作法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 作り方 > 作法の意味・解説 

さく‐ほう〔‐ハフ〕【作法】

物の作り方。さほう。「小説の作法」

[補説] 現代では多く「さほう」という。


さ‐ほう【作法】

(‐ハフ

物事を行う方法。きまったやり方。きまり。しきたり。「婚儀旧来の作法にのっとる

起居動作正し法式。「礼儀作法

詩歌小説などのきまった作り方さくほう。「小説作法」

(‐ホフ仏事を行う法式葬礼授戒などの法式

例の—にをさめ奉るを」〈源・桐壺

礼儀(れいぎ)[用法]


作法

読み方:サクホウ(sakuhou)

ものの作り方


作法

読み方:サホウ(sahou)

礼儀にかなった立ち居振舞い


マナー

(作法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:19 UTC 版)

マナー英語: manner)とは、人と人との関わりで当然その場面でしかるべきとされる行儀・作法のことを指す[1][2]。これは自分一人のとき、他に見ている人が誰も居ない場合でもそれを守ることが望ましい価値観であるが、その場合は「マナー」ではなく「道徳」(モラル)として論じられるのが一般的である。


  1. ^ 出典 : 『広辞苑』・『大辞林』他
  2. ^ 英語の "manner" は、「仕方・やり方・流儀、態度、行儀・作法、風習、~風」などの広い意味がある。出典 : goo辞書 英和辞書 mannergoo辞書)2011年7月24日閲覧。
  3. ^ 出典 : 『絵でわかる マナー事典』 現代マナー・フォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  4. ^ 出典 : 『ポイントがわかるマナー手帳』 外山晴彦 榎島景子 西東社 2002年9月 p.1.
  5. ^ a b c d Proper Table Manners
  6. ^ a b 庄司真人 原田保(編)「宮廷料理のスタイルデザイン」『食文化のスタイルデザイン』<地域デザイン学会叢書> 大学教育出版 2015 ISBN 9784864293389 pp.185-186.
  7. ^ 大路直哉・フェリシモ左きき友の会『左ききでいこう!愛すべき21世紀の個性のために』株式会社フェリシモ、2000年、95項。
  8. ^ 出典 : 『生活基本大百科』part6「テーブルマナー : 洋食」
  9. ^ Business Etiquette in Brief, Ann Maine Sabath, 1993


「マナー」の続きの解説一覧

作法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:51 UTC 版)

名詞

  1. (さほう)人間気持ちよく生活していくための知恵
  2. さくほう物の作り方。

発音

さ↘ほー
さ↗くほー

関連語




作法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作法」の関連用語

作法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS