西田敏行とは?

西田 敏行

西田敏行の画像 西田敏行の画像
芸名西田 敏行
芸名フリガナにしだ としゆき
性別男性
生年月日1947/11/4
星座さそり座
干支亥年
血液型B
出身福島県
身長167 cm
URLhttp://www.nishidatoshiyuki.com/
デビュー年1979
靴のサイズ26.5 cm
プロフィール福島県出身明治大中退。1979年劇団青年座入団同年、『情痴』で初舞台を踏む。翌年、『写楽考』で初主演。映画『釣りバカ日誌シリーズや、日本テレビ池中玄太80キロ』などで幅広い層から人気を博す1981年には『もしもピアノが弾けたなら』で歌手デビューも果たし、大ヒット記録1988年、『敦煌』で日本アカデミー賞最優秀主演男優受賞2003年12月劇団青年座退団愛嬌のあるキャラクター個性的容姿で、幅広い層から愛され俳優として映画・テレビ舞台活躍している。
デビュー作舞台情痴
代表作品1年1988
代表作品1映画『釣りバカ日誌
代表作品2年2002
代表作品2映画『陽はまた昇る
代表作品3年2003
代表作品3映画『ゲロッパ!
職種タレント俳優女優
語学東北弁
好きなスポーツ乗馬
趣味・特技乗馬/歌唱/東北弁

» タレントデータバンクはこちら

西田敏行

以下の映画西田敏行関連しています。
東映アストロフィルム
 


西田敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 16:26 UTC 版)

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年(昭和22年)11月4日 - )は、日本俳優歌手タレント司会者勲等旭日小綬章株式会社オフィスコバック所属、協同組合日本俳優連合理事長日本アカデミー賞組織委員会副会長。




注釈

  1. ^ 記事には「頸椎性頸髄症」と記載されているが、誤りである。
  2. ^ 徹子の部屋』(2009年12月23日放送分)による。
  3. ^ 2014年1月2日放送予定のテレビ東京新春ワイド時代劇影武者徳川家康』で再び家康を演じている[34]
  4. ^ ただし、大河枠以外の作品を含めた場合は、3人全員演じた俳優(例:中村橋之助)もおり、西田は織田信長を演じていないためこの中には含まれない。
  5. ^ 1986年に主演した『泣いてたまるか』は渥美清が多く主演した作品のリメイクである。
  6. ^ 現存映像は総集編後編のワンシーン。
  7. ^ 特別企画「歌で 会いたい。」の一つとして「花は咲く」歌唱。
  8. ^ パックインミュージック』エンディングテーマ。
  9. ^ SHOGUNの同曲のカバー。
  10. ^ 池中玄太80キロ』主題歌。
  11. ^ テレビ朝日系「サンキュー先生」主題歌。
  12. ^ テレビ朝日「サンキュー先生」挿入歌。
  13. ^ 日本テレビ系グランド劇場『池中玄太80キロII』主題歌。
  14. ^ 2007年1月から石原良純出演のタウンページCMで復活。
  15. ^ TBS系テレビ金曜ドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』主題歌。
  16. ^ 日本テレビミュージカルスペシャル『夏の王様』主題歌。
  17. ^ 日本テレビ系テレビドラマ『明石貫平35才』 主題歌。
  18. ^ ニッポン放送玉置宏の笑顔でこんにちは」子供たちに贈るうたオリジナルソング。
  19. ^ 桃井かおりとデュエット。
  20. ^ 名門私立女子高校』主題歌。
  21. ^ 「弥次喜多」イメージソング。
  22. ^ a b c 青年座オリジナルキャスト版舞台「弥次喜多」関連曲。
  23. ^ 泣いてたまるか』(西田主演のリメイク版) 主題歌。
  24. ^ 『泣いてたまるか』(西田主演のリメイク版) 挿入歌。
  25. ^ a b 日本テレビ系テレビドラマ『猫、ふんじゃッた!』エンディングテーマ曲。
  26. ^ 西田敏行&ラブファミリー(坂口良子西村知美、原田慎也)名義。
  27. ^ TX系ドラマ『妻をめとらば』 主題歌。
  28. ^ ドラえもん のび太の日本誕生』 主題歌。
  29. ^ ナショナル劇場翔んでる!平賀源内』 主題歌。
  30. ^ 松竹映画釣りバカ日誌』 オープニングテーマ。
  31. ^ 平成ふしぎ探検隊』 エンディングテーマ。
  32. ^ 花王愛の劇場ママ走れ!』 主題歌。
  33. ^ 東京バナナボーイズの同曲(アルバム『King Of Fruits』収録)のカバー。
  34. ^ 国際電信電話「ゼロゼロイチバン」CMソング。
  35. ^ 松竹映画『釣りバカ日誌12』 主題歌。
  36. ^ テレビ東京系コント・ドラマ『すっから母さん』のエンディング・テーマ曲。
  37. ^ 『ジャンボ宝くじ』CMソング。西田夢蔵名義。
  38. ^ TBSテレビ系ドラマ『浅草ふくまる旅館II』 主題歌。
  39. ^ TBSテレビ系ドラマ『浅草ふくまる旅館II』 挿入歌。
  40. ^ セブン&アイ・ホールディングス「父の日キャンペーン」CMソング。
  41. ^ 第62回NHK紅白歌合戦で歌唱。

出典

  1. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『ふしぎな岬の物語』が最多13部門受賞”. ORICON STYLE (2015年1月14日). 2015年2月23日閲覧。
  2. ^ 大越健介の現代(いま)をみる|対談|怒りをマグマに -西田敏行さん-”. NHKニュースウオッチ9 (2011年11月7日). 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  3. ^ “【2月12日】植村直己物語 -日めくり映画2月 邦画編-”. Sponichi Annex. (2011年2月12日). オリジナルの2014年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416010002/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/dailymovie2_japan/kiji/K20110212000230990.html 2014年4月16日閲覧。 
  4. ^ どらく ひとインタビュー 246回 西田敏行さん(2/3)”. 朝日新聞社 (2013年2月25日). 2013年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  5. ^ PLAZAインタビューvol.035「西田敏行さん」”. CPRA公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会 実演家著作隣接権センター (2011年12月26日). 2012年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月14日閲覧。
  6. ^ 世界8000m峰全14座無酸素登頂を目指す私の夢 第11回 小西浩文”. 公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団. 2013年9月13日閲覧。
  7. ^ 2000年  西田敏行さんと南米アコンカグアへ”. alpinist 小西浩文 website. 2013年9月13日閲覧。
  8. ^ 西田敏行、入院していた”. 街の灯 (2001年11月27日). 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。[注釈 1]
  9. ^ “西田敏行さんが緊急入院 心筋こうそくで倒れ”. 47NEWS. (2003年3月4日). オリジナルの2014年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416012428/http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003030401000268.html 2014年4月16日閲覧。 
  10. ^ “「助けられた命大事に」 西田敏行さん退院 ”. 47NEWS. (2003年3月28日). オリジナルの2014年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416012800/http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003032801000444.html 2014年4月16日閲覧。 
  11. ^ “金井彰久氏死去 / 青年座映画放送代表取締役”. 四国新聞社. (2001年10月19日). オリジナルの2013年11月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/Xnibp 2014年4月16日閲覧。 
  12. ^ 2008年秋・紫綬褒章受章者”. シアターリーグ / 演劇ニュース (2008年11月2日). 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月8日閲覧。
  13. ^ 最新ニュース6.18”. 日本舞台音響事業協同組合 (2009年6月18日). 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  14. ^ 第33回日本アカデミー賞は『劔岳 点の記』が最多6部門で受賞。作品賞は『沈まぬ太陽』に。”. 週刊シネママガジン (2010年3月7日). 2013年9月9日閲覧。
  15. ^ 福山、西田ら福島支援ライブで熱唱 1万5000人を魅了”. オリコン (2011年9月10日). 2013年9月12日閲覧。
  16. ^ 西田敏行が震災以後故郷・福島へUターン 妻は東京に残る”. NEWSポストセブン(ウェブ魚拓によるキャッシュ) (2012年8月12日). 2013年9月12日閲覧。
  17. ^ “爆笑問題・太田「一時は相方が変な占い師にだまされて」(ウェブ魚拓によるキャッシュ)”. スポーツニッポン. (2012年3月16日). http://megalodon.jp/2013-0908-2238-43/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/16/kiji/K20120316002839790.html 2013年9月8日閲覧。 
  18. ^ “坂口良子さん、57歳で死去…尾崎健夫と結婚もわずか7か月”. スポーツ報知. (2013年3月30日). オリジナルの2013年11月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/uHFJ3 2014年4月16日閲覧。 
  19. ^ “西田敏行さん「早過ぎるよアッコ。玄太は号泣してる」”. msn産経ニュース. (2013年3月29日). オリジナルの2013年11月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/UkZ9p 2014年4月16日閲覧。 
  20. ^ “西田敏行、お別れの言葉「すべて三國連太郎」”. SANSPO.COM. (2013年7月20日). オリジナルの2013年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130926161247/http://www.sanspo.com/geino/news/20130720/oth13072005030010-n1.html 2013年11月2日閲覧。 
  21. ^ “西田敏行、“笑い”の殿堂入り!したコメ・コメディ栄誉賞を受賞!”. シネマトゥディ. (2014年7月1日). オリジナルの2014年7月5日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/zrSgQ 2014年7月5日閲覧。 
  22. ^ したコメニュース2014 - コメディ栄誉賞に、西田敏行さんが決定!”. 「第7回したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会 (2014年7月1日). 2014年7月5日閲覧。
  23. ^ “西田敏行が頸椎亜脱臼で手術へ、自宅ベッドから転落し通院治療中”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160216/geo16021605030012-n1.html 2016年2月16日閲覧。 
  24. ^ “西田敏行「ナイトスクープ」収録に復帰”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年2月26日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/26/0008839849.shtml 2016年2月26日閲覧。 
  25. ^ “西田敏行、頸椎亜脱臼の手術成功 5月6日の仕事復帰目指す”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/20/kiji/K20160420012436720.html 2016年4月20日閲覧。 
  26. ^ “西田敏行、今度は胆のう炎 先月は頸椎手術、6日復帰は中止”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年5月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160505-OHT1T50143.html 2016年5月6日閲覧。 
  27. ^ “西田敏行、胆のう摘出手術成功…首リハビリ開始、今月末退院目指す”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/13/kiji/K20160513012578290.html 2016年5月10日閲覧。 
  28. ^ “西田敏行、涙の復帰 ナイトスクープ収録で「ただいま」近日中に退院”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/03/kiji/K20160603012712660.html 2016年6月3日閲覧。 
  29. ^ “西田敏行が退院「あと15年は稼がせてもらいます」…頸椎亜脱臼と胆のう炎手術で2か月入院”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160613-OHT1T50127.html 2016年6月13日閲覧。 
  30. ^ a b 「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷、ネットで拡散 容疑の男女3人を書類送検
  31. ^ http://www.koback.jp/kokuchi201608.html
  32. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000531-san-ent
  33. ^ “西田敏行さんに県民栄誉賞 9月に表彰式”. 毎日新聞. (2018年7月31日). https://mainichi.jp/articles/20180731/k00/00e/040/172000c#cxrecs_s 2018年7月31日閲覧。 
  34. ^ 新春ワイド時代劇「影武者 徳川家康」”. テレビ東京. 2013年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。
  35. ^ 朝日新聞 2010年6月8日東京版夕刊2面『ニッポン宝探し -福島-』での本人インタビュー記事より。
  36. ^ vol4. 松崎しげるインタビュー”. OCN TODAY. 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月閲覧。
  37. ^ 西田敏行『探偵!ナイトスクープ』降板の理由明かす「笑いも感動もある番組に」exciteニュース.2019年10月26日
  38. ^ 全日本空輸機内誌『翼の王国』2007年8月号掲載インタビュー
  39. ^ 「ヤラセじゃない?」 31年目の『探偵!ナイトスクープ』新局長・松本人志で何が変わった? 文春オンライン 2019年12月19日、2020年1月15日閲覧
  40. ^ 1999年2月26日放送、「渥美清の伝言」
  41. ^ 完全版「男はつらいよ」の世界 (集英社文庫) (文庫)山田洋次インタビュー
  42. ^ 朝日新聞』2017年1月8日号
  43. ^ 『しんぶん赤旗 日曜版』(13年12月22日号)
  44. ^ 通販生活』(二〇一〇春号)
  45. ^ CCTV映画専門チャンネル2016年2月27日番組表
  46. ^ 西田敏行から中国のファンへのメッセージ
  47. ^ 徹子の部屋 2016年12月8日(木)”. gooテレビ (2016年12月8日). 2017年4月1日閲覧。
  48. ^ 西田敏行が渥美清さんからかけられた、心の支えとなった一言スポーツ報知
  49. ^ a b 自伝『役者人生、泣き笑い』
  50. ^ [1]西田敏行さんロングインタビュー「この人、この時」
  51. ^ [2]西田敏行さんに聞く『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の魅力(3)いま演じてみたい人は誰ですか?
  52. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『葵〜徳川三代〜』- NHKアーカイブス
  53. ^ 【西郷どん】西田敏行、西郷隆盛の息子・菊次郎役で出演「気持ちのいい騙され方」
  54. ^ a b “米倉涼子主演『ドクターX』、10月連ドラ第4弾「心機一転、新しい気持ちで」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2073799/full/ 2016年6月22日閲覧。 
  55. ^ 西田敏行:ハマちゃんからスーさんへ ドラマ「釣りバカ」で濱田岳と新コンビ”. まんたんウェブ (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  56. ^ 濱田岳主演ドラマ『釣りバカ日誌』シーズン2 4月期放送決定
  57. ^ 濱田岳の「釣りバカ日誌」新春ドラマスペシャル放送、舞台は映画1作目と同じ香川”. 2018年10月17日閲覧。
  58. ^ 水原希子、香取慎吾とドラマ初共演「謎な部分が多い」と興味津々”. ORICON STYLE (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。
  59. ^ 福士蒼汰主演『モンタージュ』唐沢寿明・西田敏行・遠藤憲一・香川照之ら出演”. マイナビニュース (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。
  60. ^ “内野聖陽主演『琥珀の夢』西田敏行、山本耕史ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2118875/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  61. ^ “大森南朋の法医学ドラマ「サイン」西田敏行や森川葵が出演、国民的歌手役で横山涼も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月13日). https://natalie.mu/eiga/news/335426 2019年6月13日閲覧。 
  62. ^ 映画『あさひるばん』公式サイト”. 松竹株式会社. 2013年9月18日閲覧。
  63. ^ 遠藤憲一が両性具有の宇宙人!三谷最新SFコメディーで出産シーンも”. シネマトゥデイ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  64. ^ 江口洋介は短髪!石橋冠監督作「人生の約束」に西田敏行&ビートたけしら主演級ずらり”. 映画.com (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  65. ^ 西島秀俊×西田敏行、高校再建するヤクザ役でW主演!世直しエンタメ「任侠学園」映画化”. 映画.com (2019年1月25日). 2019年1月26日閲覧。
  66. ^ “西田敏行が「ジャングル・ブック」のんびり屋のクマに息吹き込む、劇中で歌声も披露”. 映画ナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/eiga/news/192270 2016年6月27日閲覧。 
  67. ^ NHKスペシャル 3. 11 あの日から2年 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  68. ^ 『東京ガス 暮らしとデザインの40年 1955→1994』1996年2月1日発行、株式会社アーバン・コミュニケーションズ。128頁~131頁
  69. ^ 「宴会の歌にイチ押し? 西田敏行のCM曲人気」『日経流通新聞』1994年6月2日付、19頁。
  70. ^ 西田夢蔵 プロフィール”. Sony Music. 2007年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  71. ^ “吉高由里子が先輩に人生を学ぶ!? 三井住友銀行の新TV-CM「いくぞ、ミライ。」オン エア開始”. マイナビニュース. (2014年10月24日). http://news.mynavi.jp/news/2014/10/24/136/ 2014年10月26日閲覧。 
  72. ^ 「ズームイン!!SUPER」 2008年9月19日(金)放送内容(西田敏行さん(60)号泣!「誰も知らない泣ける歌」)”. カカクコム (2008年9月19日). 2017年4月1日閲覧。
  73. ^ “西田敏行が初の自叙伝で美少年だった中学時代や「釣りバカ」語る”. ステージナタリー. (2016年10月28日). http://natalie.mu/stage/news/207233 2016年10月28日閲覧。 
  74. ^ 松ケンが主演男優賞 / 映画賞” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2011年12月6日). 2013年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。


「西田敏行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西田敏行」の関連用語

西田敏行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西田敏行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西田敏行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS