参考とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 参考 > 参考の意味・解説 

さん‐こう〔‐カウ〕【参考】

読み方:さんこう

[名](スル)何かをしようとするときに、他人意見他の事例資料など引き合わせてみて、自分の考え決め手がかりにすること。また、そのため材料。「研究の上で―になる」「内外判例を―する」


参考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 10:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「参考」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「参考」を含むページの一覧/「参考」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「参考」が役に立つかも知れません。

関連項目



参考(以下は、寺院作法である。)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 05:12 UTC 版)

勤行 (真宗大谷派)」の記事における「参考(以下は寺院作法である。)」の解説

五帖全部を「回り口」で拝読する場合は、内容考慮して両度御命日御文」は定められた日のみ拝読する。

※この「参考(以下は、寺院作法である。)」の解説は、「勤行 (真宗大谷派)」の解説の一部です。
「参考(以下は、寺院作法である。)」を含む「勤行 (真宗大谷派)」の記事については、「勤行 (真宗大谷派)」の概要を参照ください。


参考(連続6場所勝利数80勝以上の力士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 05:08 UTC 版)

年間最多勝」の記事における「参考(連続6場所勝利数80勝以上の力士)」の解説

度にこだわらない任意の場所の連続6場所で勝ち星80勝以上を記録した力士列挙する1958年昭和33年)より年6場所定以降大相撲史上達成者9人のみで、現在の最多勝利数白鵬88勝である。各力士の、最多記録のみを列挙する。(成績の太字は、優勝を示す。) 四股名 123456合計備考白鵬 2010年3月場所15全勝 2010年5月場所15全勝 2010年7月場所15全勝 2010年9月場所15全勝 2010年11月場所14勝1敗 2011年1月場所14勝1敗 88勝2敗 現在、最多勝利数記録北の湖 1977年9月場所15全勝 1977年11月場所13勝2敗 1978年1月場所15全勝 1978年3月場所13勝2敗 1978年5月場所14勝1敗 1978年7月場所15全勝 85勝5敗 大鵬 1966年3月場所13勝2敗 1966年5月場所14勝1敗 1966年7月場所14勝1敗 1966年9月場所13勝2敗 1966年11月場所15全勝 1967年1月場所15全勝 84勝6敗 1966年5月場所~1967年3月場所間、および1966年7月場所1967年5月場所間も84勝6敗となる。 玉の海 1970年9月場所14勝1敗 1970年11月場所14勝1敗 1971年1月場所14勝1敗 1971年3月場所14勝1敗 1971年5月場所13勝2敗 1971年7月場所15全勝 84勝6敗 朝青龍 2005年1月場所15全勝 2005年3月場所14勝1敗 2005年5月場所15全勝 2005年7月場所13勝2敗 2005年9月場所13勝2敗 2005年11月場所14勝1敗 84勝6敗 千代の富士 1988年5月場所14勝1敗 1988年7月場所15全勝 1988年9月場所15全勝 1988年11月場所14勝1敗 1989年1月場所11勝4敗 1989年3月場所14勝1敗 83勝7敗 貴乃花 1994年9月場所15全勝 1994年11月場所15全勝 1995年1月場所13勝2敗 1995年3月場所13勝2敗 1995年5月場所14勝1敗 1995年7月場所13勝2敗 83勝7敗 1994年11月場所~1995年9月場所間も83勝7敗となる。 栃錦 1959年3月場所14勝1敗 1959年5月場所14勝1敗 1959年7月場所15全勝 1959年9月場所12勝3敗 1959年11月場所12勝3敗 1960年1月場所14勝1敗 81勝9敗 1959年5月場所1960年3月場所間も81勝9敗となる。 隆の里 1983年3月場所12勝3敗 1983年5月場所13勝2敗 1983年7月場所14勝1敗 1983年9月場所15全勝 1983年11月場所13勝2敗 1984年1月場所13勝2敗 8010

※この「参考(連続6場所勝利数80勝以上の力士)」の解説は、「年間最多勝」の解説の一部です。
「参考(連続6場所勝利数80勝以上の力士)」を含む「年間最多勝」の記事については、「年間最多勝」の概要を参照ください。


参考(外部リンク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 02:18 UTC 版)

松田十刻」の記事における「参考(外部リンク)」の解説

十刻通信 典拠管理 NDL: 00676777 VIAF: 253581854 WorldCat Identities: viaf-253581854 この項目は、文人小説家詩人・歌人・俳人著作家作詞家脚本家作家劇作家放送作家随筆家/コラムニスト文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:文学/PJ作家)。

※この「参考(外部リンク)」の解説は、「松田十刻」の解説の一部です。
「参考(外部リンク)」を含む「松田十刻」の記事については、「松田十刻」の概要を参照ください。


参考(外部サイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/06 14:06 UTC 版)

いわて希望のちから」の記事における「参考(外部サイト)」の解説

県政テレビ番組いわて希望のちから」(岩手県広聴広報課IBC岩手放送いわて希望のちからIBC岩手放送いわて希望のちから」(2011年3月まで放送テレビ岩手いわて希望のちからめんこいテレビいわて希望のちから岩手朝日テレビいわて希望のちから」 この項目は、テレビ番組関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル テレビ/ウィキプロジェクト 放送または配信番組)。

※この「参考(外部サイト)」の解説は、「いわて希望のちから」の解説の一部です。
「参考(外部サイト)」を含む「いわて希望のちから」の記事については、「いわて希望のちから」の概要を参照ください。


参考(脚注除く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 01:30 UTC 版)

ゲイシャ (バンド)」の記事における「参考(脚注除く)」の解説

Musica Studio’s Official Siteゲイシャ所属するレコード会社Profil Geisha di situs KapanLagi.com (ゲイシャプロフィール) ※「脚注」及び「参考」で示したサイト2012年11月25日現在、全てアクセス可能

※この「参考(脚注除く)」の解説は、「ゲイシャ (バンド)」の解説の一部です。
「参考(脚注除く)」を含む「ゲイシャ (バンド)」の記事については、「ゲイシャ (バンド)」の概要を参照ください。


参考(英語版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 03:09 UTC 版)

カルノサウルス類」の記事における「参考(英語版)」の解説

George Olshevsky. “Re: What are these dinosaurs”. 2007年1月29日閲覧。 (on "Carnosaurus")

※この「参考(英語版)」の解説は、「カルノサウルス類」の解説の一部です。
「参考(英語版)」を含む「カルノサウルス類」の記事については、「カルノサウルス類」の概要を参照ください。


参考(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 15:29 UTC 版)

オーロラソース」の記事における「参考(日本)」の解説

落合務春菊イタリアン オムレツ」(2010年11月25日)『きょうの料理』。 木下幸治ポーチドエッグのソース・オロール」(2005年0315日)『きょうの料理』。 藤野嘉子「えびバーグ」(2007年0206日)『きょうの料理』。 本多京子「ちぎりレタス半熟卵のせ」(2008年09月11日)『きょうの料理』。 おいしい給食 ファイナルバトル 2020年

※この「参考(日本)」の解説は、「オーロラソース」の解説の一部です。
「参考(日本)」を含む「オーロラソース」の記事については、「オーロラソース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「参考」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

参考

出典:『Wiktionary』 (2021/09/11 03:12 UTC 版)

発音(?)

さ↗んこー

名詞

さんこう

  1. 考え決める手がかりとして他人意見資料などを集めて利用すること。または、そのような手がかり

派生語・複合語

類義語

翻訳

動詞

-するさんこう-する)

  1. (他動詞) 他人意見資料などを、考え決める手がかりとして利用する。

活用

翻訳




参考と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「参考」に関係したコラム

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDの金取引とは

    金取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。金の現物取引は、ロンドン金市場で1日に2回取引が行われ、価格が決定されます。これをフィキシングプライスといいます。一方、金の先物市場は、ニューヨー...

  • FXの仲値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の仲値とは、銀行などの金融機関が、顧客との取引の際に用いる為替レートのことです。仲値は、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)とも呼ばれま...

  • 株365の相場と原油相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と原油相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとに...

  • 株365の必要証拠金額は

    株365の必要証拠金額は、株365を取り扱う証券会社が東京金融取引所の算出した株価指数証拠金基準額を参考に設定しています。東京金融取引所の株価指数証拠金基準額の算出方法は次の通りです。各銘柄について、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「参考」の関連用語

参考のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



参考のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勤行 (真宗大谷派) (改訂履歴)、年間最多勝 (改訂履歴)、松田十刻 (改訂履歴)、いわて希望のちから (改訂履歴)、ゲイシャ (バンド) (改訂履歴)、カルノサウルス類 (改訂履歴)、オーロラソース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの参考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS