卵子とは? わかりやすく解説

らん‐し【卵子】

読み方:らんし

「卵(らん)」に同じ。


卵子

受胎 1は、精子 4による卵子 3受精 2結果であり、妊婦妊娠状態 5あるいは妊娠期間 5開始を指す。受胎の成果 6妊娠経過と共に順次、胚 7胎児 7呼ばれる。胚が胎児になる瞬間はっきりと決まっていない一部学者はそれを、子宮内生命12週目または3ヶ月目の最後決めているが、受胎後8週目以後生命発達段階胎児態と呼ばれることが多い。卵着床 8とは子宮 9内膜に卵子が着床することを指すが、この過程受精数日起こる。


同義/類義語:卵子, 卵細胞
英訳・(英)同義/類義語:egg, ovum

生物有性生殖作られる異形配偶子のうち、大きく運動能力のない方の総称

卵細胞

同義/類義語:卵子
英訳・(英)同義/類義語:egg cell

有性生殖のために作られる異形配偶子で、大型の方。小型の方は精子
「生物学用語辞典」の他の用語
細胞名や細胞内の構造オルガネラに関連する用語:  卵殻突起  卵殻膜  卵母細胞  卵細胞  卵膜  卵門  卵黄

卵子

直径約0.2mm。人間のからだの中では最も大きな細胞です。
生殖細胞独特の細胞分裂結果その女性の性質をあらわす染色体23本入っています。男性のつくる精子の持つ染色体23本。2つ合体してはじめて染色体46本の受精卵ができるというわけです。


卵子

【英】Ovum ( pl. Ova
読み方:らんし

雌性生殖細胞

(卵子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 03:29 UTC 版)

(たまご、らん、: Egg/Spawn)とは、動物卵細胞が未受精、または受精し胚発生が進行した状態で体外(外環境)へ産み出される雌性の生殖細胞と付属物の総称である。玉子(たまご)とも書かれる場合もある。


注釈

  1. ^ 多核体には、粘菌変形体のようなさらに大きい物もある。

出典



「卵」の続きの解説一覧

卵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 09:14 UTC 版)

Angel Hearts (ゲーム)」の記事における「卵子」の解説

難しい本を持った眼鏡っ子。「難しい本を見せてくる」「数学の公式を囁く」「メガネ光らせる」などの攻撃仕掛けてくる。

※この「卵子」の解説は、「Angel Hearts (ゲーム)」の解説の一部です。
「卵子」を含む「Angel Hearts (ゲーム)」の記事については、「Angel Hearts (ゲーム)」の概要を参照ください。


卵子(卵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 06:54 UTC 版)

卵巣」の記事における「卵子(卵)」の解説

減数分裂完了後細胞精子核融合をすると、2n=46本のDNAを再び持つことになり、胚発生始まる。

※この「卵子(卵)」の解説は、「卵巣」の解説の一部です。
「卵子(卵)」を含む「卵巣」の記事については、「卵巣」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「卵子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

卵子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:57 UTC 版)

この単語漢字
らん
第六学年

第一学年
音読み 音読み

名詞

 らんし

  1. らん卵細胞

関連語


「卵子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卵子」の関連用語

卵子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



卵子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAngel Hearts (ゲーム) (改訂履歴)、卵巣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの卵子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS