作法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 作り方 > 作法の意味・解説 

さく‐ほう〔‐ハフ〕【作法】

読み方:さくほう

物の作り方。さほう。「小説の―」

[補説] 現代では多く「さほう」という。


さ‐ほう【作法】

読み方:さほう

(‐ハフ

物事を行う方法きまったやり方。きまり。しきたり。「婚儀旧来の―にのっとる

起居動作正し法式。「礼儀―」

詩歌小説などきまった作り方さくほう。「小説―」

(‐ホフ仏事を行う法式葬礼授戒などの法式

例の―にをさめ奉るを」〈源・桐壺

礼儀(れいぎ)[用法]


作法

読み方:サクホウ(sakuhou)

ものの作り方


作法

読み方:サホウ(sahou)

礼儀かなった立ち居振舞い


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 20:37 UTC 版)



作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 05:12 UTC 版)

勤行 (真宗大谷派)」の記事における「作法」の解説

御文箱より『御文』取り出し頂戴する。 - 『御文』無く勤行集に載っている御文拝読する場合は、勤行本を頂戴する

※この「作法」の解説は、「勤行 (真宗大谷派)」の解説の一部です。
「作法」を含む「勤行 (真宗大谷派)」の記事については、「勤行 (真宗大谷派)」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 07:01 UTC 版)

バル・ミツワー」の記事における「作法」の解説

男児13歳達した後の安息日に、トーラー (ユダヤ聖書)、ハフターラー一部朗読したり、朝の礼拝執り行ったりと様々な作法があるが、特にユダヤ法決まっているわけではないので、宗派によって異なる。たとえこのような儀式経ずとも、成人になった13歳になり、陰毛生えた男児ユダヤ法に従う宗教的社会的な責任があるとみなされるのである

※この「作法」の解説は、「バル・ミツワー」の解説の一部です。
「作法」を含む「バル・ミツワー」の記事については、「バル・ミツワー」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 07:02 UTC 版)

床の間」の記事における「作法」の解説

書院造建築にある「広間」では床の間のある方を「上座」といい、その反対を「下座」という。江戸時代以前大名屋敷城郭御殿において上座のことを「上段」、それ以下下段中段などといい、座敷飾り施された上段は、領主当主などの主人部屋とされた。 茶室など床の間のある部屋に通された客は、床の間前に座って掛軸香炉活けた花などを拝見鑑賞)する作法がある。

※この「作法」の解説は、「床の間」の解説の一部です。
「作法」を含む「床の間」の記事については、「床の間」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 19:10 UTC 版)

力水 (相撲)」の記事における「作法」の解説

水桶白房下と赤房下の東西1個ずつ配置し呼出水桶から柄杓(ひしゃく)で汲んで力水をつける」役の力士渡し、これを力水とする。土俵上の力士柄杓を受けるが、これを飲むのではなく一口だけ口に含むのみ(この際柄杓直接口を付けない)。受ける側は片膝立てて行う方法本来の正し形であるが、現在ではほとんどの力士慣習蹲踞姿勢力水を受けており、豊真将などが数少ない例外である。力水をつけた後は次いで渡される力紙(半紙半裁し二つ折りしたもの化粧紙ともいう。)で口元隠しながら含んだ土俵側面にある盥に吐き、口や顔の汗などを拭いてから盥に捨てる。なお、取組勝った力士力水をつける前に水を飲むこともある。 柄杓を使うようになった時期1941年からで、それ以前は盃を使用していた。 2019新型コロナウイルス対策追われ大相撲令和2年3月場所では、感染防止のために柄杓控え力士から受ける所作は行うものの口は付けないエア力水”となる方針八角理事長説明した

※この「作法」の解説は、「力水 (相撲)」の解説の一部です。
「作法」を含む「力水 (相撲)」の記事については、「力水 (相撲)」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 13:35 UTC 版)

切腹」の記事における「作法」の解説

戦国時代江戸時代初期においては介錯人がつかず、腹を十文字に割いたり、内臓引きずり出したりといった過激な方法用いられていたと言われ軍記物にもそのような描写が散見する。状況によっては、ただちに失血ショック腹膜刺激症状起こし失神ないし運動失調来すため、実行困難を極めるが、成功した例も報告されている。 近世入り士分刑罰としての切腹確立すると、切腹にも作法が登場する切腹する人を切腹人(せっぷくにん)という。切腹に付き添いその首を切り落としたり検視役に首を見せるなど、切腹補助を行う者を介錯人かいしゃくにん)という。腹部切り裂いただけでは死亡までに時間がかかり、死ぬ者に非常な苦痛を強いるため、通常介錯人切腹直後に介錯実行する江戸時代には、切腹複雑で洗練された儀式となり、介錯がつく切腹の作法が確立した切腹の作法が制定され時期については諸説あるも、18世紀初め享保年間前後)という説が有力である。 切腹の際の腹の切り方は、腹を一文字に切る「一文字腹」、一文字に切ったあとさらに縦にみぞおちからへその下まで切り下げる十文字腹」がよいとされた。もっとも、体力的にそこまで無理なことが多く、喉を突いて絶命することも多かったとされる後には、切腹に付き添って首を斬り落と介錯の作法が確立した介錯通常正副2人、あるいは3人務めたそれぞれ3人の場合、首を打つ「介錯大介錯とも)」、短刀をのせた四方4つ穴のある三方)を持ち出す「添介錯(助介錯とも)」、首を実検入れる「小介錯」の三役である。介錯人については、首を一振り斬り落とすのは剣術長けたでないと勤まらず、下手な者の介錯では何度も切腹人を斬りつけ余計な苦痛を与える事態なりかねない介錯人預かり人家中の者が務め建前になっていたため、介錯失敗武術不心得として家の恥と見なされた。そこで、家中腕の立つ者がいない場合は、他家依頼して人を呼んでくることもあった。 切腹の場所は、大名旗本などの上武士の場合預かり人切腹人の身柄を預かる人)の邸内、やや身分が劣る場合預かり人邸宅庭先、さらに身分が劣る場合牢屋中とされた。足軽下の身分切腹許されなかったとされる儀礼化されているわけではないため、介錯任意である)。赤穂事件は、大名である浅野長矩庭先にて切腹という、格下扱いをされた事が要因一つとも言われる切腹武士と言えども大変な苦痛覚悟強いられるため、どうしても腹を切れないという武士少なからずおり、代わりに一服」という服毒自殺の方法も用意されていた。 江戸時代中期以降切腹形式的なものとなり、四方に短刀代わりに扇子を置き、それで腹を切る仕草をした、もしくは手をかけた瞬間に介錯人が首を落とすという方法一般的になる扇腹扇子腹)。赤穂事件関与して切腹命じられ赤穂浪士も、比較身分高かった大石良雄数人以外は扇子木刀使用した中には自分切腹作法を知らないどうすればいいのか」と聞いた者もいたという逸話残っている幕末になると一部本来の切腹復活したことも記録されている。

※この「作法」の解説は、「切腹」の解説の一部です。
「作法」を含む「切腹」の記事については、「切腹」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 02:43 UTC 版)

犬追物」の記事における「作法」の解説

競技場として40四方平坦な場を準備し、そこを「馬場」とする。その馬場36騎の騎手12騎を1組とする)、2騎の検分者(「検見といわれる)、2騎の喚次、150匹の投入し所定の時間内に騎手が何匹射たかで争う。矢が貫かないよう引目」(いぬうちひきめ)という特殊な鏑矢使用したただ単にに矢を当てればよいというものではなく相撲決め手のように打ち方命中した所によっていくつもの技が存在した。この判定のために検見や喚次が必要となった

※この「作法」の解説は、「犬追物」の解説の一部です。
「作法」を含む「犬追物」の記事については、「犬追物」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 03:25 UTC 版)

便所飯」の記事における「作法」の解説

便所第一義排泄であり、便所飯流儀触れた明窗出版社の「日本流行語100選」では、「他人への迷惑を避けるため、便所への長居はなるべく避けること」としている。

※この「作法」の解説は、「便所飯」の解説の一部です。
「作法」を含む「便所飯」の記事については、「便所飯」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 00:03 UTC 版)

懸賞 (相撲)」の記事における「作法」の解説

詳細は「手刀を参照 懸賞かかった一番は、行司勝ち名乗り後で軍配の上に懸賞袋を乗せ、勝ち力士差し出す。この場合軍配三方代用とされる。 勝ち力士はこれを右手三つ手刀切ってから受け取るのが現在は普通になっている。これは昭和大関名寄岩静男から始まったもので、彼以前はもっと無造作に受け取るのが普通だったが、名寄岩がこれを無作法見た目にも良くないとして始めたものを他の力士次第真似ようになった名寄岩によれば三つ手刀を切る味は、〝心〟という字を描くということで手刀の切りかたも(力士当人から見て)左→中央→右の順だった。「勝負つかさどる柱の神への感謝の意で、左→右→中央の順で手刀を切る」という、現在の解釈とはやや異なっている。もっとも懸賞受け取った後、右に払い心の字を切る力士も多い。 懸賞金制度古来伝統に基づいておらず、手刀を切る手の左右に関しては取り決め存在せず昭和30年代まで手刀を切る手や切り方力士によってまちまちだった。これを見かねた横綱双葉山定次時津風理事長から通達出され、「右手で、左、右、中央手刀を切る」ことが原則とされた。この後も、逆鉾昭廣後の井筒)のように左利き力士左手手刀切って特別に問題視されることもなかったが、左利きである横綱朝青龍明徳左手手刀切って懸賞金受け取ったときに、横綱審議委員会内舘牧子がそれを問題視し以後原則の厳格化進んだ懸賞金手刀切った後、手刀切ったの手(つまり片手)で受け取るのが普通だったが、近年1つ取組掛けられる懸賞金本数増えて束が厚くなったこともあり初日14日目・千秋楽横綱戦などで右手手刀切った後に両手懸賞金受け取光景見られるようになっている勝負のため血が頭に上り間違って勝ち力士懸賞受け取らずそのまま土俵から下がる例もしばしば見られる極めて稀であるが、勝ち力士手刀を切る際に軍配等に手が当たり、懸賞袋を土俵上に落とす例があるが、その際は足で懸賞袋を拾う習わし[要出典]である。

※この「作法」の解説は、「懸賞 (相撲)」の解説の一部です。
「作法」を含む「懸賞 (相撲)」の記事については、「懸賞 (相撲)」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 15:24 UTC 版)

台湾における乖乖文化」の記事における「作法」の解説

乖乖置き方にはすでに厳密な作法が成立している通常デバイス正常に作動していることを知らせランプの色が緑色であることから、乖乖の袋の色もでなければならない(つまりココナッツ風味)。黄色や赤のランプは異常を知らせるものであり、乖乖の袋の色としては避けるべきである。例え2017年5月統合所得税の徴収時期に、アクセス殺到してオペレーション・システムダウンすることをふせぐために台湾財政部乖乖頼ろうとしたことがある 。しかし財政部は袋が黄色乖乖購入したため台湾ネチズンからは嘲り浴びた中国国民党盧秀燕は、計画を見直す際に作法を必ず守って袋の色を間違えないように、と財政部コメントをしている。ただしメーカー側は色ごとに意味づけ変えている。緑色の袋の乖乖電子デバイスやコンピュータールーム向けであり、黄色の袋は経済的な成功表しているため金融銀行業界向け、などである。赤い袋は愛を表しており、バレンタインデー母の日数量限定発売された。 この文化広く浸透している台湾では、袋の色だけでなく賞味期限にも注意すべきだとされている賞味期限切れのものは置かないことが肝心で、もし期限切れていれば即座に取り替えなければならない。また中身ゴキブリネズミ食べられないように、穴が開いていないかなど袋の状態も確認する必要がある機械そなえられているうちは何人であっても袋を開けて中の菓子食べたり無計画において後から取り替えることは許されていない。台湾では、何か災難起こった際に乖乖間違って扱ってしまったためだという報道が行われることもある。

※この「作法」の解説は、「台湾における乖乖文化」の解説の一部です。
「作法」を含む「台湾における乖乖文化」の記事については、「台湾における乖乖文化」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 08:33 UTC 版)

盛岡山車」の記事における「作法」の解説

台車木製の「大八車」を使用し人形歌舞伎歴史上の名場面偉人神話縁起物昔話などを飾る。 山車下の部分には波の絵で海が表現されていて、その上に立岩」と呼ばれる岩が置かれ、さらにその上に人形配する造花岩の上紅白牡丹その上に桜・梅紅葉咲かせる山車屋根代わりに常緑の実際に山から伐採してくる)を飾り藤の花ぶら下がらせる。 進行方向から見て表側飾りを「風流」、裏側飾りを「見返しと呼ぶ由来不明)。これを演題という。太鼓前方小太鼓5 - 7個)、後方に大太鼓1台または2台)を置き、いずれも山車乗って叩く。 「門付けが行われており、寄付をした家庭店舗・施設の前で山車停め、「音頭上げ」を唄う音頭上げ内容演題の由来自分たちの団体を誇るもの。さらに、山車の絵が描かれた「番付」を配布する

※この「作法」の解説は、「盛岡山車」の解説の一部です。
「作法」を含む「盛岡山車」の記事については、「盛岡山車」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:58 UTC 版)

日本」の記事における「作法」の解説

食事の際の挨拶や、食器手に持つことが許され、音をたてて食事をすることに寛容など、独自の作法がある。

※この「作法」の解説は、「日本」の解説の一部です。
「作法」を含む「日本」の記事については、「日本」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 08:33 UTC 版)

除夜の鐘」の記事における「作法」の解説

鐘を撞く前には鐘に向かって合掌する。 鐘を撞く時間帯に関しては年を跨いで鐘を撞く寺院年明け午前零時から撞き始め寺院がある。 年を跨いで鐘を撞く寺院 - 撞き始め時刻23時00分、23時30分23時45分など様々。108撞く寺院においては108回のうち107回は旧年12月31日)のうちに撞き残り1回新年1月1日)に撞くとする寺院もある。 年明け午前零時から撞き始め寺院 - 増上寺浅草寺成田山新勝寺など。

※この「作法」の解説は、「除夜の鐘」の解説の一部です。
「作法」を含む「除夜の鐘」の記事については、「除夜の鐘」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 00:54 UTC 版)

オペラグローブ」の記事における「作法」の解説

防寒用の手袋は、室内入りアウターを脱ぐとき同時に外すことがマナーであるが、オペラグローブはその限りではない。靴と同様ドレス一部としてのグローブなので、手袋着用せずに人前に出ることはエチケット違反であり、特に屋外イベントでは常に手袋着用するダンスパーティー握手したダンスをしたり、キスをするよう手を差し出すときも着用したままとし、結婚式同様であり式典中は手袋着用する手袋衣装不可欠な部分考える必要があり、基本的に常に着用し外して持ち運ぶ癖をつけない。ただし、食事飲酒喫煙トランプ化粧をするとき、および結婚式指輪交換のときは外す。 公式行事正式なイベントでは手袋丈は肘を超える長さ必要でありホワイトタイでは肘より短い手袋着用しない。白、アイボリーベージュなどは、オペラグローブ伝統的な色であり、オペラグローブ着用するほとんど全ての機会に適しているが、黒のオペラグローブは、純白のドレスパステルカラーガウン一緒に着用しないこととし濃い色の服の場合のみ着用するウェディングドレスについては、ドレスおよびその附属するアクセサリーなどが白色基調としているため、グローブ色もドレスの色を乱さないよう白色標準である。手袋の上からブレスレット装着することもあるが、指輪着けない。

※この「作法」の解説は、「オペラグローブ」の解説の一部です。
「作法」を含む「オペラグローブ」の記事については、「オペラグローブ」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 19:06 UTC 版)

手水」の記事における「作法」の解説

一般的には次の通り右手柄杓ひしゃく)を取り手水を掬(すく)う。 その手最初に左手清める次に柄杓左手持ち替え同様の動作右手清める次に口をゆすぐためもう一度右手柄杓持ち替え左の手のひらに手水溜めて口に含む柄杓直接口をつけない)。 音を立てずに口をゆすいで清め、そっと吐き出す先の動作左手もう一度清める最後に柄杓の柄を片手持ち部が上になるよう傾け、柄に手水したたらせ洗い流す柄杓元の位置静かに戻す。

※この「作法」の解説は、「手水」の解説の一部です。
「作法」を含む「手水」の記事については、「手水」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/16 14:33 UTC 版)

数珠」の記事における「作法」の解説

数珠用い方 宗旨により異な場合あるが、一般に仏事法要際に仏・菩薩物故者霊位などに礼拝するときに、合掌し手にかける本式念珠合掌時の掛け方は、宗旨によって異なるので注意要す。 また合掌以外に持つ際は、房を下に垂らし左手に持つか、左の手首下げる。 僧が手ではなく首にかけて用い場合もあるが、(切腹する際の武士が首から数珠をかけていた故事に基づいて功徳積めないという意から)首から数珠かけないほうが良いとする宗派(特に真言系の宗派では厳しく諭される)もある。 数珠取扱う上で注意 法具なので大切に取扱い携帯時には、鞄などに直に入れず数珠袋(念珠袋)など専用の袋に入れる。 一時的に置く際は袱紗などの上に置き、畳の上机の上などに直に置いてならない

※この「作法」の解説は、「数珠」の解説の一部です。
「作法」を含む「数珠」の記事については、「数珠」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 17:31 UTC 版)

パブ・セッション」の記事における「作法」の解説

セッションには、望んだ人はだれでも参加できる"オープン・セッション"(open sessions)と、弾く人間制限されている"クローズド・セッション"(closed sessions)の2つがある。一般的にはセッションルールはとてもシンプルだが、その内容セッション毎に異なってくる。一般的にパブセッション楽器練習する場ではない。参加者楽器演奏する能力持ち合わせていることが前提になる。いくつかのセッション全面的に楽器演奏主体であり、別のセッションは歌で人々魅了する新し人間セッション始ま前に他の参加者紹介するのが通例である。 多くの場合リーダーなり古くからメンバーその場雰囲気作りセッション円滑にむようにしている。リーダーはいって傍目には全くそのように見えないことも多いし、リーダー自身セッション主導することを考えていないことすらある。しかしながら実際のところ人間力関係の自然から、セッションには常にリーダーがいる。いくつかのセッションラウンドロビン方式をとって座った位置から順番にセットリーダー回しており、別のセッションでは特に順番決めない飛び入り自由(free-for-all)のスタイルである。そして、セッションリーダーどのようにこのセッション進行しているのか注意を払っている。 セッションには、その自由さ自然さによる新し発見要素が常にあり、それを期待し自由さ受け入れ雰囲気参加者全員にある。 たった1曲の歌か数曲のチューンしか知らない人がいたときに、それをあからさまに批判することはひんしゅくを買うセッションすべての参加者楽し機会であり、もしその人セッションメンバーたちが受け入れているのであれば、(セッションリーダー除いてたった一人メンバー思いでそれを否定するものではない。

※この「作法」の解説は、「パブ・セッション」の解説の一部です。
「作法」を含む「パブ・セッション」の記事については、「パブ・セッション」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:53 UTC 版)

真宗興正派」の記事における「作法」の解説

明治初期まで浄土真宗本願寺派末寺筆頭であったため共通点も多いが、作法の上異な部分もある(焼香二回、等)。

※この「作法」の解説は、「真宗興正派」の解説の一部です。
「作法」を含む「真宗興正派」の記事については、「真宗興正派」の概要を参照ください。


作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 20:06 UTC 版)

座布団」の記事における「作法」の解説

元来権力象徴であった物から派生した長い歴史のある物である。この経緯から日本における作法の一環相手を敬う意図により、現在でも来客に対して必ずといってよいほど提供される。客の側も、座布団勧められる前にその上に座る行為礼儀に反するとされることがある勧められるまでは立ったままか座布団ではなく畳につま先立てて正座跪座)すると良いとされる挨拶済ませた後、勧められた礼を述べて座る。 座布団来客に対するもてなしとして用いられる訳だが、これを固辞することも礼を逸するとされる。しかし夏場などの季節によっては無い方が快適な場合もあり、勧める側も相手意思慮って無理に勧めないこともありえるなど、微妙な運用求められると考えられる一般的な和室の作法では、座布団正面は「縫い目の無い(目立たない一辺」であるとされる今日では座布団カバーなど見られるファスナーが座る者から見て奥に成るのが望ましいだろう。なお裏表中央の糸の房が飛び出している方が表、縫い目しか見えないのが裏であるが、日常の用に足す物では中央の房糸が無いものも見られるそのような裏表判別つかない座布団日常用を足す物であるため来客用普段用を用意する必要もあるかもしれない例外的に自分の座っている座布団新し来客に譲るときは、裏表関係なく自分の座っていた側とは裏側を出す。 座る側の作法としては、座布団を足で踏まず、まず座布団下座側に跪座し、膝を生かして座布団の方45度体を向きかえる。座布団中央まで膝行し、開き足で足を揃え正座をする。座布団の横の位置充分な空きが無い場合は、座布団手前から乗って構わない。なお座布団位置手で動かすと、どうしても相手用意悪さ論うように見えるため、本来きちんと揃えられた座布団座る位置にあわせて動かすのは避けた方が良いかも知れない案内役誘導に従って座布団置かれた位置に座るのが望ましいだろう。 なお室内の座る位置に関しては、一般的に出口に近い方ほど地位が低いの場所(下座)とされ、奥の床の間飾りなどがある場所が上座となる。通常そのような上下関係がある席では、目上の者が座るまで待って座布団に座るのが一般的であるが、目上の者が遅れて来る場合は必ずしもその限りではない。なお無闇に謙って迎える側の誘導無視して下座陣取る出口が近い事もあり「おまえの所は不快なのですぐ帰る」という意思表示に取られかねないため、注意が必要である。 立つ際には、座る時と逆の順序で立つこの時座布団を足で踏んではいけない。座布団は座る道具あるため基本的に椅子座席同様、その上に立つ行為は「あまり美しくない」といえよう。 勿論、あまり堅苦しくない席ではこのような配慮は必要無いが、普段から練習しておくと自然と身に付いて大事な席での失敗避けられると思われる尋常ならざる謝意謝罪の意、また恐縮謙譲を表す場合着座している座布団外した上で平伏することが行われることもある。

※この「作法」の解説は、「座布団」の解説の一部です。
「作法」を含む「座布団」の記事については、「座布団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作法

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:51 UTC 版)

名詞

  1. (さほう)人間気持ちよく生活していくための知恵
  2. さくほう物の作り方。

発音(?)

さ↘ほー
さ↗くほー

関連語


「作法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作法」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勤行 (真宗大谷派) (改訂履歴)、バル・ミツワー (改訂履歴)、床の間 (改訂履歴)、力水 (相撲) (改訂履歴)、切腹 (改訂履歴)、犬追物 (改訂履歴)、便所飯 (改訂履歴)、懸賞 (相撲) (改訂履歴)、台湾における乖乖文化 (改訂履歴)、盛岡山車 (改訂履歴)、日本 (改訂履歴)、除夜の鐘 (改訂履歴)、オペラグローブ (改訂履歴)、手水 (改訂履歴)、数珠 (改訂履歴)、パブ・セッション (改訂履歴)、真宗興正派 (改訂履歴)、座布団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS