双子とは? わかりやすく解説

そう‐し〔サウ‐〕【双子】

読み方:そうし

ふたご。双児(そうじ)。


ふた‐こ【双子/二子】

読み方:ふたこ

双子糸(ふたこいと)」の略。

双子織り」の略。


ふた‐ご【双子/二子】

読み方:ふたご

同じ母親から一度の出産生まれた二人の子双生児


ふたご 【双子】

双子は世界諸民族において特異視され、神話民話主題になり、出生時に特殊儀礼が行われたりする例がある。これを悪霊のしわざとか邪性の結果として不吉視する地方もあれば、神の贈りもの多産象徴として歓迎する地方もある。

双子

作者エリック・マコーマック

収載図書ダブル/ダブル
出版社白水社
刊行年月1990.2

収載図書ダブル/ダブル
出版社白水社
刊行年月1994.9
シリーズ名白水Uブックス

収載図書隠し部屋を査察して
出版社東京創元社
刊行年月2000.7
シリーズ名海外文学セレクション

収載図書隠し部屋を査察して
出版社東京創元社
刊行年月2006.5
シリーズ名創元推理文庫


双子

収載図書ゴースト天国からのささやき VOL.1
出版社竹書房
刊行年月2008.4
シリーズ名竹書房文庫


双子

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


双生児

(双子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 06:50 UTC 版)

双生児(そうせいじ)は、同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。所謂双子(ふたご)の事であり、多胎児の一種である。多胎児の中では最も件数が多い。受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)と二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)に大別される。


  1. ^ 「京都大学霊長類研究所年報Vol.40」京都大学霊長類研究所
  2. ^ 「Semi-identical twins discovered」BBC NEWS
  3. ^ Dasig D, Lyon J, Behr B, Milki AA. (2004-12). “Monozygotic twin birth after the transfer of a cleavage stage embryo resulting from a single pronucleated oocyte”. Journal of Reproduction and Genetics 21 (12): 427-429. PMID 15704517. 
  4. ^ Andrea Busnelli, Chiara Dallagiovanna, Marco Reschini, Alessio Paffoni, Luigi Fedele, Edgardo Somigliana (2019-02). “Risk factors for monozygotic twinning after in vitro fertilization: a systematic review and meta-analysis”. Fertility and sterility. 111 (2): 427-429. PMID 30691632. 
  5. ^ Tong S, Caddy D, Short RV. (1997). “Use of dizygotic to monozygotic twinning ratio as a measure of fertility.”. Lancet 349 (9055): 843-5. PMID 9121260. 
  6. ^ 「一卵性双子の作出」独立行政法人家畜改良センター Archived 2008年2月13日, at the Wayback Machine.
  7. ^ "BEHAVIORAL GENETICS 6th editon"(chap-13,table13-2) R.Plomin. et.al., Worth Publisher, 2013 ISBN 978-1-4292-4215-8
  8. ^ Hakon Jonsson, Erna Magnusdottir, Hannes P Eggertsson, Olafur A Stefansson, Gudny A Arnadottir, Ogmundur Eiriksson, Florian Zink, Einar A Helgason, Ingileif Jonsdottir, Arnaldur Gylfason, Adalbjorg Jonasdottir, Aslaug Jonasdottir, Doruk Beyter, Thora Steingrimsdottir, Gudmundur L Norddahl, Olafur Th Magnusson, Gisli Masson, Bjarni V Halldorsson, Unnur Thorsteinsdottir, Agnar Helgason, Patrick Sulem, Daniel F Gudbjartsson, Kari Stefansson (2021 January). “Differences between germline genomes of monozygotic twins.”. Nature Genetics 53 (1): 27-34. PMID 33414551. 
  9. ^ Freund J, Brandmaier AM, Lewejohann L, Kirste I, Kritzler M, Krüger A, Sachser N, Lindenberger U, Kempermann G. (2013). “Emergence of individuality in genetically identical mice.”. Science 340 (6133): 756-9. PMID 23661762. 
  10. ^ "Born Together-Reared Apart;the Landmark Minnesota twin study"(chap-13,pp.271) Nancy.L.Segal, Harvard University Press, 2012 ISBN 978-0-674-05546-9
  11. ^ 「遺伝子発現の確率性」北海道大学 遺伝子病制御研究所 CRG バイオインフォマティクス Archived 2007年12月14日, at the Wayback Machine.
  12. ^ 先進の Face ID テクノロジーについて
  13. ^ 肌チェックで双子も見分ける──ニブンビジョンの顔認証ソフト
  14. ^ "Twin Matters Volume XIII"The Mid-Atlantic Twin Registry(Virginia Commonwealth University)
  15. ^ 加藤則子『すぐに役立つ双子・三つ子の保健指導BOOK』(診断と治療社、2005年 ISBN 4-7878-1400-1
  16. ^ Gedda L, Sciacca A, Brenci G, Villatico S, Bonanni G, Gueli N, Talone C (1984). “Situs viscerum specularis in monozygotic twins”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 33 (1): 81-5. PMID 6540028. 
  17. ^ P G Noone, D Bali, J L Carson, A Sannuti, C L Gipson, L E Ostrowski, P A Bromberg, R C Boucher, M R Knowles (1999). “Discordant organ laterality in monozygotic twins with primary ciliary dyskinesia”. Am J Med Genet. 82 (2). PMID 9934981. 
  18. ^ Golbin A, Golbin Y, Keith L, Keith D (1993). “Mirror imaging in twins: biological polarization--an evolving hypothesis.”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 42 (3-4): 237-243. PMID 7871940. 
  19. ^ Wachtel SS, Somkuti SG, Schinfeld JS (2001). “Monozygotic twins of opposite sex”. Cytogenetics and cell genetics 91 (1-4): 293-295. PMID 11173871. 
  20. ^ Japan Fetoscopy Group『一絨毛膜双胎 基本からUpdateまで』(メジカルビュー社、2007年 ISBN 978-4-7583-0539-6
  21. ^ Nicolas H. Zech Josef Wisser Giancarlo Natalucci Mariluce Riegel Alessandra Baumer Albert Schinzel (2008). “Monochorionic‐diamniotic twins discordant in gender from a naturally conceived pregnancy through postzygotic sex chromosome loss in a 47,XXY zygote.”. Prenatal Diagnosis 28 (8): 759-763. PMID 18567067. 
  22. ^ Nonomura K, Kakizaki H, Fukuzawa N, Fujieda K, Harada N, Niikawa N, Koyanagi T (2002-08). “Monozygotic twins with discordant sexual phenotypes due to different ratios of mosaicism of 47,X,idic (Y),idic (Y) /46,X, idic (Y) /45,X”. Endocrine journal 49 (4): 497-501. PMID 12402982. 
  23. ^ Fujimoto A, Boelter WD, Sparkes RS, Lin MS, Battersby K (1991-11-01). “Monozygotic twins of discordant sex both with 45,X/46,X,idic(Y) mosaicism”. American journal of medical genetics 41 (2): 239-45. PMID 1785642. 
  24. ^ Schmidt R, Sobel EH, Nitowsky HM, Dar H, Allen FH Jr (1976). “Monozygotic twins discordant for sex”. Journal of Medical Genetics 13 (1): 64-68. PMID 944787. 
  25. ^ Dallapiccola B, Stomeo C, Ferranti G, Di Lecce A, Purpura M (1985-02). “Discordant sex in one of three monozygotic triplets”. Journal of medical genetics 22 (1): 6-11. PMID 3856681. 
  26. ^ Nieuwint A, Van Zalen-Sprock R, Hummel P, Pals G, Van Vugt J, Van Der Harten H, Heins Y, Madan K. (1999). “'Identical' twins with discordant karyotypes”. Prenatal Diagnosis 19 (1): 72-6. PMID 10073913. 
  27. ^ Su PH, Chen JY, Chen SJ, Hung HM, Ting HC, Lin CY, Quek YW (2006). “45,X/46,XX mosaicism in a mother and one of her discordant monozygotic twin daughters: report of one case”. Acta Paediatr Taiwan. 47 (5): 252-4. PMID 17352314. 
  28. ^ Rohrer TR, Gassmann KF, Rauch A, Pfeiffer RA, Doerr HG. (2004-08). “Growth of heterokaryotic monozygotic twins discordant for Ullrich-Turner syndrome during the first years of life.”. American journal of medical genetics. 126A (1): 78-83. PMID 15039976. 
  29. ^ P B Kaplowitz, J Bodurtha, J Brown, J E Spence (1991-10). “Monozygotic twins discordant for Ullrich-Turner syndrome.”. American journal of medical genetics. 41 (1): 78-82. PMID 1951467. 
  30. ^ Jovanovic L, Landesman R, Saxena BB (1977). “Screening for twin pregnancy”. Science 198 (4318): 738. PMID 910156. 
  31. ^ Thiery M, Dhont M, Vandekerckhove D. (1977). “Serum HCG and HPL in twin pregnancies”. Acta Obstet Gynecol Scand 56 (5): 495-7. PMID 602721. 
  32. ^ Nancy L Segal (2017). Twin mythconseptions. 
  33. ^ Malinowski W, Waszyński E (October 2006). “Superfecundation in etiology of twin pregnancy”. Ginekologia polska 77 (10): 797-803. PMID 17219814. 
  34. ^ Bourgoin P, Marc J, Merger C, Delatte JN (1995). “Indisputable double paternity in dizygous twins”. Journal de gynécologie, obstétrique et biologie de la reproduction 24 (4): 440-3. PMID 9176461. 
  35. ^ James WH (April 1980). “Gestational age in twins”. Archives of disease in childhood 55 (4): 281-4. PMID 7191240. 
  36. ^ "One Twin's White, The Other's Black"ABC's Good Morning America
  37. ^ [1][リンク切れ]
  38. ^ http://arbroath.blogspot.jp/2009/01/couple-defy-odds-with-second-pair-of.html "Couple defy odds with second pair of black and white twins"
  39. ^ Girela E, Lorente JA, Alvarez JC, Rodrigo MD, Lorent M, Villaneuva E (1997). “Indisputable double paternity in dizygous twins”. Fertility and Sterility 67 (6): 1159-61. PMID 9176461. 
  40. ^ Wenk RE, Houtz T, Brooks M, Chiafari FA (1992). “How frequent is heteropaternal superfecundation?”. Acta geneticae medicae et gemellologiae 41 (1): 43-7. PMID 1488855. 
  41. ^ ICOMBO Facebook 2020年8月15日 International Council of Multiple Birth Organisations (ICOMBO)
  42. ^ Kris Bigalk. “Rare Forms of Twinning”. bellaonline.com. 2007年3月22日閲覧。
  43. ^ "Zygosity Facts"The Mid-Atlantic Twin Registry(Virginia Commonwealth University)
  44. ^ Wenk RE, Houtz T, Brooks M, Chiafari FA (2007). “'Semi-identical' twins discovered”. News@Nature (26 March). News@Nature 26 March 2007 Archived 2007年5月4日, at the Wayback Machine.
  45. ^ Souter VL, Parisi MA, Nyholt DR, Kapur RP, Henders AK, Opheim KE, Gunther DF, Mitchell ME, Glass IA, Montgomery GW (2007). “A case of true hermaphroditism reveals an unusual mechanism of twinning”. Human Genetics 121 (2): 179-85. PMID 17165045. 
  46. ^ 『双子&三つ子ママの妊娠・出産・育児』(Benesse、2006年 ISBN 978-4-8288-6259-0
  47. ^ 体外受精卵:子宮に戻す数、1個と正式に決定--産科婦人科学会 毎日新聞 2008年4月13日
  48. ^ 『双子&多胎の本』(Benesse、2000年 ISBN 978-4-8288-5582-0
  49. ^ 「生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解」 Archived 2009年2月28日, at the Wayback Machine. 産科婦人科学会
  50. ^ Fakeye O (August 1986). “Perinatal factors in twin mortality in Nigeria”. International journal of gynaecology and obstetrics: the official organ of the International Federation of Gynaecology and Obstetrics 24 (4): 309-314. PMID 2878841. 
  51. ^ a b Nylander PP (1979). “The twinning incidence of Nigeria”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 28 (4): 261-263. PMID 122131. 
  52. ^ Matte U, Le Roux MG, Benichou B, Moisan JP, Giugliani R (1996). “Study on possible increase in twinning rate at a small village in south Brazil”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 45 (4): 431-437. PMID 9181177. 
  53. ^ Tagliani-Ribeiro A, Paskulin DD, Oliveira M, Zagonel-Oliveira M, Longo D, Ramallo V, Ashton-Prolla P, Saraiva-Pereira ML, Fagundes NJ, Schuler-Faccini L, Matte U. (2012). “High twinning rate in Cândido Godói: a new role for p53 in human fertility.”. Human Reproduction 27 (9): 2866-71. PMID 22736329. 
  54. ^ Cyranoski D. (April 2009). “Developmental biology: Two by two”. Naure 458: 826-9. PMID 19370006. http://www.nature.com/news/2009/090415/full/458826a.html. 
  55. ^ Enders AC. (Jan 2002). “Implantation in the nine-banded armadillo: how does a single blastocyst form four embryos?”. Placenta 23: 71-85. PMID 11869094. 
  56. ^ Wang,H.,Hou,R., Liu, Y.,Cai,Z., Luo, L.,Huang,H.,&Zhang,Z. (2015). “An observational analysis of relevant factors on twin rate of giant panda.(大熊猫双胞胎发生相关因素的分析研究)”. Sichuan Journal of Zoology 34 (5): 650–655. 
  57. ^ Maiju Qiao , Yingmin Zhou , Thomas Connor , Rengui Li , Dan Tang , Hemin Zhang and Jianghong Ran (2018 Oct). “Diagnosing Zygosity in Giant Panda Twins Using Short Tandem Repeats”. Twin Research and Human Genetics 21 (6): 527–532. 
  58. ^ IGOR L. TUMANOV (2001). “REPRODUCTIVE BIOLOGY OF CAPTIVE POLAR BEARS”. Ursus 12: 107-108. 
  59. ^ Malenfant RM, Coltman DW, Richardson ES, Lunn NJ, Stirling I, et al. (2016). “Evidence of adoption, monozygotic twinning, and low inbreeding rates in a large genetic pedigree of polar bears.”. Polar Biology 39: 1455-1465. 
  60. ^ Charles T. Robbins, Merav Ben-David, Jennifer K. Fortin, O. Lynne Nelson (2012). “Maternal condition determines birth date and growth of newborn bear cubs”. Journal of Mammalogy 93 (2): 540–546. 
  61. ^ 「多胎児の男女比率」一般社団法人日本多胎支援協会
  62. ^ Catherine Derom., et al (2007). “Timing of Twinning, X-Inactivation and Sex Proportion at Birth”. Twin Research and Human Genetics 10 (supp): 8-10. 
  63. ^ James WH (October 1980). “Sex ratio and placentation in twins”. Ann Hum Biol. 7 (3): 273-6.. PMID 7425555. 
  64. ^ James WH (October 1975). “The Sex Ratios of Monozygotic and Dizygotic Twins”. Ann Hum Biol. 2 (4): 365-78. PMID 1053246. 
  65. ^ James WH (2010 Aug). “Sex ratio in twin births”. Twin Research and Human Genetics 13 (4): 381-2. PMID 20707708. 
  66. ^ Orlebeke JF, van Baal GC, Boomsma DI, Neeleman D. (1993). “Birth weight in opposite sex twins as compared to same sex dizygotic twins.”. European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 50 (2): 95-98. PMID 8405647. 
  67. ^ Syuichi Ookil (2013). “Japanese database of families with twins and higher-order multiples.”. Twin Research and Human Genetics 16 (1): 221-225. PMID 23127603. 
  68. ^ Vitthala S, Gelbaya TA, Brison DR, Fitzgerald CT, Nardo LG. (2009). “The risk of monozygotic twins after assisted reproductive technology: a systematic review and meta-analysis”. Human Reproduction Update 15 (1): 45-55. PMID 30064533. 
  69. ^ "Causes of Twinning "www.nomotc.org
  70. ^ LiuS, Hong Y, Cui K, Guan J, Han L, Chen W, Xu Z, Gong K, Ou Y, Zeng C, Li S, Zhang D, Hu D. (2018). “Four-Generation Pedigree of Monozygotic Female Twins Reveals Genetic Factors in Twinning Process by Whole-Genome Sequencing.”. Twin Res Hum Genet. 21 (5): 361-368. PMID 18927071. 
  71. ^ Corney G, Seedburgh D, Thompson B, Campbell DM, MacGillivray I, Timlin D (July 1979). “Maternal height and twinning”. Annals of Human Genetics 43 (1): 55-59. PMID 496394. 
  72. ^ a b 『ふたごの話、五つ子の秘密』(武 弘道, 1998年 ISBN 4-06-269017-9
  73. ^ "Twins poser for fertility boffs" Archived 2008年12月16日, at the Wayback Machine. Science in Africa
  74. ^ Steinman G (May 2006). “Mechanisms of twinning: VII. Effect of diet and heredity on the human twinning rate”. The Journal of reproductive medicine 51 (5): 405-10. PMID 16779988. 
  75. ^ Christina Verni (2006). Vegan Women Much Less Likely To Have Twins Than Women Who Eat Animal Products, Especially Diary. Nutrition / Diet News
  76. ^ Helen Pearson (2006). A diet of milk could bring twins. Nature News
  77. ^ Rolett A, Kiely JL (2000). Maternal sociodemographic characteristics as risk factors for preterm birth in twins versus singletons. 14. pp. 211-8. PMID 10949212. 
  78. ^ 村越 毅 (2007). 臨床婦人科産科 61 (8): 994-1001. 
  79. ^ 泉章夫 (2005). “双胎妊娠と胎児異常”. 日産婦関東連会報 42: 59―60. 
  80. ^ Miura K, Niikawa N (2005). “Do monochorionic dizygotic twins increase after pregnancy by assisted reproductive technology?”. Journal of human genetics 50 (1): 1-6. PMID 15599781. 
  81. ^ Souter VL, Kapur RP, Nyholt DR, Skogerboe K, Myerson D, Ton CC, Opheim KE, Easterling TR, Shields LE, Montgomery GW, Glass IA. (2003). “Monochorionic dizygotic twins in a spontaneous pregnancy: a rare case report.”. N Engl J Med. 349 (2): 154-8. PMID 12853588. 
  82. ^ 中村裕美 清水久美子 金子透子 伊澤美彦 田巻勇次 野呂昌弘 (2005). “外性器の表現形が異なった一絨毛膜二羊膜性双胎”. 日産婦関東連会報 42: 75―78. 
  83. ^ Parva M, Donnenfeld AE, Gerson A. (2009). “Trizygotic dichorionic triplets with 46,XX/46,XY chimerism in both fetuses of the monochorionic pair.”. Prenatal diagnosis 29 (11): 1091-3. PMID 19777529. 
  84. ^ Ekelund CK, Skibsted L, Søgaard K, Main KM, Dziegiel MH, Schwartz M, Moeller N, Roos L, Tabor A. (2008). “Dizygotic monochorionic twin pregnancy conceived following intracytoplasmic sperm injection treatment and complicated by twin-twin transfusion syndrome and blood chimerism”. Ultrasound Obstet Gynecol 32: 832-834. PMID 18956441. 
  85. ^ Walker SP, Meagher S, White SM (2007). “Confined blood chimerism in monochorionic dizygous (MCDZ) twins.”. Prenatal diagnosis 27 (4): 369-72. PMID 17286316. 
  86. ^ 「私、こんな子です☆マナ」マナ☆カナのスマイルブログ
  87. ^ Nancy L. Segal (2011). “Zygosity Assessment by Self-Report; Research Reports; Human Interest”. Twin Research and Human Genetics 14 (1): 104-108. 
  88. ^ Yoko Imaizumi and Kazuo Hayakawa (2013). “Infant mortality among singletons and twins in Japan during 1999-2008 on the basis of risk factors”. Twin Research and Human Genetics 16 (2): 639–644. PMID 23360862. 
  89. ^ Noriko Kato, Tomohiro Matsuda (2006). “Estimation of optimal birth weights and gestational ages for twin births in Japan”. BMC Public Health 6 (45). PMID 16504133. 
  90. ^ 村越毅『多胎妊娠-妊娠・分娩・新生児管理のすべて』(メジカルビュー社、2015年 ISBN 978-4-7583-1248-6
  91. ^ Nathalie Petit, Hendrik Cammu, Guy Martens, Emile Papiernik (2011). “Perinatal outcome of twins compared to singletons of the same gestational age: a case-control study”. Twin Research and Human Genetics 14 (1): 88-93. PMID 21314260. 
  92. ^ A. Cervantes, J. Mazela, J.J. Oleszczuk, E. Papiernik, and Louis G. Keith, M.D. (1998). “Multiple Births and Preterm Delivery”. Prenat. Neonat. Med. (3): 125-129. (PDFファイル)
  93. ^ Leung TY, Tam WH, Leung TN, Lok IH, Lau TK. (January 2002). “Effect of twin-to-twin delivery interval on umbilical cord blood gas in the second twins.”. BJOG: an International Journal of Obstetrics and Gynaecology 109 (1): 63-7. PMID 11843376. 
  94. ^ "Girl Born 95 Days After Twin Brother" APNEWS
  95. ^ Goldgar DE, Kimberling WJ (1981). “Genetic expectations of polar body twinning”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 30 (4): 257-66. PMID 6954825. 
  96. ^ Gilbert, Scott F. (2006). “Non-identical Monozygotic Twins”. Developmental biology. Sunderland, Mass: Sinauer Associates. ISBN 0-87893-250-X. OCLC 172964621 
  97. ^ Chen CP, Chern SR, Sheu JC, Lin SP, Hsu CY, Chang TY, Lee CC, Wang W, Chen HE (June 2005). “Prenatal diagnosis, sonographic findings and molecular genetic analysis of a 46,XX/46,XY true hermaphrodite chimera”. Prenatal diagnosis 25 (6): 502-6. 
  98. ^ (編)森崇英・久保春海・岡村均『図説ARTマニュアル』(永井書店、2002年 ISBN 4-8159-1754-X
  99. ^ van Dijk,B.A., Boomsma,D.I., and de Man, A.J.M. (1996). “Blood group chimerism in human multiple births is not rare.”. American Journal of Medical Genetics 61 (3): 264-268. PMID 8741872. 
  100. ^ Helen Pearson (2002). “Dual identities”. Nature 417 (MAY 2): 10-11. PMID 11986637. 
  101. ^ 「二者同一性」(Helen Pearson (2002) の和文訳)訳文ページ
  102. ^ 「フリーマーチンの判定(異性双子の雌牛)」家畜改良技術研究所
  103. ^ Bieber, F. R., Nance, M. M., Morton, C. C., Brown, J. A., Redwine, F. O., Jordan, R. L., and Mohanakumar, T. (1981). “Genetic studies of an acardiac monster: evidence for polar body twinning in man”. Science 213: 775-777. 
  104. ^ 「TRAP sequenceとは?」日本胎児治療グループ
  105. ^ FA Anca, A Negru, AE Mihart, C Grigoriu, RE Bohîlțea, A Șerban (2015). “Special forms in twin pregnancy - ACARDIAC TWIN/ Twin reversed arterial perfusion (TRAP) sequence”. J Med Life. 8 (4): 517–522. PMCID PMC4656964. 
  106. ^ Mary Lou C Thelmo, RY Fok, SP Shertukde (2007). “Acardiac Twin Fetus With Severe Hydrops Fetalis and Bilateral Talipes Varus Deformity”. Fetal Pediatr Pathol 26 (5-6): 235-42. PMID 18363156. 
  107. ^ Blickstein I, Kalish RB (December 2003). “Birthweight discordance in multiple pregnancy.”. Twin research 6 (6): 526-31. PMID 14965464. 
  108. ^ 「自然発生の子宮内外同時妊娠の 1 例」[2][リンク切れ]
  109. ^ 「双子の妊娠と産院決め」双子の妊娠・出産情報サイト Archived 2007年6月6日, at the Wayback Machine.
  110. ^ 「子宮内外同時妊娠の一例」hdl:10470/13141
  111. ^ Shih HM, Li YT, Yeh KC, Hsu KP. (July 1993). “Combined pregnancy: a case report and literature review”. Zhonghua Yi Xue Za Zhi (Taipei). 52 (6): 58-61. PMID 8364783. 
  112. ^ Kumarasamy S, Arumugam K. (September 1991). “Combined pregnancy--a case report”. Med J Malaysia. 46 (3): 252-4. PMID 1839921. 
  113. ^ 双子又ハ三子等分娩ノ際兄弟姉妹順次ノ儀内務省伺日本法令索引〔明治前期編〕
  114. ^ 太政官指令第四十八明治7年12月13日明治前期編 法令詳細情報
  115. ^ 指令明治前期編 法令詳細情報
  116. ^ 出生届法務省
  117. ^ 出生証明書の様式等を定める省令(昭和二十七年法務省・厚生省令第一号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年5月7日). 2020年1月4日閲覧。 “2019年5月7日施行分”
  118. ^ 出生届、及び出生証明書 Archived 2007年12月13日, at the Wayback Machine.法務省
  119. ^ Buckler JM, Green M. (2010-11-01). “Birth weight discordance of twin pairs and their subsequent growth patterns.”. Annals of Human Biology.. PMID 21039209. 
  120. ^ 『ふたごの子育て』 母子保健事業団、2013年 ISBN 978-4-89430-363-8
  121. ^ Chaudhari S, Bhalerao MR, Vaidya U, Pandit A, Nene U. (1997). “Growth and development of twins compared with singletons at ages one and four years.”. Indian Pediatrics 34 (12): 1081-6. PMID 9715553. 
  122. ^ Yokoyama Y, Wada S, Sugimoto M, Saito M, Matsubara M, Sono J (2007). “Comparison of motor development between twins and singletons in Japan: a population-based study.”. Twin Res Hum Genet. 10 (2): 379-84. PMID 17564528. 
  123. ^ Alin-Akerman B (1987). “The expectation and parentage of twins. A study on the language development of twin infants”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 36 (2): 225-32. PMID 3434133. 
  124. ^ Hay DA, Prior M, Collett S, Williams M (1987). “Speech and language development in preschool twins”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 36 (2): 213-23. PMID 3434132. 
  125. ^ 酒井邦嘉「言語の変化 自然の法則」『読売新聞』2008年2月22日付朝刊、14版、2面、日本の知力・識者に聞く
  126. ^ Thorpe K (June 2006). “Twin children's language development”. Early human development 82 (6): 387-95. PMID 16690234. 
  127. ^ Alin Akerman B, Thomassen PA (1991). “Four-year follow-up of locomotor and language development in 34 twin pairs”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 40 (1): 21-7. PMID 1950347. 
  128. ^ 「双生児等多胎児家庭・産前産後休業時育児支援事業」 一般財団法人こども未来財団 Archived 2015年2月23日, at the Wayback Machine.
  129. ^ 「ベビーシッター育児支援事業」の平成27年度の取扱いについて」 厚生労働省
  130. ^ 「ベビーシッター派遣事業」の平成28年度の取扱いについて [3]
  131. ^ 「Council of Multiple Birth Organizations (COMBO) の総会に出席して」石川看護雑誌 Ishikawa Journal of Nursing Vol.8, 2011
  132. ^ JAMBA公式サイト・私たちについて
  133. ^ 「多胎児サークル・双子の会一覧」 twins-mam.jp
  134. ^ 「多胎育児支援地域ネットワーク構築事業」 多胎育児サポートネットワーク Archived 2007年6月28日, at the Wayback Machine.
  135. ^ 「The Twins Days Festival in Twinsburg, Ohio」http://www.twinsdays.org/ Twins Days Festival Committee]
  136. ^ 『NATIONAL GWOGRAPHIC(日本版)双子の不思議』(2012年1月号) 日経ナショナルジオグラフィック社、JANコード 4910068470126
  137. ^ International Multiple Births Awareness Week ICOMBO
  138. ^ 大阪大学大学院医学系研究科 ツインリサーチセンター
  139. ^ Twins Week 一般社団法人 日本多胎支援協会 Twins Week
  140. ^ 「Council of Multiple Birth Organizations (COMBO) の総会に出席して」石川看護雑誌 Ishikawa Journal of Nursing Vol.8, 2011
  141. ^ 「2月22日はツインズデー」埼玉県吉川市プレスリリース
  142. ^ 『この日何の日―1億人のための366日使える話のネタ本』 秀和システム、2009年。ISBN 4-7980-2410-4
  143. ^ 「南風原中学校 双子が9組 南風原町町役場 Archived 2007年6月6日, at the Wayback Machine.
  144. ^ “The Land Of Twins”. BBC World Service. http://www.bbc.co.uk/worldservice/people/highlights/010607_twins.shtml 
  145. ^ “Twin town: The Indian village where there are 220 sets of twins has doctors baffled”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1180544/Twin-town-The-Indian-village-220-sets-twins-doctors-baffled.html 
  146. ^ Tagliani-Ribeiro A, Oliveira M, Sassi AK, Rodrigues MR, Zagonel-Oliveira M, Steinman G, Matte U, Fagundes NJ, Schuler-Faccini L. (2011). “Twin Town in South Brazil: A Nazi's Experiment or a Genetic Founder Effect?”. PLoS One. 6 (6). PMID 21687665. 
  147. ^ “A School In India Has 52 Pairs Of Twins Who Have Made Pranking Their Teachers A Hobby”. says.com. https://says.com/my/news/this-school-in-india-has-52-twins-and-it-s-making-teachers-punishing-the-wrong-kid 
  148. ^ “TWINS IN THE NEWS”. Virginia Commonwealth University The Mid-Atlantic Twin Registry. https://matr.vcu.edu/resources/twins-in-the-news/ 
  149. ^ “DNA Testing for Twins and Their Children”. Test Me DNA. https://testmedna.com/dna-testing-for-twins-and-their-children/ 
  150. ^ Fraga MF, Ballestar E, Paz MF, Ropero S, Setien F, Ballestar ML, Heine-Suner D, Cigudosa JC, Urioste M, Benitez J, Boix-Chornet M, Sanchez-Aguilera A, Ling C, Carlsson E, Poulsen P, Vaag A, Stephan Z, Spector TD, Wu YZ, Plass C, Esteller M (2005). “Epigenetic differences arise during the lifetime of monozygotic twins”. Proceedings of the National Academy of Sciences 102 (30): 10413–10414. PMID 16009939. (一卵性双生児にみられるエピジェネティクス上の相違点)
  151. ^ "NASA’s Twins Study Results Published in Science Journal "NASA, Human Research Program (April 12, 2019)
  152. ^ van den Bree MB, Eaves LJ, Dwyer JT (1989-03-05). “Comparative study of the consumption of cariogenic food in monozygotic and same-sex dizygotic twins”. Orvosi hetilap 130 (10): 503-6,509. PMID 2657548. 
  153. ^ Breen FM, Plomin R, Wardle J. (July 2006). “Heritability of food preferences in young children”. Physiology & behavior 88 (4-5): 443-447. PMID 16750228. 
  154. ^ Pados R, Métneki J, Pál K (October 1999). “Genetic and environmental influences on eating patterns of twins aged >/=50 y”. The American journal of clinical nutrition 70 (4): 456-65. PMID 10500013. 
  155. ^ van den Bree MB, Eaves LJ, Dwyer JT (March 2005). “Genetic and environmental influences on eating behavior: the Swedish Young Male Twins Study”. The American journal of clinical nutrition 81 (3): 564-9. PMID 15755823. 
  156. ^ Coren S. (December 1994). “Twinning is associated with an increased risk of left-handedness and inverted writing hand posture.”. Early human development. 40 (1): 23-7. PMID 7712958. 
  157. ^ Reiss M. (September 1996). “Laterality in twins(in German)”. Zeitschrift für Morphologie und Anthropologie 81 (2): 141-55. PMID 9312956. 
  158. ^ Derom C, Thiery E, Vlietinck R, Loos R, Derom R. (July 1996). “Handedness in twins according to zygosity and chorion type: a preliminary report.”. Behavior genetics 26 (4): 407-8. PMID 8771900. 
  159. ^ Orlebeke JF, Knol DL, Koopmans JR, Boomsma DI, Bleker OP (September 1996). “Left-handedness in twins: genes or environment?”. Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior 32 (3): 479-490. PMID 8886523. 
  160. ^ McEwen F, Happé F, Bolton P, Rijsdijk F, Ronald A, Dworzynski K, Plomin R. (2007). “Origins of individual differences in imitation: links with language, pretend play, and socially insightful behavior in two-year-old twins”. The American journal of clinical nutrition 78 (2): 474-92. PMID 17381785. 
  161. ^ Zhong S, Chew SH, Set E, Zhang J, Xue H, Sham PC, Ebstein RP, Israel S (February 2009). “The heritability of attitude toward economic risk”. Twin Res Hum Genet. 12 (1): 103-107. PMID 19210185. 
  162. ^ Bruder CE, Piotrowski A, Gijsbers AA, Andersson R, Erickson S, de Ståhl TD, Menzel U, Sandgren J, von Tell D, Poplawski A, Crowley M, Crasto C, Partridge EC, Tiwari H, Allison DB, Komorowski J, van Ommen GJ, Boomsma DI, Pedersen NL, den Dunnen JT, Wirdefeldt K, Dumanski JP (March 2008). “Phenotypically concordant and discordant monozygotic twins display different DNA copy-number-variation profiles”. American Journal of Human Genetics 82 (3): 763-771. PMID 18304490. 
  163. ^ 「あなたのゲノムも変化する 一卵性双生児でさえ「遺伝的に同一」ではない」[リンク切れ] 日経サイエンス NEWS SCAN 2008年7月号
  164. ^ Lange AL, Fischbein S. (1990). “Qualitative and quantitative aspects on mathematics achievement in MZ and DZ twins.”. Acta Genet Med Gemellol (Roma) 39 (2): 221-30. PMID 2239108. 
  165. ^ Walker SO, Petrill SA, Spinath FM, Plomin R. (September 2004). “Nature, nurture and academic achievement: a twin study of teacher assessments of 7-year-olds.”. Br J Educ Psychol. 74 (2): 323-42. PMID 15296543. 
  166. ^ 『ふたごと教育』 東京大学出版会、2013年 ISBN 978-4-13-053085-9
  167. ^ Anne M. Huml, Catherine Sullivan, Maria Figueroa, Karen Scott, Ashwini R. Sehgal (2019). “Consistency of Direct to Consumer Genetic Testing Results Among Identical Twins.”. Am J Med. 132 (6): online. PMID 31207220. 
  168. ^ 「文学における双子 その広大なイメジャリー」(志村恵 金沢大学文学部)アーカイブされたコピー”. 2006年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年9月2日閲覧。
  169. ^ 小島潤子『双生児の内的世界』(文芸社、2003年 ISBN 978-4-8355-6713-6
  170. ^ 「文学における双子 その広大なイメジャリー」(志村恵 金沢大学文学部)アーカイブされたコピー”. 2006年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年9月2日閲覧。



双子(Twins)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 00:28 UTC 版)

スポンジ・ボブの登場キャラクター一覧」の記事における「双子(Twins)」の解説

頭が二つで体が結合している双子の魚である劇場版オリジナルキャラクター。グーフィー・グーバーの歌を歌うことも好きである犯人は双子と同時に自分の顔を指で差しその後魚の大人たちにボコボコ打ち懲らしめられた。その際にスポンジ・ボブパトリック外に出てボート・ジャッカーポケットの中にあったバーガーカーの鍵を手に入れることが出来た

※この「双子(Twins)」の解説は、「スポンジ・ボブの登場キャラクター一覧」の解説の一部です。
「双子(Twins)」を含む「スポンジ・ボブの登場キャラクター一覧」の記事については、「スポンジ・ボブの登場キャラクター一覧」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 10:38 UTC 版)

双恋の登場人物」の記事における「双子」の解説

桜月 キラさくらづき キラ)・桜月 ユラさくらづき ユラ) 声:伊月ゆいキラ)、綱掛裕美ユラ黒髪のロングヘアで、左右にリボンをつけている(ピンクキラ、青がユラ)。また、前髪向かって右流れるのがキラで左に流れるのがユラ身長:158cm、3月17日生まれうお座)、中学2年生血液型A型箱入りお嬢様でずっと女子校通いだったが、ある日主人公一目惚れし両親反対押し切って主人公の通う中学校転校してくる。 活発で勇気のある姉のキラが、引っ込み思案心配性の妹のユラ引っ張るというのが定番の構図だが、ユラ意志の強い方である。ゲーム 原作同様、主人公一目惚れして、主人公が通う「双愛中学校」にやってきた転校生。なお、転校以前から高級住宅地桜舞丘」に住んでおり、昔はここから別のお嬢様学校月華学園に通っていた。雛菊姉妹成長させたような容姿であることを指摘したエピソードがある。 アニメ 中学3年生15歳の誕生日迎えたを機に、父の言いつけ普通の人と同じ生活を体験するために望と同じ学校転校してくる。なお、転校にあたって父親から多数試練与えられているオルタナティブ 16歳血液型A型暴力団桜月組」組長の娘だが、ニコパク開催発表の頃から豹変した父親とは敵対している。箱入り娘あるため一般常識欠け拳銃などを持ち歩いている。桜月組の活動妨害する時は、仮面ゴスロリ衣装に身を包み、「ゴスロリ仮面」と名乗る仮面およびリボンの色が一方は赤、もう一方は紫)。射撃格闘技火薬扱いに長けるゲーム版では過激さに磨きかかっており、ニコパクの建設現場爆薬仕掛けたりする。 一条 薫子いちじょう かおるこ)・一条 菫子いちじょう すみれこ) 声:堀江由衣薫子)、小清水亜美子) 焦げ茶の髪を、薫子ポニーテールに、子はショートカットにしている。 身長:158.5cm、6月10日生まれふたご座)、中学2年生血液型B型。どちらが姉かはわかっていない。 主人公とは幼馴染みで、小さい頃隣に住んでいたが、主人公引っ越したことで離れ離れになった。男子生徒達の人気高くファンクラブもあるほど。姉妹共にテニス部所属薫子中性的感覚の持ち主子は大胆でお茶目な性格ゲーム 隣町女子中学一心学院に通う幼なじみだが、最近は学校が違う関係でやや疎遠気味。なお、本作主人公他の作品とは違い遠く離れた街に引っ越したわけではなく小学校時代はこの姉妹と同じ学校であった。そのため、姉妹とも幼い頃からの知り合いであるアニメ 中学3年生。望の幼馴染。双愛中学に通うが、望とはクラス異なる。原作ゲームよりも前髪が、かなり短い。 オルタナティブ 16歳血液型B型。 恋太郎の母親の故郷双子塚福島県あるらしい)の神社巫女姉妹で、恋太郎幼なじみ幼い頃結婚約束思い出し、恋太郎招待する白鐘 沙羅しろがね さら)・白鐘 双樹しろがね そうじゅ) 声:水橋かおり沙羅)、門脇舞双樹姉妹共にプラチナブロンド銀色)のロングヘアで、双樹黒いリボン二つまとめている。 身長:151cm、8月8日生まれしし座)、中学1年生血液型AB型双樹幼い頃病弱だったこともあり、妹の沙羅ずっと一緒に育ってきた、姉の双樹守りたい思っている双樹沙羅別々のクラスになった年の、最初の登校日主人公出会った双樹おっとりした優し性格小さい頃から自分守ろうしてくれて来た優し沙羅のことが大好き。 沙羅口調態度ぶっきらぼうで最初主人公に対して攻撃的に接するが、根はとても優しく後に双樹同様主人公惹かれていく。 誌上ゲームにおける人気順位では常に1位となっていた。ゲーム 高級住宅街「鐘響坂」の一角住んでおり、桜月姉妹と並ぶお嬢様姉妹となっている。 アニメ 中盤8 - 9話と最終話のみ登場。望と同じ街に住んでおり白氷学院に通っていたが、後に引っ越すことに。 オルタナティブ 11月23日生まれ15歳血液型AB型メインヒロイン双葉探偵事務所入り浸り、恋太郎相棒務める双子の助手。恋太郎とは半同棲状態にあるが、自分たちのことは多く語らずときおりふらりと行方不明になることがある。恋太郎彼女たちがなにかの秘密抱えていることに薄々気づいており、白鐘姉妹そのことを恋太郎知って欲しいと願っているが、互いに相手深く立ち入る勇気持てずすれ違うゲーム版では事務所から白氷学園に通っており、学園起きた生徒失踪事件調査を恋太郎持ちかけた沙羅女性的な口調になっており、主人公(恋太郎に対する態度好意露にしたものになっている双樹病弱ではなく、ギター料理が得意。 雛菊 るる(ひなぎく るる)・雛菊 らら(ひなぎく らら) 声:長谷川静香(るる)、落合祐里香(らら) 小柄で赤い服を好む、黒髪の少女たち。ららの方若干髪が長くリボンの形も異なる。二人とも母親であるみやびとそっくりだが、主人公クラスメートでもある桜月姉妹にも似ている身長:142cm、12月3日生まれいて座)。小学4年生血液型O型主人公従妹。“双林寺”というお寺住んでおり、母親であるみやびと3人で、修行行った父親留守番をしている。 姉のららは少しマセており、妹のるるはどんなことがあろうと物怖じしない性格ゲーム 主人公下宿先娘。ネコ耳としっぽが生えイベントがある。 アニメ 双林寺娘。幼い子供そのもの性格しており原作ゲーム見られる主人公への誘惑行為はない。 オルタナティブ 誕生日・年齢血液型、すべて不詳第1話ワダツミ機関創り出しプロトタイプ「イカファイヤー」と戦闘後パラシュート二子魂川に降り立った謎の双子。狂言回し的な存在で、一部除いて第1話以降各回どこかに登場し物語の展開に対してメタ的コメント突っ込み)を残す、マスコットキャラ的な存在ゲーム版ではニュース番組キャスター務める。 千草 初(ちぐさ うい)・千草 恋(ちぐさ こい) 声:吉住梢(初)桑谷夏子(恋) 姉妹共に明る茶色ロングヘア眼鏡四角く髪をまっすぐなまま結んでいるのが初、丸い眼鏡で髪を三つ編みにしたのが恋。 身長:161cm、9月19日生まれおとめ座)、高校1年生血液型A型実家動物病院で、カトリック系高校に通う主人公父親運転する車に撥ねられたことが、出会いきっかけ二人とも動物大好きで自分から人話し掛けるのが苦手。主人公よりも年上なのだが、主人公に対して敬語で話す。初は若干冷静でドジ少ない。恋は初よりドジだが、素直で優しい、という違いがあるゲーム 近く高校「千星学院」(せんのほしがくいんに通っている。 アニメ 同じ街にある動物病院娘。望がビリー調子悪く連れて行った時に知り合った原作ゲームと同じ内気な性格オルタナティブ 16歳血液型A型二子魂川にある「あわびペットショップ」の店員双葉探偵事務所に、行方不明になった捜索依頼した出番はとても少ない。 衣 愛(ももい あい)・衣 舞(ももい まい) 声:たかはし智秋(愛)、三五美奈子(舞) ベージュ色ロングヘア。愛は裸眼で、舞は楕円レンズ眼鏡掛けている。 身長:163cm、1月24日生まれみずがめ座)。大卒1年目血液型B型。どちらが姉かはわかっていない。 ゲーム化発表際に追加されヒロイン幼い頃主人公引っ越した家の隣に住んでいた双子の姉妹で、再度主人公引っ越したことで離れ離れになった。主人公が通う中学校で、愛は主人公クラス担任教師舞は保健カウンセラーをしている。双子出生率の高い女系家族出身父親はいない様子。 愛は慎重派真面目な性格舞は派手で悪戯好き誌上ゲームでは最終回2004年10月号)のみ参加この回基本的な順位それまで同じで姉妹一条姉妹桜月姉妹中間に入る形であった。ゲーム 独自のシナリオ持たず一定条件下でこの2人シナリオ(全6話6話それ自体この2人エンディングでもある)が挿入されるアニメ 主人公とは初対面オルタナティブ 26歳血液型B型二子魂川の高校の教師で、恋太郎初恋相手。恋太郎姉妹はかつて3人一緒の楽し毎日送っていたが、恋太郎一線を越える勇気持てなかったため、3人の関係崩壊した数年後舞は愛の素行調査を恋太郎依頼する

※この「双子」の解説は、「双恋の登場人物」の解説の一部です。
「双子」を含む「双恋の登場人物」の記事については、「双恋の登場人物」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 15:10 UTC 版)

蠅の王」の記事における「双子」の解説

最初ラルフらと行動を共にしていたが、彼の味方少なくなるジャック側に寝返る

※この「双子」の解説は、「蠅の王」の解説の一部です。
「双子」を含む「蠅の王」の記事については、「蠅の王」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 04:06 UTC 版)

Face ID」の記事における「双子」の解説

Face IDは双子であればごくわずか可能性誤認証する可能性がある 。しかし、13歳以上の双子において誤判定が起こることはほとんどないという。

※この「双子」の解説は、「Face ID」の解説の一部です。
「双子」を含む「Face ID」の記事については、「Face ID」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 07:47 UTC 版)

サヤビト」の記事における「双子」の解説

ゴドフレードサヤビトの双子(姉と弟)。形の定まらない、剣の形にもなっていない剣を自在に操り攻撃防御に使う。

※この「双子」の解説は、「サヤビト」の解説の一部です。
「双子」を含む「サヤビト」の記事については、「サヤビト」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 14:28 UTC 版)

森﨑浩司」の記事における「双子」の解説

広島チームメイトだった森﨑和幸は「二卵性双生児」の兄であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共にJリーグ史上初の双子選手

※この「双子」の解説は、「森﨑浩司」の解説の一部です。
「双子」を含む「森﨑浩司」の記事については、「森﨑浩司」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 14:42 UTC 版)

人狼〜嘘つきは誰だ?〜」の記事における「双子」の解説

2人1組役職お互い市民として認識することができる。

※この「双子」の解説は、「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」の解説の一部です。
「双子」を含む「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」の記事については、「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 05:21 UTC 版)

アンティル・ドーン 惨劇の山荘」の記事における「双子」の解説

ハンナベスに関する情報

※この「双子」の解説は、「アンティル・ドーン 惨劇の山荘」の解説の一部です。
「双子」を含む「アンティル・ドーン 惨劇の山荘」の記事については、「アンティル・ドーン 惨劇の山荘」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 17:32 UTC 版)

森﨑和幸」の記事における「双子」の解説

サッカー選手で、同じチームだった森崎浩司は「二卵性双生児」の弟であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共にJリーグ史上初の双子選手

※この「双子」の解説は、「森﨑和幸」の解説の一部です。
「双子」を含む「森﨑和幸」の記事については、「森﨑和幸」の概要を参照ください。


双子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 13:49 UTC 版)

ドラゴンライダー」の記事における「双子」の解説

頭の禿げた双子で、正式な呼び名はない。

※この「双子」の解説は、「ドラゴンライダー」の解説の一部です。
「双子」を含む「ドラゴンライダー」の記事については、「ドラゴンライダー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「双子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

双子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:55 UTC 版)

名詞

(そうし、ふたご

  1. 双生児詳細ふたご 参照

関連語


「双子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「双子」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



双子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの双生児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスポンジ・ボブの登場キャラクター一覧 (改訂履歴)、双恋の登場人物 (改訂履歴)、蠅の王 (改訂履歴)、Face ID (改訂履歴)、サヤビト (改訂履歴)、森﨑浩司 (改訂履歴)、人狼〜嘘つきは誰だ?〜 (改訂履歴)、アンティル・ドーン 惨劇の山荘 (改訂履歴)、森﨑和幸 (改訂履歴)、ドラゴンライダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの双子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS