベース”. 2015年9月8日閲覧。[出典無効]
  31. ^ CiNii 博士論文 - Mathematical model of muscle contraction”. 国立情報学研究所. 2016年7月24日閲覧。
  32. ^ クオリア・マニフェスト”. 茂木健一郎. 2018年10月26日閲覧。
  33. ^ 茂木健一郎『フランシス・クリック、そして脳と意識の関係。』(日本分子生物学会)の9分55秒以降の発言。
  34. ^ アハ!体験とは何か?|アハ!体験|ソニー”. ソニー. 2018年10月26日閲覧。
  35. ^ 脳に快感アハ体験! (セガ): 2006|書誌詳細|国立国会図書館サーチ”. 国立国会図書館. 2018年10月26日閲覧。
  36. ^ PSP用ゲームソフト「脳に快感 アハ体験!」のDL版が8月9日に登場 - 4Gamer.net”. Aetas. 2018年10月26日閲覧。
  37. ^ a b mogilab”. 茂木健一郎. 2017年10月29日閲覧。
  38. ^ kenichiromogiのツイート(39110582988849152)
  39. ^ 茂木健一郎『東京藝大物語』講談社〈講談社文庫〉、2017年。ISBN 978-4062936095
  40. ^ 『東京藝大物語』、ついに完成! 感動の表参道。. 茂木健一郎.. https://www.youtube.com/watch?v=NaH0KABNPfk 2018年10月26日閲覧。 
  41. ^ 『茂木健一郎監修 脳が元気になるダイアリー』TOKYO FM、2013年。ASIN B00FML9OM2
  42. ^ 『ヤセないのは脳のせい』新潮新書、2017年。ISBN 978-4106107153
  43. ^ 脳と創造性|gacco”. 2017年10月29日閲覧。
  44. ^ a b kenichiromogiのツイート(51202856904179712)
  45. ^ 脳とコンピュータはどう違うか―究極のコンピュータは意識をもつか(ブルーバックス)、2003年。ISBN 978-4062574129
  46. ^ 論理と感性の先端的教育研究拠点 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 人文科学分野 HOME > 組織 > 脳と進化班 > 田谷 文彦”. 慶應義塾大学. 2017年10月29日閲覧。
  47. ^ a b 研究者の作法”. 瀬名NEWS (2007年4月17日). 2007年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月6日閲覧。
  48. ^ a b 書籍出版 双風舎:【連載】「脳は心を記述できるのか」”. 双風舎. 2016年7月24日閲覧。
  49. ^ a b c d 書籍出版 双風舎:【連載】「脳は心を記述できるのか」第1信 「価値のクオリア」は存在するか?(斎藤環)”. 双風舎. 2016年7月24日閲覧。
  50. ^ a b c d e f いまやオカルト研究者?!脳科学者・茂木健一郎へ噴出した「批判」(月刊『テーミス』2008年6月号)
  51. ^ 斎藤環と茂木健一郎の往復書簡「脳は心を記述できるのか」 第2信 クオリア、そして偶有性(茂木健一郎)”. 双風舎. 2018年10月26日閲覧。
  52. ^ 【茂木健一郎と池田大作の往復書簡】: 大槻義彦のページ”. 大槻義彦公式ブログ (2010年4月5日). 2010年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月30日閲覧。
  53. ^ a b c d “茂木健一郎氏、所得4億無申告…印税や出演料など”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社): p. 13S版39面. (2009年11月10日). オリジナルの2013年8月28日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/Ulu8a 
  54. ^ a b c “「仕事に追われ暇なかった」…茂木氏一問一答”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年11月10日). オリジナルの2014年6月15日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/iXRC 
  55. ^ お詫び:茂木健一郎クオリア日記”. 茂木健一郎 (2009年11月11日). 2012年12月22日閲覧。
  56. ^ 野口悠紀雄 『日本を破滅から救うための経済学』 ダイヤモンド社、2010年、125-126頁。ISBN 978-4478014073
  57. ^ 小林秀雄賞”. 2016年7月23日閲覧。
  58. ^ 潮出版社 USIO【桑原武夫学芸賞・過去の受賞作】”. 2016年7月23日閲覧。
  59. ^ 過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2014年11月21日閲覧。
  60. ^ 新パーソナリティ・茂木健一郎氏 - Dream Heart(ドリームハート) - 茂木健一郎 - TOKYO FM 80.0MHz”. TOKYO FM. 2018年10月26日閲覧。
  61. ^ Dream Heart(ドリームハート) - 茂木健一郎 - TOKYO FM 80.0MHz”. TOKYO FM. 2018年1月29日閲覧。


「茂木健一郎」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茂木健一郎」の関連用語

茂木健一郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茂木健一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茂木健一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS