しとは?

平仮名「し」は「之」の草体片仮名「シ」は「之」の草体変形


[1] 【士】

男子。特に、学問道徳を修めた男子についていう。 「同好の-」 「好学の-」 「高潔の-」
古代中国で、大夫庶民との間に位した身分

[1] 【子】

( 名 )
こ。こども。
五等爵第四子爵
独自の思想理論をもって一家をなした人。有徳の人。特に、孔子。 「 -のたまわく
( 代 )
二人称自分と同程度相手をさす。古めかしい言い方。君。 「 -の考えやいかん」
接尾
動作性の名詞に付いて、そのことをもっぱら行う男子の意を表す。 「読書-」 「編集-」
古く貴族女子の名に添えて用いる。 「光明-」 「式-内親王
名前の下に付けて親しみの意を表す。 「やや点兵衛-、どうなすつた/滑稽本浮世風呂 4
自分の名の下に付けて卑下する意を表す。 「芭蕉-/芭蕉書簡
助数詞碁石、特に置き碁のとき置く石を数えるのに用いる。 「三-置く」

[1] 【巳

十二支第六。み。

[1] 【氏】

( 名 )
うじ(氏)」に同じ。
( 代 )
三人称男子に対して敬意をこめて用いる。彼。 「 -は斯界先達であります
接尾
人の姓名に付けて尊敬の意を表す。主として男子に用いる。 「山田太郎-」
氏族の名に付けて、その氏族出身であることを表す。 「藤原-」
助数詞尊敬の意をこめて人数を表すのに用いる。「人(にん)」の尊敬語。 「御出席の三-」

[1] 【仕】

かえること。つとめ。
[句項目] 仕を致す

[1] 【司】

律令制で、省に属し、職・寮に次ぐ役所

[1] 【史】

歴史
歴史を記す人。記録つかさどる役人史官
律令制神祇官太政官主典さかん)。大史少史とがあり、記録をつかさどった。
[句項目] 史に三長あり

[1] 【四・肆

数の名。三より一つ多い数。よ。よつ。よっつ。よん。 〔「肆」は大字として用いられる〕
[句項目] 四の五の言う

読み方:し

支える、支持する、あるいは、枝分かれした物、といった意味の字。十二支構成する単位指して「支」といい、「各支」などのように用いることがある

~し

[多]=~り ・「やっぱしあんまし、これっきし、こればっかしはっきし

~し

甲州弁意味用例
~し人達おんなし、あのし、わけえし(女の人達、あの人達、若い人達)

○○し(て/た/に)

大阪弁 訳語 解説
○○し(て/た/に) ○○せ(て/た/に) サ行音の一段動詞五段動詞などの助詞の前で、エ列音がイ列音になる。見せて、は、見して、食べさせた、は、食べさした、笑わせに行く、は、笑かしに行く。


し(て/た)

大阪弁 訳語 解説
し(て/た) し(て/た) 現在の京都大阪では、サ行音の五段動詞活用で、イ音便化しない。「だした」「ゆるして」などが「だいた」「ゆるいて」などになるのは、河内北摂和泉東海東山北陸中南紀伊西播磨北近畿山陰北山陽、東土佐、九州


大阪弁 訳語 解説
し、だから、なんだから 順接故に。主に終助詞的に活用し、理由強調を表す。標準語のように並列要素を含まなくても用いる。嬉しそうなしてやるしなあ、うち行くのんいややし、おまえなんかもうええしぃ、あいつ逃げるのんだけはめっちゃ早いしな、この指示書わっけわっからんしぃ! 文末につく場合語尾伸ばす通常アクセント低音だが、嫌味として言い放つ場合は、文末での言い切り限り高音発音する。「さかいに」の「さ」と同系列語。京都では、きょうは暑いし行かへん、のように「さかい」と同じようにも活用する。


しな、し

大阪弁 訳語 解説
しな、し がけ、おり、
(する)途中最中
語源は「しだ(時)」。何々する時、何々する際。動詞連用形につく。行きしに寄ってきた。話の終わりしなに顔を出す寝しなベルが鳴る西日本で使う。


~し(~しんさい)

方言 意味 例文
~し(~しんさい ~しなさい(おばさん使用する)
はよーし。発音
早くしなさい。


方言味・解
しなさい。〔「する」の命令形〕 →サ変動詞活用表参照

 [意]ひと[例]あんし(あの人)、こんし(この人)、そんし(その人)、どんし(どの人)、どこんし(どちらの人)、よそんし(よその人)、おとこし(男の人)、おなごし(女の人)

  1. 魚屋塩魚符牒にして三といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒


  1. 魚屋小物小魚)の符牒にして六といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 六。〔商〕

分類 符牒


  1. 木綿屋の通り符牒にしてすべて九といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 九。〔青物商〕

分類 符牒青物


読み方:し

  1. 一。〔青物商〕

分類 青物


読み方:し

  1. 七。〔生魚商〕

分類 生魚

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方

読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 02:56 UTC 版)

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第2段(さ行い段)に位置する。清音の他、濁音(じ、ジ)を持つ。


  1. ^ a b 日本国語大辞典小学館、2001年、第2版。


「し」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/11/14 19:06 UTC 版)

発音

助詞

接続助詞

  1. 強調しながら物事を並べる。
    眠い疲れ、もういやだ
  2. 判断原因理由を示す。
    夜も遅くなってきたことですおいとまさせて頂きます
    面白かったね。思ったより空いてたね。

感動詞

(しっの形も取る)

  1. 人を静かにさせる
    、喋らない
  2. 邪魔なものを追い払う
    あっちい

助動詞

  1. 雅語助動詞きの連体形
    若かり

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 し参照

関連項目

「し、シ」で始まる日本語




しと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
あがつま語☆実用会話講座あがつま語☆実用会話講座
Copyright (C) 2019 あがつま語☆実用会話講座 All rights reserved.
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2019 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
下関弁辞典下関弁辞典
Copyright (C) 2019 下関弁辞典 All rights reserved.
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2019 博多弁推進会
豊語林豊語林
Copyright (C) 2019 豊語林 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS